【悶々79】"被害者"っぽく見えない女を、"アバズレ"と呼ぶ世間

期待通りに傷ついて見える被害者すらもセカンドレイプされる、とんでもない世の中ですから。

人気の記事

レイプされた直後に、平気な顔で寿司の出前を取る女

多くの女優さんについて話すとき、書くとき、なんていう意識もなく普通に呼び捨てにする私ですが、女優イザベル・ユペールだけは、なぜか知らないうちに「ユペール先生」とか「ユペ様」とお呼びしてしまいます。本当に唯一無二の女優、フランスの宝、てか、映画界の宝。

ADの後に記事が続きます

ハリウッドにもシャリーズ・セロンとかニコール・キッドマンとか、チャレンジングな役にトライする女優さんもいますが、この人の前では赤子同然。それも「果敢に!」っていう感じじゃなく、「台本に書いてあったからやっただけですが」みたいな軽やかさで、サラっとこういうこととかこういうこととかやってのけます。

でもって今回のネタは、そんなユペ様の新作『エル ELLE』。昨年のカンヌ映画祭で発表されて絶賛とブーイングの嵐を巻き起こしたというこの作品、主人公はアラフィフ女性経営者のミシェルで、この人が自宅でいきなりレイプされるところから始まります。衝撃的幕開け!なのですが、しかし。

男がいなくなった後、ミシェルは荒れた部屋を片付け、風呂に入り、何ひとつ表情を変えずに電話で寿司の出前を「ハマチふたつね」とか頼みます。「ホリデー巻きってあるけど、これ何?」とか質問したりして。ええええ、こんなタイミングでホリデー巻きとかどーでもいいじゃんか!なんで?なんでなの、ユペ様!と叫ぶ私に、(私の妄想の中で)ポール・バーホーベン監督が答えます。「いや、この後、ミシェルの息子が遊びに来るからね」。てか、そこじゃねえし、そこ聞いてるわけじゃねえし!

この最初の3分で炸裂する、ヨーロッパ随一の変女優ユペ様と、ヨーロッパ屈指の変態監督バーホーベンは、まるでニヤリと笑いながら観客に言ってるかのようです。

「行くぜ。振り落とされんなよ」

引き受けるアメリカ女優がいなかった道徳観ギリギリの役

当初、バーホーベン監督は、この作品をアメリカで映画化しようと考えていたそうです。この人、出身はオランダですが、ここしばらくハリウッドで映画を撮っていて、今回の作品もと思ったんでしょうが――アメリカでは、ミシェル役を引きうけてくれる度胸のある女優が見つからなかったんですね。道徳的にキワどいってことで。

それはミシェルがレイプされるからでも、レイプされた後に寿司を注文するからでもありません。レイプ犯の正体を知った後、その男と精神的なSM関係(ミシェルがS)を築いてゆくから。つまりアメリカ映画的な「人間って普通ならそうなるよね、わかるわかる」みたいなありがちなパターンを、完全拒絶した映画なのです。

とかくそいうものですが、レイプ被害者なのにそれらしく見えない人を、世の中はなかなか受け入れてはくれません。裏を返せばそれは、ミシェルみたいな女を「あんな女だからレイプされちゃっても当然」とか「レイプされたっていうのに平気な顔してるってどういうこと?」とか「レイプじゃないんじゃないの?」と非難する社会と言えるかもしれません。

ミシェルにはある「過去の事件」から、そういう社会に反応しない、遮断する習慣がついています。それはその「過去の事件」から解放されていないという意味でもあるんですが、いろんな偶然が重なりあって、ある時ポンとここから解放されるんですね。そして現実逃避をやめた彼女は、自分を含めて「暴力とセックスで支配されている女たち」をそこから解放してゆきます。一見ミシェルに人生を台無しにされたかに思えた女子たちが、ラストで妙に清々しいのはそのためです。

――と考えると、この映画の謎めいた部分がきっと理解できるのではないかなーと思います。後半30分のミシェルの「ヒーローぶり」、その強さはあまりにカッコよく、あまりに痛快です。「レイプされても"被害者"にならない女」は、「ずうずうしい女」でも「アバズレ」でも「怪物」でもない。ヒーローです。ユペ様に、またひとつ教わりました。

『エル ELLE

(C)2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINEMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ジェニファー・ローレンス アクティビストになるため休業
映画
シェア
ジェニファー・ローレンス、1年休業し「活動家」として注力!?
1年間でも、彼女の新たな演技が観られなくなるなんて…
ホラー映画に出ていたスター
映画
シェア
今や黒歴史?若手時代ホラー作品に出ていたセレブ13人
ひょっとしたら本人たちは「早く忘れてほしい」と思ってるかも…?
ハリウッドは賞レースシーズン真っただ中。ゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)などが続々と発表され、各賞の結果を受け、3月4日に開催される映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の受賞予測がさらに白熱。今年のアカデミー賞の有力候補に挙げられているのが、13部門にノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』、8部門にノミネートされた『ダンケルク』、そして7部門にノミネートされた『スリー・ビルボード』など。けれど、ノミネート数が多いことが必ずしも受賞につながるわけではないので、本番当日までドキドキワクワクは続く。授賞式まであと3週間あまり、ここでひと足早くオスカー主要8部門の最有力候補をおさらいしましょう。ノミネート作品はこちらから。
映画
シェア
オスカーは誰の手に!?今年のアカデミー賞のゆくえを大予想
ひと足早く、主要8部門の最有力候補をおさらい!
2月10日(現地時間)に21歳の誕生日を迎えた、人気ハリウッド女優、クロエ・グレース・モレッツ。最近はブルックリン・ベッカムとの熱愛も注目のクロエだけれど、本業は女優。しかも、演技派! 子役モデルとしてキャリアをスタートし、7歳から女優に転向。既に数々の賞を受賞し、輝かしいキャリアを誇る。そんな彼女のバースデイを祝して、クロエの魅力がぎゅっと詰まった8作品を厳選してご紹介。そのキュートなルックスとは裏腹に、実はホラー映画のオファーが多いという意外な一面にも注目!
映画
シェア
絶対見るべき!クロエ・モレッツの魅力が詰まった映画8選
ブルックリンとの復縁でも話題のクロエ・グレース・モレッツ。女優業も順調で羨ましい♡
まとめてチェック!2017年に海外で大ヒットした映画15本
映画
シェア
映画好き女子必見!昨年海外で大ヒットした作品15
これから日本公開になる作品も続々!
2月14日、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。たまには、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!
映画
シェア
LOVEムードが高まる♡バレンタインに観たい名作映画15
不朽のラブロマンスからアクション大作まで!恋愛の世界にどっぷり浸れる作品をご紹介♡
「自分の出演映画が嫌い」!?セレブが後悔している14作
映画
シェア
そうなの!?セレブが好きになれない「自身の出演作」14
世界的にヒットしたのに…
現地時間2月4日(日)に放映された、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボウル2018」。アメリカ全土が視聴しているため、この時間を狙って放映されるCMや、解禁される注目作の予告編は、毎年大きな話題に(広告費は30秒で約6億円もかかるのだとか…!)。そこで、今回放映されたトレイラーをここで一挙ご紹介。見逃せないエンタメ巨編が勢揃いしているので、予習も含めてしっかりチェック!
映画
シェア
スーパーボウルで予告編がお披露目!今年の注目映画8
今年見逃せないエンタメ巨編は?日本公開日と合わせてチェック!
これを見れば王室通♡「イギリス王室を描いた映画」6
映画
シェア
これを見れば王室通!「イギリス王室」を描いた映画6
エリザベス1世からダイアナ妃まで、イギリス王室がよく分かる!
映画
シェア
見応えあり…!アカデミー賞ノミネート作も続々、2月の注目映画
どの映画も、忘れられない1本になるはず。