【悶々43】「本当に嫌」でも、女子が拒めない理由

男に気に入られることが、女子の人生最大の命題であるうちは。

人気の記事

「なんだよまた女かよ」で、こんな事態に

私は三人姉妹の末っ子に生まれたのですが、跡継ぎを求めていた父親は「なんだよまた女かよ」とかなり失望したらしく、「産まれたのが女だと知るやいなや顔も見ずに帰ってしまった」と幼いころからミミタコで聞かされてきました。ちなみに姉妹で私の名前だけ、センスの悪い父親がつけてくれなかったことは、勿怪の幸いとしか言いようがありません。

ADの後に記事が続きます

そんなわけで、そりゃあ悪うございましたと思うことしきりで育った私の周辺には、「期待していないんで好き勝手にどうぞ」な空気があふれており、結果として自分がこんなにも自由人になってしまった根っこにはそれがある気がします。つまり私が親に対して勝手に感じていた「どうせ期待してないんでしょ」的発想が少なからず人格形成に影響しているわけで、やっぱり親の呪縛ってすごいものだなあとつくづく思います。

さて前々回の『フランシス・ハ』では「"ちゃんとすること"を望まれて育っているから、だらしなくできない完璧女子」について書いたのですが、これもしかして完璧女子だけに限らないんでは?というのが今回のお話。ネタの映画ウディ・アレン監督の傑作『マッチ・ポイント』。英国貴族のお嬢様を相手に玉の輿を狙う二流のテニスプレイヤー、クリスが、そのお嬢様の兄の婚約者でこちらも玉の輿狙いの売れない女優ノラと関係を持ってしまい、のっぴきならない状況に追い込まれるというサスペンスです。

本質的には同じ「完璧女子」と「エロい女」

このノラ、誰が演じているかといえば、ハリウッドのセクシーの代名詞、スカーレット・ヨハンソンです。10年前の映画なので、スカヨハは半端ないムチムチプリンぶり、キャラクターも「こんな女が近くにいたら一巻の終わりや…」と男も女も思うようなセクシービッチです。「男はみんな私と寝たがる」と言ってはばからないノラは、男に求められることにすごく慣れています。思わせぶりな視線や言葉でそれに応じるのも、そうすると男が喜ぶのを知っているから。映画の舞台はロンドンなのですが、彼女だけがアメリカ人で、わかりやすいセクシー表現とかあけすけな物言いとかいかにもな「エロい女」です。

でもよく見ているうちに気付くのは、ノラが男との付き合いでいつも主導権をとれず、ここぞと言う時に相手の要求を飲んでしまうことです。初対面でやたら触ってくる男を拒否せず、恋人に「ここでやりたい」と言われればどこであれパンツを脱ぎ、危険日なのにコンドームなしで押し切られ、できた子供を「堕ろせ」と言われ2度も堕ろし、理不尽にも「わかってくれよ」と懇願されて引き下がります。

ノラのことを「だらしない」と嫌う女子は多いと思いますが、私が思うに、彼女はむしろ愚かで「男が自分に望むことを拒絶できない」だけ。「男の望みに応える女がモテる」「男に望まれる女になることが幸せだ」としか教えられていないからです。この構造は「本当に嫌なら拒めたはず」と責められるセクハラ被害者と、どこか似ている気がします。もちろんみんなが拒める女子になれたらそれが一番だとは思うけれど、そうできなかったとしても、蔑まれるべきは「堕す女」と「セクハラ被害者」じゃなく、「作っといて堕ろさせる男」と「セクハラ加害者」なんですから。

ふと、ふたつの言葉を思い出します。ひとつは、若い頃に母親によく言われたこと。「女の子は望まれてお嫁に行くのが一番」。ちなみに自分の望みのほうが多すぎる劣等生の私は、ぜんぜん守ることができませんでした。そしてもうひとつは、さも女性に理解がありそうに見えた大学時代の同級生(男)が言った理想の女性像。「女は求めず、されど拒まず」。ちなみに「ノラ」という名前は、ノルウェーの劇作家イプセンの「人形の家」から。自分が夫の人形でしかなかったと気づくヒロインの名前です。

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」
映画
シェア
映画『ダンケルク』で軍人らを演じた、イケメン俳優10人♡
1Dハリーの俳優デビューでも話題!若手の美男子から、ダンディなベテラン俳優までが勢ぞろい。
COSMO的「9月に観るべき映画」5選
映画
シェア
観たい…!今月公開「信念を貫く女性」の5作品
パワーをもらえる!信念も行動力もある女子ってかっこいい!!
映画
シェア
残暑を吹き飛ばす!スカッとするアクション映画7選
ド迫力のアクションはストレス解消にもぴったり!