【悶々43】「本当に嫌」でも、女子が拒めない理由

男に気に入られることが、女子の人生最大の命題であるうちは。

人気の記事

「なんだよまた女かよ」で、こんな事態に

私は三人姉妹の末っ子に生まれたのですが、跡継ぎを求めていた父親は「なんだよまた女かよ」とかなり失望したらしく、「産まれたのが女だと知るやいなや顔も見ずに帰ってしまった」と幼いころからミミタコで聞かされてきました。ちなみに姉妹で私の名前だけ、センスの悪い父親がつけてくれなかったことは、勿怪の幸いとしか言いようがありません。

ADの後に記事が続きます

そんなわけで、そりゃあ悪うございましたと思うことしきりで育った私の周辺には、「期待していないんで好き勝手にどうぞ」な空気があふれており、結果として自分がこんなにも自由人になってしまった根っこにはそれがある気がします。つまり私が親に対して勝手に感じていた「どうせ期待してないんでしょ」的発想が少なからず人格形成に影響しているわけで、やっぱり親の呪縛ってすごいものだなあとつくづく思います。

さて前々回の『フランシス・ハ』では「"ちゃんとすること"を望まれて育っているから、だらしなくできない完璧女子」について書いたのですが、これもしかして完璧女子だけに限らないんでは?というのが今回のお話。ネタの映画ウディ・アレン監督の傑作『マッチ・ポイント』。英国貴族のお嬢様を相手に玉の輿を狙う二流のテニスプレイヤー、クリスが、そのお嬢様の兄の婚約者でこちらも玉の輿狙いの売れない女優ノラと関係を持ってしまい、のっぴきならない状況に追い込まれるというサスペンスです。

本質的には同じ「完璧女子」と「エロい女」

このノラ、誰が演じているかといえば、ハリウッドのセクシーの代名詞、スカーレット・ヨハンソンです。10年前の映画なので、スカヨハは半端ないムチムチプリンぶり、キャラクターも「こんな女が近くにいたら一巻の終わりや…」と男も女も思うようなセクシービッチです。「男はみんな私と寝たがる」と言ってはばからないノラは、男に求められることにすごく慣れています。思わせぶりな視線や言葉でそれに応じるのも、そうすると男が喜ぶのを知っているから。映画の舞台はロンドンなのですが、彼女だけがアメリカ人で、わかりやすいセクシー表現とかあけすけな物言いとかいかにもな「エロい女」です。

でもよく見ているうちに気付くのは、ノラが男との付き合いでいつも主導権をとれず、ここぞと言う時に相手の要求を飲んでしまうことです。初対面でやたら触ってくる男を拒否せず、恋人に「ここでやりたい」と言われればどこであれパンツを脱ぎ、危険日なのにコンドームなしで押し切られ、できた子供を「堕ろせ」と言われ2度も堕ろし、理不尽にも「わかってくれよ」と懇願されて引き下がります。

ノラのことを「だらしない」と嫌う女子は多いと思いますが、私が思うに、彼女はむしろ愚かで「男が自分に望むことを拒絶できない」だけ。「男の望みに応える女がモテる」「男に望まれる女になることが幸せだ」としか教えられていないからです。この構造は「本当に嫌なら拒めたはず」と責められるセクハラ被害者と、どこか似ている気がします。もちろんみんなが拒める女子になれたらそれが一番だとは思うけれど、そうできなかったとしても、蔑まれるべきは「堕す女」と「セクハラ被害者」じゃなく、「作っといて堕ろさせる男」と「セクハラ加害者」なんですから。

ふと、ふたつの言葉を思い出します。ひとつは、若い頃に母親によく言われたこと。「女の子は望まれてお嫁に行くのが一番」。ちなみに自分の望みのほうが多すぎる劣等生の私は、ぜんぜん守ることができませんでした。そしてもうひとつは、さも女性に理解がありそうに見えた大学時代の同級生(男)が言った理想の女性像。「女は求めず、されど拒まず」。ちなみに「ノラ」という名前は、ノルウェーの劇作家イプセンの「人形の家」から。自分が夫の人形でしかなかったと気づくヒロインの名前です。

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。
映画
シェア
亡きレイア姫への想い…『スター・ウォーズ』キャストが来日
いよいよ公開!本作が遺作となったレイア姫役のキャリー・フィッシャーへの想いも…
映画
シェア
「女性を分断しようとする連中に、私は利用されたくない」
美しく強い女性を演じ続けるジェシカ・チャスティン本人に迫る!
批判をよそに、大成功したびっくりキャスティング9選
映画
シェア
批判されたけど大成功!ヒット映画のキャスティング秘話9
キャスティングの是非は、映画が完成するまでわからない!