【悶々24】仕事のモチベーションが「保身」である人々

高い給料をもらってる人ほど責任を取らない――というか、責任から逃げてきたから、高い給料もらってる。

人気の記事

デジャブ的にありがちな、責任逃れの護送船団

さて今回も前回に続き『ゼロ・ダーク・サーティー』10年間追いかけてきたビン・ラディンの尻尾をつかんだCIAの女性分析官マヤは、ここぞという作戦なのに非協力的な支局長にキレて自分に必要なチームを手に入れ、ついにその住居と思しき驚くほど厳重警備の豪邸を発見します。でも実はここからが一苦労。

ADの後に記事が続きます

政府の答えは「確証が得られなければ、攻撃許可は出せない」。つまりビン・ラディンが出入りしている写真でもない限り、作戦は実行できないってことです。まあ当然っちゃ当然なんですが、マヤ的にはそんなんが簡単に写真が撮れるような相手ならここまで苦労しないからという感じで、ほとんど襟首に手をかけているのに何もできない、生殺しのような状況に悶々とします。

映画にはCIA長官とアルカイダチームとの会議の場面が2回あります。出席はCIAのお偉方と現場作戦をひとりで率いてきたマヤ、でもなぜかマヤは部屋の片隅のパイプ椅子に座らされます。会議のテーブルで展開するのは、マヤの説明でしか情報を知らないお偉方のアバウトな議論で、ジリジリしたマヤは発言を求められてもいないのに一言。長官が「お前は誰だ?」と尋ねると、マヤは「その屋敷を発見したクソッタレです」。彼女以外の男性陣が「…うわあ」となるのがすごく可笑しいのですが、その「…うわあ」の意味がより明確になるのが2回目の会議です。

役人でなく政治家から任命された長官は、イタリア系の下町べらんめえ調でこう尋ねます。「大統領とサシで話してくるけどよ、ぶっちゃけどうなんだ、あそこに野郎はいるのか。イエスかノーで言え」。するとお偉方の面々は……

「確信は持てません。いるかもしれないというレベルです。可能性で言えば60%」

「同感です。わたしも60%」

「私も60%。中にいるのは大物だとは思いますが、ビン・ラディンかどうかは」

50%だとどっちつかずな印象だし、70%だと「いる」に近すぎていなかった時に困る――という絶妙なところで60%。最初の人間のその数字にほぼ全員が続くのも、「いざという時に1人で責任を取るハメにならないよう、みんなで足並みをそろえておく」という護送船団的な意図が見えすぎて笑えます。男性社会、とくにエリート社会の中で働く女性ならば、きっと声を揃えて言うでしょう。

「デジャブか! 先週の会議で同じ光景見たわ!」

組織で出世するエリートは、意外とただの「逃げ上手」

例えば大企業で出世して上まで行く男性は、必ずしも最も優秀な人ではなく、一言で言えば「逃げ上手」。社内政治に強く、上司の顔色を窺い、どんな時も周到に逃げ道を用意し、のらりくらりと明言を避け、矢面には決して立ちません。

そういう人を目の当たりにすると、働く目的の違いに愕然とします。いい仕事がしたい、充実感や達成感が得たい、信念のために働きたい、どうせなら仕事を楽しみたい、世の中の役に立ちたい、もちろん生活のための――できたら生活を少しだけ楽しめる程度のお金を稼ぎたい、とこのあたりの人たちであれば、共感しながら働くことができます。

でもこの会議室にいる「…うわあ」な人たちの「保身」というモチベーションは、まったくもって理解できません。まあCIAのオサマ・ビン・ラディン暗殺計画というシチュエーションであれば、失敗は全世界的な大事になっちゃうわけで、ビビるのも仕方ない――と百歩譲って思いもしますが、単なる大きな組織のトップと考えた時に、一番高い給料もらってる人たちの仕事は「責任取ること」じゃないんですか?と言いたくなる気持ちも抑えられません。

さて、ここでマヤ。

「意見は出揃ったし、いまさら聞くまでもない」と遮るお偉方の言葉を無視して、「100%確実」と断言します。再び「…うわあ」となった会議室の空気を今度はきっちりと拾い上げると、「いえ、やっぱり95%。ビビらせたくないから。でも本音は100%」。マジですごいカタルシス、すっきりします。

彼女が断言できるのは、裏を返せば彼女が「出世」なんて考えてないからでしょう。いえいえ、出世したくないという意味ではなく、今はとにかく目の前の仕事をやり遂げたいという思いです。たいていの組織で「女性の方が仕事ができる」と言われるのは、こういう取り組み方だからだと思います。

これに対して「男性は大きな視点でものを考えられる」なんて言いますが、例えそうだとしても、その視点の先にある目的が「仕事の達成」でなく「保身と出世」であるなら、組織って一体何だろうと思います。なぜか仕事本位の人が出世しづらいそうした組織の在り方に、悶々としてなりません。

 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
深夜に見ると後悔するかも!?思わず舌つづみを打つ飯テロ映画7選
美味しそうな料理の数々に目がクギヅケ!
ミステリアスな女
映画
シェア
謎めいた魅力に引き込まれる…「ミステリアスな女」映画5選
美人ロビイスト、凄腕エージェント、秘密を纏う女性に惚れる!
映画
シェア
たまにはペンを手に。大切な人に手紙を書きたくなる映画10
友達や家族、大切な人に手紙で想いを伝えてみては?
映画
シェア
待ちきれない!『スター・ウォーズ』最新作の予告編が解禁
キャスト陣や監督によると「予想の斜め上をいく展開」だそう!
映画
シェア
M・ナイト・シャマラン最新作で注目!21歳の若手女優に直撃
『スプリット』で誘拐される女子高生を演じた、アニャ・テイラー=ジョイに迫る!
今回は、そんな毎日に足りない刺激を作品から得るべく、映画の中でも「セックス」が物語の中で大きな役割を果たしているものをピックアップ。官能的なものから、サイコスリラーに近いものまで、バラエティ豊かな「セックスのあり方」を追求する映画を集めました。
映画
シェア
刺激的…!「セックス」と「官能」が主題の映画9
ちょっと刺激が足りない時に…。
美しく情熱的な世界へ誘われる、ファッションドキュメンタリー5選
映画
シェア
秋に観たい♡ファッションドキュメンタリー映画5選
あの凄腕編集長や名デザイナー出演作も。ファッションを楽しみたい、秋の女心を刺激してくれるはず♡
映画
シェア
エル・ファニングが演じる、16歳のトランスジェンダー
延期されていた公開日がついに決定!ナオミ・ワッツやスーザン・サランドンとの豪華共演作。
映画
シェア
芸術の秋♡週末にショートフィルム鑑賞はいかが?
映画祭も開催!運命を変える1本に出会えるかも!? 
「女性は声をあげて」映画祭で賞賛された女性監督に迫る
映画
シェア
「女性は声をあげて」映画祭で賞賛された女性監督に迫る
2017年のヴェネチア映画祭でも大絶賛!セリア・ロールソン・ホール監督インタビュー