草食系の恋愛観「相手に『貸し』を作りたくないからデートは割り勘」

​"草食系"と呼ばれる男子たちが座談会を決行! 意外と心の内は肉食?

人気の記事

世間でいう"草食系"にカテゴライズされそうな文化系男子3人による座談会の後篇。

セックスレス問題からデートの割り勘まで、アラサー文化系男子たちが語り尽くします。

◇前篇はこちら

【参加者】※以下、職業/これまで付き合った人数/好きな芸能人

Mさん(31):話好きなWEBディレクター/5人/篠崎愛

ADの後に記事が続きます

Tさん(31):清潔感のあるゲームクリエイター/3人/長澤まさみ

Iさん(27):モード系の出版編集者/4人/ローラ

●セックスナシの付き合いはアリ?

Mさん「同棲すると、どうしてもやらなくなりますよね」

――テクノロジーの進化でオナニーの質が上がってきている、と。ところで、長く付き合うとセックスレスになるといいますよね。でも、オナニーで賄えるとすれば、「セックスなしの付き合い」もアリかもって考えもあると思いますが…。

M:同棲してたことあるんですけど、一緒に住み始めると割とすぐセックスレスになりますよね。

――その時はどうしてました?

M:…そのときはオナニー…それか、女性とのサシ飲みとか。"半勃ち"になって帰ってくるっていう。(笑)でも、最低ですよ、同棲してやらなくなるって。相手のことは好きだけど、そういう対象じゃなくなるのはキツい。

I:僕は(同棲の)経験ないんですが、それだと好きじゃなくなるんですか?

M:そういうわけじゃないんです。好きなんだけど、ヤラないっていう。

――家族みたいな感じ?

M:そうそう、なんか情だけはあるけどって感じで。別れた直接の原因は別でしたけど。

T:んー…僕は実はそういう経験ないんですよね。

I:"そういう"っていうと?

T:セックスレス。僕も以前同棲してたんですけど、意外と(セックスが)なくなることないんですよ。しなくなる経験はなくて。

M:スゴイですね、尊敬します。どうしてもお父さんお母さんみたいになっちゃうから…

I:もしくはアレじゃないですか? 絶倫だから(笑)

T:ですかね。……でも、「セックスしなくなる」イコール「情が移る」ってことだったら、その子には情が移ってなかったってことなのかなぁ…

――なんかしんみりしちゃいましたね…。

T:なんかスミマセン。Iさんはセックスレスになったら別れると思います?

I"セックスレスだから別れる"って選択肢はないけど…。でも、セックスレスだと浮気に走りやすいじゃないですか。自分だけじゃなくて、相手も。

M:僕は、もし相手がやったら、チャンスタイムだ!って思っちゃうかも。自分もやっていいかなって。

I:いやー、僕はそこまで割り切れないな。そこまでして付き合っていたくないかも。

●「恋人にする決め手」は特にない?

Iさん「結婚に向いてる人、ヤリたい人…どっちも同じ点数かな」

――恋愛観、セックス観いろいろ話してもらいましたが、結局、「恋人にする決め手」ってなんだと思いますか? 一番重視することは。

T:昔より理想が高くなってますよね。性格とか色々あるけど…あとは胸かな(笑) セクシーな人に惹かれます。前まではFとかだったけど、今はGあると嬉しい。

ADの後に記事が続きます

M:ド直球ですね。素晴らしい。

T:ははは。でも全体的に理想が高いってだけですよ。こう言っておいてなんですが、性にそんなに重きは置いていないかな。

I:僕もわりと同じです。何が一番っていうのがない。総合値で判断します。

――「総合値」というと…?

I:たとえば、顔と性格で分けるとしたら、顔70点/性格30点の人と、顔30点/性格70点の人は同点ってことです。何を一番って言えないですね…。やっぱり総合値かな。それで差がついたらそっちっていう感じ。

――なるほど。Mさんは条件ありますか?

M:…今考えてたんですけど…、接していて"半勃ち"になれるか、かなと。本能的に重要じゃないですか。

一同:確かに…!

M:第一関門は、彼女をハタから見て勃つか、ですよね。その次は会話したら半勃ちになるかどうか…。いるじゃないですか、「無理だわ、コレ!」みたいな人。見てるのはいいけど、一緒にいると「鬱になるわ〜」って思う人。ヤレルけど、波長が合わないとこれ以上近い距離に入ってきてほしくないなって思っちゃう。

●割り勘問題「女性はシャツに何割払いたい、って書いてほしい」

――それでは、最後の質問です。女性たちに不平・不満があれば、ここでぶちまけてほしいんですが。たとえば、割り勘問題とか…。

I:あ、出ましたね、割り勘!

M:僕は全部奢っちゃうと何か借りを作っちゃうみたいでイヤですね。2200円だったら、1200円払うとかしてます。ちょっとだけ多めに。

T若い時はモテたくて払ってたけど、逆にモテなかったんですよ。だから最近になって割り勘にするようにしてます。

――(割り勘すると)嫌な顔されません?

I:そんなことない…と思ってます。何だかんだ、気にする人多いじゃないですか。

T相手に"貸し"を作りたくないんですよね、逆の意味で。

M:それはわかる気がします。それ以降の付き合いを重く感じさせてしまう。恩を売ってる気がしちゃうし。

――なるほど。

I:別に払いたくない訳じゃないし、財布と相談とかいうわけじゃなくて、ほとんど「相手がどう思うか?」しか考えてないですよね…って言い訳に聞こえます?

M:いやいや。本当に割り勘問題は面倒。いっそ、シャツとかに書いてくれればいいのに「30%(は払いたい)」とか(笑)

T:あ、いいかも!

●「年下と付き合う男=ロリコン」扱いする女性に物申す

映画監督・西川美和推しのTさん

M:あとは…直接付き合う時じゃないですが、なんで女性って、"年上の彼女ができた"って言うと「良かったね」って反応なのに、"年下の彼女"だと「あ〜…」って引くんですかね、結構腹立つんですけど。好きなタイプを聞かれて、鈴木砂羽って言ったときと篠崎愛って言ったときの温度差といったら…。

I:人格疑うレベルの目を向けられることありますね。

M7歳年下と付き合った時は、ひどかったよ。

I:小学校が被ってない!

M:彼女が小6の時に僕が大学1年っていう。相手が1920歳の時。

一同:それはスゴイ!

T:でも、年取れば結構普通ですよね。

I:確かに。40歳と50歳とか。

M:そういう話をすると、女性の波が一気に潮が引いてくんですよね。どうせ若さでしょ?みたいな、反応で。

I:年取るのが悪いこと、みたいな風潮あるし。

M:そうそう。年取ったからこそある魅力もある。オバさんの方がエロいぞ! みたいな。

I:だから、劣化っていう言葉もやめた方がいい。そもそも、年で選んでいるわけじゃないし。

T:僕も年上の方が好きだからわかる。映画監督の西川美和さんとかステキですよね。試写会で見たんですけど。

M:全然イケる?

T:俄然イケますね。年齢的にも全く問題ないですね。

M:『ゆれる』(映画)みたいな。私を揺らしてごらんなさい?って感じ?(笑)

I:あとはキャメロン・ディアスとか? もう結構年齢いってますけど…でも、そこがエッチも激しそうですよね

M:……とまぁ、こんなゲスな終わり方ですが、大丈夫でしょうか?

――いえいえ、十分です! 今日はありがとうございました。

一般的に「草食男子」と呼ばれる彼ら。世間で一般化された「奥手で頼りない男性像」とはひと味違ったのでは? しかし、彼らが特別なわけではないはずだ。女性の皆さん、彼らの言い分をどうとらえましたか?

コメントする

Read Next:
海外女子11人の"恋人と暮らして驚いたコト"エピソード
ラブ & セックス
シェア
女子11人に聞いた!「恋人と同棲して驚いたコト」
「意外…彼が家事好きだった!(ラッキー♡)」
官能小説で十分?「ポルノは観ない派」男子の本音
ラブ & セックス
シェア
男がみんな「ポルノ好き」とは限らない? 男子の言い分!
「観るのをやめたら、セックスをプレッシャー無く楽しめるようになった」
嫉妬の嵐?「友だち以上、恋人未満」のモヤモヤ14
ラブ & セックス
シェア
モヤモヤする!「友だち以上恋人未満」あるある13
"まだ"彼氏じゃないから、どこまで言っていいのかわからない!
やってるかも?ハッピーな恋愛関係を阻む11の行動
ラブ & セックス
シェア
専門家が教える!幸せな恋愛を遠ざける11の要因
意識を変えるだけで、関係が長続きするはず。
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
ラブ & セックス
シェア
みんな経験する?人生における典型的セックス10パターン
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
衝撃!「全人類の3分の2が性感染症」という調査結果が
ラブ & セックス
シェア
えっ! 全人類の3分の2が性感染症にかかってる?
やっぱりコンドームは大切!
ベッドの上で抱きしめ合うハッピーな美男美女カップル
ラブ & セックス
シェア
男子14人の本音!女子へのセックス・アドバイス
「もっとフェラして欲しい」がランクイン
ベッドの上でブランケットを強く握る女性
ラブ & セックス
シェア
オーガズムに達するのに、女子が必要な時間は何分?
あくまでご参考までに…
ラブ & セックス
シェア
「出会いを求めに行く場所」をイケメンに直撃!#北欧編
北欧のイケメンたちに、「出会いを求めて訪れる場所」を聞いてみた!
医師が教える、知っておくべき「性病」の基礎知識
ラブ & セックス
シェア
医師が解説!知っておきたい「性感染症」の基礎知識
感染したとき、適切な対処を行うために