デートはするけど、付き合うのは…草食系男子はリスクヘッジの鬼だった!?

"草食系"と呼ばれる男子たちが座談会を決行! 意外と心の内は肉食?

人気の記事

「草食男子」なんて言葉が流行り、女性がますます元気になる昨今。その勢いに押され、「なよなよした男性像」が世の中に浸透している。さりとて、女性に言いたい鬱憤のひとつやふたつ、男性側も溜まっているはずだ。そこで、「草食系」と見られがちなアラサーの文化系男子3人に渋谷のとある居酒屋で好き勝手に思いの丈を語ってもらった。

ADの後に記事が続きます

はたして、彼らの偽らざる「恋愛観×セックス観」とは…?

【参加者】※以下、職業/これまで付き合った人数/好きな芸能人

Mさん(31):話好きなWEBディレクター/5人/篠崎愛

Tさん(31):清潔感のあるゲームクリエイター/3人/長澤まさみ

Iさん(27):モード系の出版編集者/4人/ローラ

●「そもそも"彼女"は必要じゃない」説

なかなか出会いがないと語る、奥手な雰囲気のTさん

――失礼かもしませんが、今日は「草食系」と呼ばれていそうな方たちに、話を聞きにきました。ある調査によると、20代独身男性の41.9%が「交際経験がない」。さらに「恋人がいる」人は20代で22.9%、30代は20.3%という数字も出ています(ブライダル総研「恋愛・婚活・結婚調査2015」より)。ここまで数字が低いと、恋人がいらない人も多いんじゃないかな…って思っちゃうんですけど、どうでしょう? 皆さん、今彼女はいらっしゃらないですよね?

I:彼女はほしいですよ…常に(笑)

T:ですよね、彼女欲しいですよ。なんで出来ないのかわからないです。暗闇で手探り状態というか。出会いがないのは確かですが…。今フリーで仕事しているんですけど、なおさら自分から積極的に行かないと出会いがない。その辺りも関係してるのかな。

I:「彼女に時間取られるからイヤ」って人いるじゃないですか。でも僕はそういう考えはないですね。

――なるほど、Mさんはどうでしょう?

M:僕はちょっと。女性みたいに「ああ、恋愛したい」みたいな感覚ってないし。彼女もちょっと…

――要らない?

M:デートする人はいるんですけどね。デートは好きなんですよ。某テーマパークに行って、「この辺りで人が死んだんだよ」とか話すの。ほら、溺死事件あったじゃないですか。

I:なんですか、それ()

M:まぁ、テーマパークの話はどうでもいいんですけど、それが交際になった途端にめんどくさくなる。交際直前が一番楽しいからそればっかになるんです。

T:あー、でもちょっとわかる気がします。積極的に行くっていっても、告白しちゃうと…

M:戻らないですよね、関係は昔には。

●デートを楽しむため、あえて「ロマンチックなイベント」に足を向けない

「付き合わなくてもデートだけで満足」と語るMさん

――告白すると踏み込まなきゃいけない、相手に。

M:好きって気持ちは強くないけど、そこそこ気が合うんだったら、踏み込みたくない。なんていうかサシ飲みしてデートして終わりって感じ。そういう関係の人がそこそこいて…。これって恋愛なのかな?

T:でも、それって向こうはどう思ってるんですか?

I:確かに。向こうがグレーゾーンを楽しんでいるのであれば、こっちも楽しめてOKだけど、相手が「付き合いたい」って思ってると、僕なら会わないようにしようって思っちゃいますけど。

ADの後に記事が続きます

M:さじ加減というか、ちょっとコツがあるんです。"ロマンチックにはならないようにする"とか。たとえば、テーマパークでのデートだったら、夜のショーには行かない。あれいくと女性はトロンってなっちゃうから。あ、でも徐々に女性は離れていきますよ、そういう関係だと。付き合う気がないって察知すると女性はサーと撤退していきますね。

――…その場合って、ヤルんですか?

M:んー、どうでしょ。

I:あ、やってんな、コレ()

●コミュニケーションとしてのセックスか、快楽のためのオナニーか?

Iさん「セックスの方がいいに決まってます」

――ちなみにそろそろシモの話に移りますけど…そもそもセックスって好きですか?

(一同沈黙)

MIさんが「嫌いな人はいるんですか?」って顔をしてますよ。僕も完全に同意します (笑)。

――いやいや、すいません。唐突だったんですが、実は「セックスは好き?」っていう質問に対して、2004年に2%だった「嫌い」が、2015年には12%になったというアンケート調査(GQ JAPAN「日本人1000人のセックスライフ」より)があるんです。あと、小規模調査ですが、「セックスとオナニーどっちが好き?」って調査だと16.5%が「オナニー」と答えています。

I:僕は…100でセックスです!

一同:おおぉ!

M:確かに僕も好きですけど、セックスは出来・不出来が激しくないですか? 変数が多いというか。相手も場所も。良い悪いは別として、オナニーの方が成績は安定してますよね。

I:でも、オナニーもダメな時ないです? 最近ホントダメなんですよ、俺。あと、オナニーだと反応ないじゃないですか。一人だと。

M:あ、来た!コミュニケーションとしてのセックスね。あー、わかるんですけど、事後とか面倒じゃないですか、アレ。

I:…じゃあ、事後は邪見に扱ったり?

M:いや―…それができないから、面倒なんですよ。家に帰ってきて悶々するというか。セックスはプラスとマイナスの感情のふり幅が大きいんですよね。確かにレスポンスがあるっていうのは得難いんですけど。

――Tさんはどうですか?

T:僕は8:2でセックスですかね。でも、最近登場してますよね、VR(バーチャル・リアリティ)とか。

M:あの、体験すると手伸ばしちゃうってヤツ。

T:そうそう。「セックスが嫌い」になった人が増えたっていうより、オナニーのテクノロジーが進歩したって面もあるんじゃないですか?

MTENGAとかもあるし。で、スゴく私事ですけど、TENGAを投入しまして…今年の元旦から。一番ポピュラーなヤツで。一回やったら…「おお、いいですね!」ってなって。「ワンスモア!」ってなって。今じゃ、最上級クラスまで買っちゃいました。

Iさん:やっぱりきっと技術の進歩ですよ、上がった分の10%は。時代の勝利というか、きっと江戸時代にTENGAあったら爆売れですよ(笑)

続く。

※後半は7月11日リリース予定

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
オープンな関係を試したいけど、彼に何て切り出すべき?
ラブ & セックス
シェア
彼がいるけど、「オープンリレーションシップ」を試したい…
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
映画に登場する「名セックスシーン」のハウツー4
ラブ & セックス
シェア
再現のコツ付き♡映画に登場する名セックスシーン4
映画のヒロインになった気分で楽しもう♡
9人が経験から語る、パートナーの「浮気のサイン」
ラブ & セックス
シェア
10人が暴露!「私はこうして浮気を発見しました」
傾向をつかむと、見分けられるようになるかも…?
オーガズムを感じている女性
ラブ & セックス
シェア
研究で判明!女子をオーガズムに導く「3つの手技」
なかなかイケない女性必見!!
アメリカ女子3人に聞いた!異国の地で恋を楽しむ秘訣
ラブ & セックス
シェア
女子3人を直撃!移住先での恋愛&セックス事情って?
「言語と同じように、セックスも相手の文化を象徴するものと理解すること」
彼との関係を批判してくる友人たち…どう対処すべき?
ラブ & セックス
シェア
元カノを振って私の元へ来た彼。でも友人からは批判が…
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
初エッチで男が気にしない事
ラブ & セックス
シェア
男子は案外気にしてない、「初エッチ」にまつわる13のこと
「大きなパンツでもOK」らしい
SM入門
ラブ & セックス
シェア
好奇心旺盛カップルに贈る、ビギナー向け「SM入門」
『フィフティ・シェイズ~』で好奇心に火がついちゃった人へ…。
男子から女子にお願い!「オーラルセックス時のマナー」13
ラブ & セックス
シェア
男子から女子へ!「オーラルセックス時のNG行動」13
男子が舌で愛撫してくれるとき、彼らが女子にお願いしたいことって?
今だからこそ言える…秘密の「浮気」体験談
ラブ & セックス
シェア
今だからこっそり言える「禁断の浮気」体験談5
いけないと分かっていたのに…