「シャワーセックス」の7つの問題点と解決法

諦めるのはまだ早い?

人気の記事

コスモでは以前にも、シャワーセックスの問題点について指摘した記事を紹介したけれど、今年は『フィフィティ・シェイズ・ダーカー』の公開(日本では6月に決定)もあって、危険なシャワーセックスを試してうっかり病院行きになるカップルが出てしまいそうな予感…。

そこで、「最も過大評価されているプレイ」と言っても過言ではない、シャワーセックスの問題点を解消するアイデアを、コスモポリタン アメリカ版から。

ADの後に記事が続きます

セックスセラピストのヴァネッサ・マリンさんいわく、「シャワーセックスにトライする人たちって、きっと映画やテレビの影響を受けてるんだと思うけど、忘れちゃいけないのは、現実にはそこに撮影隊がいて、スムーズかつセクシーに見えるように作られてるんだ、っていうこと」。

それでも、フカフカで気持ちの良いベッドよりもシャワーセックスをしてみたい!という人のために、マリンさんがコツを伝授してくれました。

1ツルツル滑って転ぶ

素っ裸の状態でお風呂場で転ぶのは、本当に危険なこと。防止したいなら、滑らないバスマットの購入を検討してみて。また最近は、壁に吸い付く「吸盤つきハンドルという便利なものもあるそう。

2石鹸やシャンプーが入ってほしくないところに入ってしまう

ヴァギナは自浄作用があるので、石鹸を使う必要は全くないし、合わないと肌荒れを起こすことも。もちろんシャンプーも同様。「セックスしながら体も洗えて一石二鳥」という考えを捨てれば、これは解決しそう。

3身体中シャワーで濡れているのに、ヴァギナだけ濡れてない

実はシャワーは愛液を洗い流してしまい、むしろ滑りが悪くなるそう。そんな時はラブローションを試してみて。素材はシリコン製を選ぶのがおすすめなんだとか。理由は、水性のローションだとすぐに流れてしまうから。ちなみにシリコン製のローションはバイブなどと一緒に使うと、バイブを傷める可能性があるそうなので、気を付けましょう。

4.体が準備OKになるまで時間がかかるのに、その間に体が冷える

残念ながら、シャワーセックスはゆっくり時間をかけてするのには向いていないよう。前戯はベッドで済ませて、本番を一気にシャワーでするのが正解。もしくは、「セックス自体は心地よいベッドでしましょう。そして、セックスの後、体が火照った状態で一緒にシャワーを楽しむんです。前戯ならぬ後戯ですね。体はまだオーガズムの後の感じやすい状態なので、彼と石鹸で体を洗い合うと、いつもより楽しくなる可能性大です」と、マリンさん。

5狭すぎる

「単にシャワールームの大きさの話じゃないんですよね」と語るマリンさん。「シャワーのお湯を浴びられる範囲も問題。一方がシャワーのお湯をたっぷり浴びている時、もう一方は体がどんどん冷えてしまいますから」。確かに、寒いとセクシーな気分にはなりにくいかも。結果、かなり狭い範囲で体を押しつけ合うような姿勢になりがち。「それでもそこでセックスしたいなら、腰を曲げ、両手を壁について、男性に後ろから挿入してもらうのが一番でしょう。立ってするバックポジションですね。足元に滑らないシャワーマットを敷けば、かなり安全も確保できるはずです」。

6.コンドームを装着しづらい

そもそも、シャンプーや石鹸、ボディソープ、コンディショナー、どれをとってもコンドームの素材であるラテックスを劣化させる危険性が。その上シャワーのお湯があなたの愛液を洗い流してしまうと、コンドームがさらに破れやすくなる場合も。もしあなたが他の避妊をしておらず、コンドームが必須だったとしたら、シャワーセックスはとにかく相性が悪いので、挿入を避けるのが一番無難な選択肢。

7.挿入がそもそも難しすぎる

挿入にこだわらなくても、他に楽しめるセクシーなプレイはいっぱいあるはず。「一緒にシャワーに入って、指で愛撫し合うとか。シリコン製のラブローションを用意して、お互いの体を弄る程度なら、"お風呂場で転んでタイルに頭ぶつけて頭蓋骨にヒビが入る"なんてこともないでしょう」と、マリンさん。

そして何より、快適にセックスがしたくなったら、いつでもベッドに移動しましょう。なぜならそこが、一番セックスに適した場所だから。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:山下 英子

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
英調査で判明!皆が密かにやってる「セックスプレイ」10
ラブ & セックス
シェア
英調査で判明!カップルに人気の「アブノーマルプレイ」10
海外の皆さんは、どんなプレイを楽しんでいるの?
男性が家事を手伝うと、2人の性生活が向上するかも?
ラブ & セックス
シェア
男性が家事を手伝うと、2人の性生活が向上するかも?
これ、パートナーにも見せなきゃ!
「愛」と「欲」の違いは?見極めるための6つのサイン
ラブ & セックス
シェア
彼への感情が、「欲望」であり「愛」ではない6のサイン
この関係は「愛」なのか、それとも…?
花嫁を抱きかかえる花婿/結婚式を挙げて幸せそうなカップル
ラブ & セックス
シェア
海外男子10人が振り返る「妻との結婚初夜」
男子にとっても、思い出深い初めての夜。
ラブ & セックス
シェア
大胆告白!セレブ13人の「性生活」にまつわる発言集
ここまでくると、もはや清々しい!
ほっこり♡男性9人が語る「妊娠した妻のカラダ」への感想
ラブ & セックス
シェア
妊娠した妻のカラダを見てどう思った?男子の本音9連発
「この世で1番美しい存在だと思った」
海外のカップルのセックス頻度
ラブ & セックス
シェア
海外既婚者15人が語る、リアルな「夫婦のセックス頻度」
えっ…みんなそんなにしてるの!?
添い寝する赤ちゃんと若い夫婦/赤ちゃんを見て微笑む男性
ラブ & セックス
シェア
男性8人が告白!子供ができて性生活はどう変わった?
チャンスを逃さないのが大切?
圧倒的快感が一気に!「混合オーガズム」を手に入れる
ラブ & セックス
シェア
同時に快感が押し寄せる!「混合オーガズム」への道
その道のプロが徹底解説
ベッドで彼氏を前に悩む彼女/恋愛の悩み
ラブ & セックス
シェア
胸がコンプレックスで、彼とのセックスに踏み切れない…
「体の違いは君の個性」ということを忘れないで