【悶々80】「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない

普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。

人気の記事

「わかるわかる~」の感覚で、つながりがちな女子たち

友達と会ってご飯とか食べている時に、彼女の履いている靴がかわいいくて、それかわいいね、どこで買ったの?ネットで。安いし使いやすいんだよねー、なんて会話の末に、同じものを買うことがよくあります。繁華街で観察すると、それどこかの制服ですかっていうくらい似たような格好してる女子集団を見ることもあります。趣味の仲間で全員コスプレとか全員ゴスロリってパターンもありますが、そうでなくても髪型が同じとかバッグが同じとかの集団が多く、丸の内女子OL風とゴスロリが一緒に歩いてるなんて光景は、まず99%見かけません。

ADの後に記事が続きます

これ心理学的に分析すると「共通項を持つことによる共感の醸成」を無意識にやっているってことらしいのですが、特に女子に強い傾向なんだとか。女子は共感――「わかる~」とか「いいね!」の感覚で結ばれがち、そう思える相手を自分の仲間として肯定するところがあるんですね。つまり「共感」=「同類」=「好意」=「理解」=「味方」です。

そんなことを踏まえつつ、前回に引き続き今回のネタは『エル ELLE』。主人公のアラフィフ女社長ミシェルは、レイプされた後も普通の顔して日常を生き、自分の元夫と親友カップルとの食事会で「実は自宅で襲われ、レイプされちゃったのよね」とさらっと告白する人です。「そういうのってわかる~!」ワケありません。

「共感はできないけど、そういう考え方もあるのかも」

なにかしら映画を観て「イマイチだった」と答える人に、なんで?と理由を尋ねると「共感できなかった」という答えが返ってくることがあります。それってどういうこと?ともう少し突っ込むと、「主人公が好きになれなかった」とか「何が言いたいのかわからない」みたいなことなのですが、そういう答えを聞くたびに、わたしは「はて?」と思います。共感て、なきゃいかんのかしら。

共感しないと理解ができないし、という人もいるかもしれませんが、私はそれにも「はて?」と思います。だって共感を通じた理解は、「自分と同じだから理解できる」ってことでしかなく、つまりは「自分と違う人間は理解できない」って言ってるのと同じだからです。「共感できないけど、そういう考え方もあるのかも」という理解は、そこには存在しません。

このあたりで私は、やや悶々としてきます。映画の登場人物にすらそんな風に言う人たちが、実際の生活の中で「共感できない」人の存在を、理解し認めることってできるのかしら。自分と似た感じ方、考え方の人間しか肯定できないんじゃないかしら。別にその人と親友になる必要はないけど、だからって別に敵ってわけじゃない、と思えるのかしら。

観客の「わかるわかる~!」を一切拒絶する『エル ELLE』は、そうした共感の限界に挑んできます。思えば映画にはミシェル以外にも、「普通の女子」が共感できない「普通じゃない女子」が山盛りです。レイプされた女。レイプされても泣かない女。他人の夫と寝る女。仕事優先で子育てをしない女。別の男の子供を「あなたの子」と偽り結婚する女。若い男に入れあげる女。夫の暴力を黙認する女。

「共感できない」と、まるで怪物のように嫌い、恐れ、非難し、攻撃するのは確かに簡単。でも何かの拍子に気づいたら、自分が「普通じゃない女子」になってことも、人生には起こりうる展開なんですよ。

『エル ELLE

(C)2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINEMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ハリウッドは賞レースシーズン真っただ中。ゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)などが続々と発表され、各賞の結果を受け、3月4日に開催される映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の受賞予測がさらに白熱。今年のアカデミー賞の有力候補に挙げられているのが、13部門にノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』、8部門にノミネートされた『ダンケルク』、そして7部門にノミネートされた『スリー・ビルボード』など。けれど、ノミネート数が多いことが必ずしも受賞につながるわけではないので、本番当日までドキドキワクワクは続く。授賞式まであと3週間あまり、ここでひと足早くオスカー主要8部門の最有力候補をおさらいしましょう。ノミネート作品はこちらから。
映画
シェア
オスカーは誰の手に!?今年のアカデミー賞のゆくえを大予想
ひと足早く、主要8部門の最有力候補をおさらい!
2月10日(現地時間)に21歳の誕生日を迎えた、人気ハリウッド女優、クロエ・グレース・モレッツ。最近はブルックリン・ベッカムとの熱愛も注目のクロエだけれど、本業は女優。しかも、演技派! 子役モデルとしてキャリアをスタートし、7歳から女優に転向。既に数々の賞を受賞し、輝かしいキャリアを誇る。そんな彼女のバースデイを祝して、クロエの魅力がぎゅっと詰まった8作品を厳選してご紹介。そのキュートなルックスとは裏腹に、実はホラー映画のオファーが多いという意外な一面にも注目!
映画
シェア
絶対見るべき!クロエ・モレッツの魅力が詰まった映画8選
ブルックリンとの復縁でも話題のクロエ・グレース・モレッツ。女優業も順調で羨ましい♡
まとめてチェック!2017年に海外で大ヒットした映画15本
映画
シェア
映画好き女子必見!昨年海外で大ヒットした作品15
これから日本公開になる作品も続々!
2月14日、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。たまには、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!
映画
シェア
LOVEムードが高まる♡バレンタインに観たい名作映画15
不朽のラブロマンスからアクション大作まで!恋愛の世界にどっぷり浸れる作品をご紹介♡
「自分の出演映画が嫌い」!?セレブが後悔している14作
映画
シェア
そうなの!?セレブが好きになれない「自身の出演作」14
世界的にヒットしたのに…
現地時間2月4日(日)に放映された、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボウル2018」。アメリカ全土が視聴しているため、この時間を狙って放映されるCMや、解禁される注目作の予告編は、毎年大きな話題に(広告費は30秒で約6億円もかかるのだとか…!)。そこで、今回放映されたトレイラーをここで一挙ご紹介。見逃せないエンタメ巨編が勢揃いしているので、予習も含めてしっかりチェック!
映画
シェア
スーパーボウルで予告編がお披露目!今年の注目映画8
今年見逃せないエンタメ巨編は?日本公開日と合わせてチェック!
これを見れば王室通♡「イギリス王室を描いた映画」6
映画
シェア
これを見れば王室通!「イギリス王室」を描いた映画6
エリザベス1世からダイアナ妃まで、イギリス王室がよく分かる!
映画
シェア
見応えあり…!アカデミー賞ノミネート作も続々、2月の注目映画
どの映画も、忘れられない1本になるはず。
映画
シェア
思わずうっとり♡「プロポーズ」が印象的な映画12選
こんなプロポーズされてみたい!? 人気作が知る人ぞ知る1本まで!
シェイプ・オブ・ウォーター
映画
シェア
日本公開日まとめ付き!第90回アカデミー賞ノミネート作品
最多13部門ノミネートは、『シェイプ・オブ・ウォーター』!