【悶々70】多数派でいれば何の心配もない、と思います?

みんなが行く方向ならなんとなく安心、なんとなく正しい気もする。でも「なんとなく」って「根拠はないけど」って意味ですよ。

人気の記事

な、なんで、その流れで私が攻撃されるハメに?

スノーリゾートでの休暇中に小さな雪崩に遭遇した一家が、結果論としては何も被害はなかったものの、その瞬間に父親がとっさに一人で逃げたことから、夫婦に不協和音が……という『フレンチアルプスで起きたこと』、前回に引き続き今回もネタはこちらです。いろいろあって中盤からは夫がダダ崩れになりますが、実のところ最初に崩壊するのは妻のほうです。

ADの後に記事が続きます

夫が逃げるとか……ありえない……とショックを受けた妻は、もちろん相当腹を立てているのですが、でも夫は「怒るほどのことした?」的テンションだし、拗ねてしまった子供たちと一緒になって怒るのもどうか……というわけで、残る小さなわだかまりを、友人カップルとの会話の中で「この人ったら一目散に逃げたのよ信じられる?」と笑いにして終わらそうとするのですが、そこで夫が「おいおい勘弁しろよ、俺は逃げてないし」とか言い出します。

最初の時点の妻の思いは「あなたにはガッカリ」程度ですが、この夫の態度――何ひとつ悪びれず、なかったことにしようとしていること――に、なんで? なんで認めないの? なんなのこいつ? 私の結婚した男はこんな男だったの?と、完全な混乱状態に陥ります。

で、彼女が真っ先に何をしたか。夫も子供もいるくせに一人旅で、かつ男を現地調達しながら自由に遊んでいる友人をとっ捕まえ、感情的に糾弾するんですね。こんな感じ。

「行きずりの男と寝るより、誰かと人間関係を築いて、結婚して子供を産む方が価値があるとは思わないの?」

わーお! なんでこっちにとばっちり!?

「だって普通はそうでしょ」で自分の考えを補強する人たち

現実にこういう場面に出くわすと、私は漠然と「なんか辛いことでもあったのかな~」と考え、心の中で「人間だもの」と念仏のように唱えるようにしています。

この場合「行きずりの男と寝る」というのが比較なのでかなり分が悪いのですが、リアルな場面ではもっと別のバリエーションがあります。例えば「自分が生きるためだけに働くなんて虚しくない?」。それから「子供が欲しいから一人で産むなんて…」。「男をとっかえひっかえして、若いからっていい気になって」なーんてのもありそうです。でもって、「結婚して子供を産む方が価値があると思わないの」で、ぐさーっとくる。いやあの、それ以外もそれなりの価値はあると思うんだけどな~と困惑するわけですが、この妻の本当のキラーフレーズはこの後にくるんですね。曰く

「そういうお気楽な考えが、社会への挑発だってわかってる?」

私は自分でいうのもなんですが、お年寄りがいれば真っ先に席を譲るし、駅の階段でベビーカーが往生していればお手伝いもします。節電や節水もすごく意識しているし、無駄なゴミも出さないようにしている。それなりによりよい社会をと思い日々暮らしているつもりです。でもこういうことを言う人には敢えてぶちかましたい。

社会のために生きてんじゃねーんだよ。

社会の多数派であることを疑わない人は、自分の考えが脅かされるとその正しさを補強するために、自分とは別の価値観を「社会」を盾に攻撃するものです。「だって普通はそうでしょ」「一般的にそうじゃない?」「たいていの人はそう思う」。こういう言い方をする女子が多いことに、私は悶々とします。もちろん少数派が行く道はイバラの道かもしれませんが、多数派ってだけで安心できるとでも?

と、そんなことを踏まえながら、良き妻と良き夫、つまり多数派の形をどうにか取り戻した夫婦に起こる、最後のエピソードをぜひご覧ください。見た人の半数以上が「これ何の意味が?」と案じるに違いないラストの小さな挿話の意味が、きっと見えてくるに違いありません。

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
カンヌ国際映画祭で注目された話題の7作品を振り返り
映画
シェア
観たい!カンヌ国際映画祭で、今年注目された7作品
国際色豊かな作品と、俳優、監督が語る映画への情熱を現地レポート!
現場では仲良くなかった!?名作映画の『理想のカップル』7
映画
シェア
現場では仲良くなかった!?名作映画の『理想のカップル』7
意外…
映画
シェア
お家で鑑賞♡「雨の中の名シーン」を楽しむ映画7
雨降る日は映画日和!
映画
シェア
死者との交信が描かれる!?ミステリアスな映画で美人女優が共演♡
ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが映画『プラネタリウム』で姉妹役に!
映画
シェア
育ててくれた人、すべてに感謝したくなる!
おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!
COSMO的「6月に観るべき映画」5選
映画
シェア
『フィフティ・シェイズ・ダーカー』も♡6月観るべき映画5選
官能の世界に引き込まれる『フィフティ・シェイズ・ダーカー』ほか、6月に観るべき映画はこれ♡
『ワンダーウーマン』 ガル・ガドット
映画
シェア
映画『ワンダーウーマン』が話題になっている4つのこと
主演を務めるガル・ガドットは元兵士!? 世界で話題になっている4つのニュースを解説。
映画
シェア
ファン必読♡『ブリジットジョーンズの日記』の撮影秘話
レニー・ゼルウィガーの役作り、すごっ!
映画
シェア
女子の強さと迫力にイケメンたじたじのWIM【カンヌ映画祭レポ③】
カンヌ映画祭レポ③は【女子の悶々】バージョンでお届け!カンヌで最もパワフルな女子たちが集まったトークイベント「Woman In Motion」についてお届けしますー。
映画
シェア
パルムドール&グランプリ受賞作を最速レビュー!【カンヌ映画祭レポ②】
世界最大の映画のお祭り、カンヌ映画祭。最高賞パルムドール受賞作品ってどんな映画?を映画ライター渥美志保が最速レビュー!