【悶々57】「理想の男」は、眠い目のライアン・ゴズリング

……てか、それって誰?というアナタに、勝手にお贈りする「ゴズ論」

人気の記事

脱・業界ウケを狙う、草の根「ライメロ運動」

さて今回のネタは、巷で今一番話題の映画『ラ・ラ・ランド』。それぞれに夢を追ってハリウッドに出てきた男女を主人公に、ミュージカルらしい明るさと能天気さで観客をウキウキさせながら、リアリティの苦さや切なさも感じさせ、10年後にも観客の心に残り続けるラブリーでファンタジックな場面がいくつもある、素晴らしく行き届いた作品です。

ADの後に記事が続きます

そんなわけで映画業界を中心にマスコミ業界は大盛り上がり。作品はカラフルで楽しいし華やかだし、アカデミー賞だって獲得してしまいそうだし――とまあ、そこにはいろんな理由があるのですが、特に業界女子にとって大きな理由は、主演がライアン・ゴズリングだから、それもライアン史上最高にキュートな役を演じているからではないかと思います。先日監督と一緒に来日した際には、会見場がライアン見たさの業界女子で文字通りイモ洗い状態にごった返し、あらためてその人気に驚いたのですが――とここまで読んで、みなさんはきっと思ったに違いありません。

ライアン・ゴズリングって、誰それ?

私の認識が間違っていなければ、日本でのライアンは究極の業界ウケ&映画マニアウケ。ライアン好きを自認する私は、これまでも様々な場面で草の根的に「ライアン・ゴズリングにメロメロ促進運動」をしてきたのですが、いまひとつ功を奏している気がしません。というのもライアンは、「何この人イケメン!」というよりは「何この人…イケメン?」というタイプ、女子100人中イケメン認定してくれるのは47人くらいという微妙なタイプです。『きみに読む物語』『ドライブ』を見ればその魅力は即座にわかるのですが、「4時間も付き合えません」という大合唱が聞こえてきますので、今回は『ラ・ラ・ランド』を例に5分で分かるその魅力を、勝手に、強引に、有無を言わさず、お伝えしたいと思います。

恋に生きるロマンチストな変人イケメン

ライアン・ゴズリングの最大の魅力、それは「変人」を演じるのがめっぽう上手いことです。どの映画でも演じているのはある種の変人、もしくは彼が演じることで「変人臭」が加味されたキャラクターです。ベースとしては頑固で孤独、そこに作品ごとの+αが加えられることで、それぞれの「変人キャラ」ができあがってゆきます。

『ラ・ラ・ランド』で演じるセバスチャンもそうしたキャラクター、ジャズを猛烈に愛している才能あるジャズ・ピアニストです。その強いこだわりゆえ、クリスマスの夜に陽気にジングルベルを引き続ける、みたいな金のための仕事が全然できず、憧れていたジャズクラブが意味不明なタパスの店になっているのを見ては苦虫を噛みつぶす毎日を送っています。そしてジャズの話をし始めると長い。いわゆるひとつの面倒くさい男の典型です。

ところがそこまでして守ってきた変人的こだわりを、ライアンは女のために捨ててしまうんですね。なぜかといえば、「変人」だけどめちゃめちゃ「ロマンチスト」だから。これは『きみに読む物語』『ドライブ』に通じる彼の最も得意とするキャラクターで、そこに生まれる「ギャップ萌え」が大きさは、最初の「変人ぶり」が際立っているからに他なりません。

ここで効いてくるのが、あの独特の「眠たい目」です。常に半開きで、笑ってるのか、泣いているのか、怒りで座っているのか、よくわかりません。裏を返せばどうとでも取れる目です。観客は、映画開始直後にはその目の怪しさを警戒していますが、やがてそれぞれの作品の文脈に合わせて勝手に解釈します。そして、あのどろんとした感じは、眠いんじゃないんだわ、憂いなんだわ、寂しいんだわ、孤独なイケメンなんだわ……あらヤダ私ったら、イケメンだなってぜんぜん思ってもいなかったのに、いつのまにか!――みたいな感じになってしまいます……なってしまいます……なってしまいます……(呪文)。

『ラ・ラ・ランド』では、ヒロインのミアを羽ばたかせるために、そこからさらにもう一歩進化するというおまけつき。こういう男こそ、こういう男こそ(大事だから二度)、全女子に必要!――と妄想が膨らんだ分だけ、「現実にはどこにもいないし!」という悶々も、膨らんでしまうかもしれませんが。

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
話題の映画で再注目! ナンシー・ケリガン襲撃事件の真相
映画界で旋風を巻き起こしたことで、再び当時の事件にも注目が…!
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。
映画
シェア
亡きレイア姫への想い…『スター・ウォーズ』キャストが来日
いよいよ公開!本作が遺作となったレイア姫役のキャリー・フィッシャーへの想いも…
映画
シェア
「女性を分断しようとする連中に、私は利用されたくない」
美しく強い女性を演じ続けるジェシカ・チャスティン本人に迫る!