【悶々53】「そこまでして産みたいの?」と聞くことの不自然

「どうしても産みたい」と思う女子がいなくなることのほうが、ぜんぜんヤバくないですか?

人気の記事

日本でも発売されている「ご自宅セルフ人工授精キット」

公開中の『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』は、恋愛が苦手で、実のところそれほど興味もない、でも子供はほしいという、アラサー女性マギーが主人公の物語。今後もおそらく長続きする関係はできないだろうなと考える彼女は、そうはいってもうかうかしてたら手遅れになるかもしれない「子供がほしい」を叶えるべく、人工授精を実行することを決めます。

ADの後に記事が続きます

遺伝子的父親として選んだ人物は、大学時代の顔見知りで頭脳は抜群で人もいい、そして個人的な感情はほとんどない相手です。精密検査を受けてもらい問題ナシと確認したうえで、「冷やさないように洋服の中に入れて持ってきてね」とマギーが彼に渡したのは蓋つきプラスチックカップ。そして排卵日にそれを手に入れたマギーは、カテーテル(挿管)のついた注射器(シリンジ)でそれを吸い上げ……つまりマギーがやっているのは「ご自宅セルフ人工授精」。堕胎が宗教的にあんなに大問題になる国で、作るほうはこんなにお手軽か!と、その驚くべき合理主義に度肝抜かれました。

なんかすごい世の中になってきたなとは思ったものの、よく考えたらハリウッド映画とかアメリカのドラマには「レズビアンのカップルがゲイの友達から精子もらってスプーンで」「子供が欲しい独身女が、友達の協力のもとスポイトで」みたいな妊娠エピソードって意外とありますし、チャレンジ精神旺盛かつ大雑把な国として知られるアメリカでは昔から結構行われていた方法らしく、「みんな無茶しよるから、衛生的な使い捨て専用具として売り出したほうがいいんじゃね?」と商品化された、というのはむしろ穏便かつ自然な流れと言えるかもしれません。

実はこのシリンジ式の「セルフ人工授精キット」、日本でも普通に市販されています。衛生的な使い捨てで、1セットの価格は約500円。それ専用の器具でも何でもないシリンジとカテーテル(挿管)ですから、処方箋も不要だし、既婚未婚の制限もありません。

「そこまでして産んでくれる女子」を、なぜか非難する社会

さてここまで読んだ人の中には、ふたつの相反する感覚がむくむくとわいてくるのではないかと思います。ひとつは「そんなんで赤ちゃんってできちゃうのか」。

太古の昔から赤ちゃんを作るための古典的な方法=セックスは、まあカジュアルにやってる方もいらっしゃるとは思いますが、たいていの人にとって、そこにたどり着くまでにはそれなりの手順や苦労が要されるものです。お互いが相手をそこそこ気に入ることは最低条件、そのうえで服を脱ぐためのシチュエーション、勢いやタイミングも必要だし、さらに妊娠に至るには、双方の無責任さ、もしくは同意が欠かせません。

もちろんセルフ人工授精による妊娠にもタイミングや苦労はあるでしょうが、例えば未婚の女性が子供を欲しい場合、恋愛対象じゃないが人間的に文句ナシというという男友達であれば、「子供を作るためにセックスして」よりも「精子ドナーになって」のほうがたぶん言いやすいし、相手がいなければ精子バンクという手もないわけではありません。

1回「500円」という値段も衝撃的です。いうたらワンコイン。スタバの抹茶クリームフラペチーノグランデサイズ、吉野家の豚生姜焼き定食、ゴディバのソフトクリームと同じ値段、ラデユレのマカロンのボックス「チャーム・クチュール」の値段なら10回分が購入可能です。そうしたなんだか手軽な感じに、「命の神聖さ」に対する冒涜を覚えてしまう人がいるのは当然かもしれません。そこに、もうひとつの感覚「そこまでして赤ちゃんが欲しいのか?」が首をもたげます。

でも私はその「そこまでして?」に、悶々を覚えずにはいられません。この場合の「そこまでして」は、「自然に逆らってまで」「愛もないまま」「神聖でない方法で」などに言い換えられそうですが、人工授精と言っても人造人間を作るわけじゃなし、妊娠に至るすべてのセックスが愛ある子づくりであるはずもない世の中で、「一工程のみ人工的な方法」が「そこまで」とは思わないし、むしろ生まれながらに子供を産む機能を備えた女子が「子供が欲しい」と思うことに、「そこまでして?」と問うことのほうがちょっと不自然にも思えます。

それでも「そこまでして」と言うならば、むしろ「そこまでして産んでくれる女子」と私は言いたい。個人的には子供を産みたいと思ったことがない私は、そこに引け目に感じてこそいませんが、未婚であれ既婚であれ、母になることを目指す女子にを敬意を感じずにはいられません。子供は社会の未来なのですから。

ちなみに、健康的に何も問題のない男女が排卵日に授精を実行したときの妊娠確率は、「人工」であれ「自然」であれ20%程度。「そこまでして」もその程度しか成就しない妊娠は、どちらにしろ奇跡的で神聖な展開であることに変わりはありません。

(C)2015 Lily Harding Pictures, LLC All Rights Reserved. (C)Jon Pack, Hall Monitor Inc.

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
シェイプ・オブ・ウォーター
映画
シェア
日本公開日まとめ付き!第90回アカデミー賞ノミネート作品
最多13部門ノミネートは、『シェイプ・オブ・ウォーター』!
映画
シェア
続編ある!?サマンサ代役に「人気コメディアン」の名が浮上
サマンサを演じたキム・キャトラルも、意外や意外に乗り気なコメントを投稿!
映画
シェア
話題の映画で再注目! ナンシー・ケリガン襲撃事件の真相
映画界で旋風を巻き起こしたことで、再び当時の事件にも注目が…!
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。