海外のセックスワーカーが激白!業界のリアル体験談

どんな仕事にもミスや予想外の事態はつきもの!?

人気の記事

「セックスワーカー」、つまり性関連業従事者は、例えばオランダなどでは職業として認知されていて、一定の社会的地位を持っている。そういった国や文化のセックスワーカーたちはかなりオープンで、仕事上のことをあけすけに話してくれたりもする。

そんなわけで、今回紹介したいのは、コスモポリタン アメリカ版に掲載された5人のワーカーたちのエピソード。仕事で体験した爆笑ウラ話や、セックスワークにまつわるとんでもないミスなど、"ええっ!?"と驚くような出来事の数々をご覧あれ!

ADの後に記事が続きます

1. 偶然同じ日に同姓同名の客が… 

「同姓同名の2人がたまたま同じ日に予約が入っててこんがらがっちゃった。そのうち2人目のお客さんを"婦人警官コスプレ"で接客するはずだったんだけど、間違えてその格好で1人目の客の部屋へ行ったら驚かれたわ。『イメージプレイなんてやったことがない』って言われてね。そんなわけで最初の客とは、警官プレイの代わりにとびきり濃厚なノーマルプレイをすることになったわ」

2. アナルにローション塗ろうと思ったら、洗浄剤で大変なことに…

「アナルセックスの前は、事前に自分でバイブを使って(アナルを)緩めるようにしているんだけど、ローションだと思ってお尻に塗ったのが洗浄剤で…ボトルがそっくりだったから…。そうとも知らず手にたっぷり出してデリケートな部分に塗りたくったらもう…とにかく痛くて熱くて最悪だった。あまりにヒリヒリしたから、なんとか理由を説明してアナルプレイはご遠慮願ったわ。だって無理でしょう!?」

3. オタクとエロスカイプ

「ある晩スカイプで、オタクっぽいんだけどすごくハンサムでホットな男性とチャットしてたの。彼のハンドルネームは"ストライカー"って言うんだけど、その名前が映画『ロード・オブ・ザ・リング』のキャラクターを思い出させるから、とてもかっこいい名前ね、なんて言いながら『ロード~』の話でひとしきり盛り上がって、かなり熱いスカイプセックスをしたんだけど…。終わったあと『ところでさ、ロード~の方は"ストライカー"じゃなくて"ストライダー"って名前なんだよ』って彼が優しく教えてくれたの。私はオタクなクライアントを主に相手してるんだけど、ものすごくメジャーな名前を思いっきり間違えて盛り上がってたってわけ…。もう穴があったら入りたいくらいに恥ずかしい」

4. 客のお尻に付いてた白い紙

「性感マッサージをやってるんだけど、基本的にお客さんには全員、衛生上、プレイ前にシャワーを浴びてもらうことにしてるの。でも1人だけいつもなにかしら言い訳をつけてシャワーを拒否する客がいて。全然引かないから、口論するのも面倒だしその人だけはシャワー無しでやってたの。でもある日、その人のお尻の穴にティッシュがくっついてて…。もう最悪! と思いながら、でもそのことをどう伝えればいいのか、あるいは取り除く方法もわからないからなるべくそのエリアに触れないようにプレイを続けたの。でも彼が動くたびその小さくて白いのがヒラヒラするもんだから目に入って仕方がなくて…。それからはもう絶対に全員シャワーを浴びてもらうことにしたわ!」

5. まさかのタイミングでアレがきた…

「ある日、かなり好みのタイプのお客さんに顔面騎乗してあげてたの。彼の顔の上にまたがって『私の香りをよ~く嗅ぎなさい』とか言いながら。上から目線のお姉さんプレイが好きみたいで、結構いい感じだったんだけど、気が付いたら彼がジタバタ悶絶してて。『え!? なになに!?』って腰を浮かせて彼の顔を見たら、鼻や口が血まみれになってるわけ。圧迫しすぎて鼻を折っちゃった!? と思って超焦ったんだけど、そうじゃなくて、ちょうどそのとき生理が始まっちゃって、私の経血で彼の顔が血まみれになってた、っていう。なにもこのタイミングで来なくても、というトホホなエピソードでした」

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
性専門家セラピストが語る「セックス依存症」の9のこと
ラブ & セックス
シェア
誰でもなる可能性あり!?「セックス依存症」の基礎知識
セレブにも多い「セックス依存症」。"セックス抜き"のセックス依存症も増えつつあるとか…
彼にベッドで「こうしてほしい♡」を、上手に伝える方法6
ラブ & セックス
シェア
「ベッドでこうして♡」彼に上手にリクエストする6の方法
パートナーを傷つけず、かつ批判もせず、セックスを向上させるには?
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
ラブ & セックス
シェア
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
長期的に見ると、相手にしないほうが身のためかも…
「複数恋愛」実践者が、聞かれて困る11の質問
ラブ & セックス
シェア
「複数恋愛」実践者が、よく聞かれる11の質問
「楽しく自由に恋愛している」イメージだけど…周りからの質問に困る側面もあるよう
それ、浮気のサイン!?専門家が教えるポイント12
ラブ & セックス
シェア
専門家たちが教える、見逃しがちな「浮気のサイン」12
一見罪はなさそう、でも用心にこしたことはない?
ベッドの上で深刻に悩むカップル
ラブ & セックス
シェア
「性欲が弱い」と言う彼とのセックス頻度を増やすには?
私とのセックスに問題が…?
セックスセラピストが教える、「性の悩み」との向き合い方
ラブ & セックス
シェア
性のプロに聞く!「セックスの悩み」と向き合う5つの方法
「最大の生殖器は、『脳』です」
カップルに起こりがちな、避けるべき「6つの過ち」
ラブ & セックス
シェア
付き合いの長いカップルが陥りやすい「6つの過ち」
末永く幸せに暮らすために…
男女10人が語る「パートナーの浮気を発見した瞬間」
ラブ & セックス
シェア
男女10人が明かす、「私たちが浮気を発見した瞬間」
浮気の数だけ発覚方法がある…
彼も大興奮!?男子の知られざる「感じるパーツ」9♡
ラブ & セックス
シェア
彼がムラムラ♡男子が触られて喜ぶパーツ9選
次回のセックスの時に、早速試してみよう!