ただ楽しいだけじゃない! セックスに隠れた怖いこととは?

​セックスを楽しむには、病気についても知っておこう。

人気の記事

好きな人とのセックスは、心もカラダも満たされるし、毎日の生活に潤いを与えてくれるものだけど、実は病気と隣り合わせでもあるのです。セックスを楽しむために、女性が知っておきたいことを、婦人科医の松村圭子先生に伺いました。

1.セックスが原因で起こる病気がある

「子宮頸がんという病名を、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。子宮頸がんは性交渉によって感染する、HPVというウイルスが原因です。数あるがんの中でも、唯一、若い世代に多いがんです。ただHPVは、ごくありふれているウイルスで、一生のうちに、ほとんどの女性は一度は感染するといわれています。定期的な検診を受けていたら、前がん病変の段階で発見ができます。子宮頸がんの初期は、症状が出ないことがほとんどなので、定期的に性交渉をしている、していないに関わらず、検診を受けることをおすすめします」

ADの後に記事が続きます

2.性病にかかるリスクがある

「クラミジアや淋病、性器ヘルペスなど、10数種類の性病が存在します。2015年には、ディープキスやオーラルセックスでも感染する梅毒が、20代女性の間で急増したというデータがありますし、近年、中高年層では、AIDSが増えているのです。経験人数が少ない、決まったパートナーとしかしていないから大丈夫とは思わず、きちんと検査をしましょう。パートナーが変わったら、一緒に検診を受けるのがベストですが、まずは、パートナーと一緒に性病についての知識を高めていきましょう」

3.膀胱炎に要注意!

「性交渉と膀胱炎は、一見、関係性がないように思うかもしれませんが、実は、性交渉をするたびに膀胱炎にかかる人もいるのです。性交渉によって膀胱に菌が入って繁栄してしまうのですが、性交渉前後に排尿をしておくと、感染のリスクは低くなります。以前、膀胱炎にかかったことがある人は気を付けてください」


松村圭子先生

婦人科・トータルエイジングケアの「成城松村クリニック」の院長。『女性ホルモンを整えるキレイごはん』(青春出版社)など、著書多数。http://seijo-keikoclub.com/

コメントする

Read Next:
イクのを止める裏技
ラブ & セックス
シェア
泣ける…男子が「イク」のを止めるためにしている9の努力
セックス中に思い出したら笑ってしまいそうw
結婚後も「1人エッチ」を続けた私が辿りついた答え
ラブ & セックス
シェア
結婚後も「1人エッチ」を続けた私が辿りついた答え
「夫とのセックスに満足できない」。ある女性が、自分にとってベストなスタイルを見出すまで
女子10人が幸せをつかんだきっかけは「浮気」!?
ラブ & セックス
シェア
「浮気して良かった」!?女子10人の赤裸々エピソード
「浮気したことに、後悔はありません」
ラブ & セックス
シェア
10人に1人の女性が「セックス中痛みを感じている」!?
イギリスの大規模調査で判明
下着を脱ぎ捨てる女性の足元
ラブ & セックス
シェア
将来、職場で「マスターベーション休憩」が誕生する?
生産性が向上するんだとか…。
男子の本音:男はあの体位の「ココが好き」!
ラブ & セックス
シェア
男子目線で語る、9つの体位の「ココが好き」!
そんなこと考えてたのか…w
セックスの感想を言わない彼が不満…良い解決策は?
ラブ & セックス
シェア
愛情表現の少ない彼に、積極的になってもらうには? 
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
男がセックス中に気付かれたくないこと
ラブ & セックス
シェア
これが男心?セックス中女子に気づかれたくない10のこと
気づいても、優しい気持ちでスルーしてあげて(笑)
シャワーセックスの問題解決
ラブ & セックス
シェア
問題解決…?シャワーセックスを気持ち良くする方法7
諦めるのはまだ早い?
魅力的な男性にオーガズムを感じる女性の口元
ラブ & セックス
シェア
科学で判明!女性がオーガズムを感じやすい「相手」って?
今の自分の相手と照らし合わせてみて!