ただ楽しいだけじゃない! セックスに隠れた怖いこととは?

​セックスを楽しむには、病気についても知っておこう。

人気の記事

好きな人とのセックスは、心もカラダも満たされるし、毎日の生活に潤いを与えてくれるものだけど、実は病気と隣り合わせでもあるのです。セックスを楽しむために、女性が知っておきたいことを、婦人科医の松村圭子先生に伺いました。

1.セックスが原因で起こる病気がある

「子宮頸がんという病名を、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。子宮頸がんは性交渉によって感染する、HPVというウイルスが原因です。数あるがんの中でも、唯一、若い世代に多いがんです。ただHPVは、ごくありふれているウイルスで、一生のうちに、ほとんどの女性は一度は感染するといわれています。定期的な検診を受けていたら、前がん病変の段階で発見ができます。子宮頸がんの初期は、症状が出ないことがほとんどなので、定期的に性交渉をしている、していないに関わらず、検診を受けることをおすすめします」

ADの後に記事が続きます

2.性病にかかるリスクがある

「クラミジアや淋病、性器ヘルペスなど、10数種類の性病が存在します。2015年には、ディープキスやオーラルセックスでも感染する梅毒が、20代女性の間で急増したというデータがありますし、近年、中高年層では、AIDSが増えているのです。経験人数が少ない、決まったパートナーとしかしていないから大丈夫とは思わず、きちんと検査をしましょう。パートナーが変わったら、一緒に検診を受けるのがベストですが、まずは、パートナーと一緒に性病についての知識を高めていきましょう」

3.膀胱炎に要注意!

「性交渉と膀胱炎は、一見、関係性がないように思うかもしれませんが、実は、性交渉をするたびに膀胱炎にかかる人もいるのです。性交渉によって膀胱に菌が入って繁栄してしまうのですが、性交渉前後に排尿をしておくと、感染のリスクは低くなります。以前、膀胱炎にかかったことがある人は気を付けてください」


松村圭子先生

婦人科・トータルエイジングケアの「成城松村クリニック」の院長。『女性ホルモンを整えるキレイごはん』(青春出版社)など、著書多数。http://seijo-keikoclub.com/

コメントする

Read Next:
専門家が提唱「性暴力被害」から心の傷を癒すには?
ラブ & セックス
シェア
専門家が提唱。「性暴力被害」から心の傷を癒すには?
「あなた自身は何も変わらないのだと認識することが重要なのです」
人には聞けない「セックストイ」の正しいお手入れ法5
ラブ & セックス
シェア
プロが教える!「セックストイ」の正しいお手入れ方法5
安心して使うためには、清潔に保つことが重要!
知っておきたい性病「ヘルペス」の基礎知識
ラブ & セックス
シェア
性病「ヘルペス」のすべて:基礎知識から対処法まで
これ、そうかな?と思ったらすぐ病院へ!
抱きしめあって眠るカップル
ラブ & セックス
シェア
彼と一緒だと眠れないのは、2人の関係性に原因が?
彼のイビキだけが元凶じゃない。
愛し合うカップル
ラブ & セックス
シェア
彼の好きな「セックスの体位」でわかる隠れた本性
ロマンティック?
男性目線で分析!男は各セックス体位の「ここが嫌」
ラブ & セックス
シェア
男子が分析!男はあのセックス体位の「ココが苦手」!?
女子も読んだら参考になりそう
壮絶な「妻の出産」を夫の目線で語るとどうなる?
ラブ & セックス
シェア
男もけっこう大変?夫が綴った「妻の出産」奮闘記
男性も見えないところでめっちゃ闘ってた…。
覚えておきたい!2人の愛を長続きさせるキーワード5つ
ラブ & セックス
シェア
覚えておきたい!2人の愛を長続きさせるキーワード5つ
「行動」で、2人の関係はグっと変わる!
男性ファッション
ラブ & セックス
シェア
ファッションから性格診断!注意したい男性ワースト8
人を見た目で判断しちゃいけないけど…当たってるかも?(笑)
男子が密かに困ってる、セックスにまつわる7つのこと
ラブ & セックス
シェア
せ…繊細!セックスにおける男子の「悩みごと」7
男も「毎回イケるわけじゃない」…?