ただ楽しいだけじゃない! セックスに隠れた怖いこととは?

​セックスを楽しむには、病気についても知っておこう。

人気の記事

好きな人とのセックスは、心もカラダも満たされるし、毎日の生活に潤いを与えてくれるものだけど、実は病気と隣り合わせでもあるのです。セックスを楽しむために、女性が知っておきたいことを、婦人科医の松村圭子先生に伺いました。

1.セックスが原因で起こる病気がある

「子宮頸がんという病名を、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。子宮頸がんは性交渉によって感染する、HPVというウイルスが原因です。数あるがんの中でも、唯一、若い世代に多いがんです。ただHPVは、ごくありふれているウイルスで、一生のうちに、ほとんどの女性は一度は感染するといわれています。定期的な検診を受けていたら、前がん病変の段階で発見ができます。子宮頸がんの初期は、症状が出ないことがほとんどなので、定期的に性交渉をしている、していないに関わらず、検診を受けることをおすすめします」

ADの後に記事が続きます

2.性病にかかるリスクがある

「クラミジアや淋病、性器ヘルペスなど、10数種類の性病が存在します。2015年には、ディープキスやオーラルセックスでも感染する梅毒が、20代女性の間で急増したというデータがありますし、近年、中高年層では、AIDSが増えているのです。経験人数が少ない、決まったパートナーとしかしていないから大丈夫とは思わず、きちんと検査をしましょう。パートナーが変わったら、一緒に検診を受けるのがベストですが、まずは、パートナーと一緒に性病についての知識を高めていきましょう」

3.膀胱炎に要注意!

「性交渉と膀胱炎は、一見、関係性がないように思うかもしれませんが、実は、性交渉をするたびに膀胱炎にかかる人もいるのです。性交渉によって膀胱に菌が入って繁栄してしまうのですが、性交渉前後に排尿をしておくと、感染のリスクは低くなります。以前、膀胱炎にかかったことがある人は気を付けてください」


松村圭子先生

婦人科・トータルエイジングケアの「成城松村クリニック」の院長。『女性ホルモンを整えるキレイごはん』(青春出版社)など、著書多数。http://seijo-keikoclub.com/

More from Cosmopolitan Japan:
「愛」と「欲」の違いは?見極めるための6つのサイン
ラブ & セックス
シェア
彼への感情が、「欲望」であり「愛」ではない6のサイン
この関係は「愛」なのか、それとも…?
花嫁を抱きかかえる花婿/結婚式を挙げて幸せそうなカップル
ラブ & セックス
シェア
海外男子10人が振り返る「妻との結婚初夜」
男子にとっても、思い出深い初めての夜。
ラブ & セックス
シェア
大胆告白!セレブ13人の「性生活」にまつわる発言集
ここまでくると、もはや清々しい!
ほっこり♡男性9人が語る「妊娠した妻のカラダ」への感想
ラブ & セックス
シェア
妊娠した妻のカラダを見てどう思った?男子の本音9連発
「この世で1番美しい存在だと思った」
海外のカップルのセックス頻度
ラブ & セックス
シェア
海外既婚者15人が語る、リアルな「夫婦のセックス頻度」
えっ…みんなそんなにしてるの!?
添い寝する赤ちゃんと若い夫婦/赤ちゃんを見て微笑む男性
ラブ & セックス
シェア
男性8人が告白!子供ができて性生活はどう変わった?
チャンスを逃さないのが大切?
圧倒的快感が一気に!「混合オーガズム」を手に入れる
ラブ & セックス
シェア
同時に快感が押し寄せる!「混合オーガズム」への道
その道のプロが徹底解説
ベッドで彼氏を前に悩む彼女/恋愛の悩み
ラブ & セックス
シェア
胸がコンプレックスで、彼とのセックスに踏み切れない…
「体の違いは君の個性」ということを忘れないで
見極めが大事な大人の恋愛に!彼との「共通点」チェックシート
ラブ & セックス
シェア
大人の恋で見極めておきたい、相手との「共通点」11
「好きな音楽が一緒」だけでは、続けていけないのが大人だから…
恋愛セラピストが教える「気持ちが冷めた時」の12のサイン
ラブ & セックス
シェア
恋愛のプロが教える「彼への愛が冷め始めたサイン」12
見て見ぬふりをせず、自分の気持ちとしっかり向き合ってみて。