1人旅の参考にも。世界でもっとも「安全な国」とは?

気になる日本は何位?

テロや紛争などの国際情勢がニュースを賑わす昨今。1人で旅行するのもちょっとためらってしまうけど…。そこで今回は、コスモポリタン イギリス版から、国際経済フォーラムが「観光客や企業が安全上のリスク(暴力やテロリズム)に晒される可能性」をベースにし世界中の国の安全度を分析したランキング『旅行・敢行競争力報告』をご紹介。

ADの後に記事が続きます

トップ10のランキング>

1.フィンランド-スコア6.7

2.アラブ首長国連邦-スコア6.6

3.アイスランド-6.6

4.オマーン-6.5

5.香港―6.5

6.シンガポール-6.5

7.ノルウェー-6.4

8.スイス-6.4

9.ルワンダ-6.4

10.カタール-6.3

ウェーデン(16位)やノルウェーなどの北欧隣国を差し置いて、フィンランドがトップに。また意外にも戦争が発生している危険な地域と隣接するアラブ首長国連邦、オマーン、カタールが上位10以内にランクイン。ちなみにイギリスは78位、アメリカは84位と、ニカラグア(65位)、ジンバブエ(60位)、クウェート(43位)などよりも安全度が低かったとか。日本は26位という結果だったそう。安全なイメージのあるカナダ(23位)やニュージーランド(13位)もトップ10入りはならず。

ちなみに、パキスタン(133位)、エルサルバドル(134位)、イエメン(135位)も最下位グループにランクインし、不名誉な最下位はコロンビアだったよう。ただし、2017年度の調査対象となったのは136カ国のみだったため、シリア等は含まれていないとか。

次の旅先を考える際の参考にしてみて!

この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
政治
シェア
ミシェル・オバマ元大統領夫人、セクハラ問題に物申す
「若い女性たちにはもっと強くなり、声をあげて、自分の考えを主張して欲しい」
政治
シェア
アンジェリーナ・ジョリーが訴える、性的暴力の撲滅
「それは簡単なことではありません。でも不可能ではないと思います」
【私の生き方】若きママからフランス内閣へ
政治
シェア
34歳2児の母。「働くママ」のブログ運営から、フランス内閣へ
女男平等担当副大臣のマルレーヌ・シアパさんが示す「女性の可能性」
政治
シェア
Tシャツがふさわしくない!?またもトランプ大統領の息子に批判
今回もクリントン氏の娘チェルシーが「そっとしておくべき」と擁護!
政治
シェア
同席したい♡オバマ氏とトルドー首相が2人でディナー
ファンが殺到…って、アイドルじゃないよ?
女性が街を導く!大都市で輝く女性市長11
政治
シェア
女性が街を導く…!世界で輝く「女性市長」9人
世界の大都市を動かす女性ってどんな人?
ルックスよし、性格よし♡女性に大人気のカナダ首相 ジャスティン・トルドー
政治
シェア
イケメンで「オシリが最高」!?カナダの首相が女性に大人気!
ネットを中心に世界中で巻き起こるトルドー首相旋風! 若かりし頃もかっこいい♡
トランプ大統領の娘婿、ジャレッド・クシュナーって?
政治
シェア
トランプ大統領の娘婿で上級顧問、クシュナー氏ってどんな人?
影の実力者、ジャレッド・クシュナーとその一家(ハンサムな弟)にクローズアップ!
政治
シェア
蔓延する悪質なバロン君イジりにクリントン氏の娘が喝!
「#LeaveBarronAlone=バロン君をそっとしておいて」がトレンドワードに。
政治
シェア
トランプ大統領就任式で見逃したかもしれない13のこと
就任式の様子を、時系列にそってふり返り!