ジェシーおいたん、ハネムーンは妻が大好きな「ディズニー」へ♡

夢の国「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」でもワイルドさは忘れない…w

人気の記事

ADの後に記事が続きます

54歳になってもなお、コメディドラマ『フルハウス』のときの色気はそのままに、さらにダンディさもプラスされ枯れ専女子の心を掴んで離さないジョン・ステイモス。2年間にわたって交際してきた、女優のケイトリン・マクヒュー(31歳)との婚約と妊娠の発表、そして先日は結婚式も挙げ幸せいっぱいな様子。

気になるのが、そんな2人のハネムーン先! インスタグラムをチェックしてみると、どうやら、フロリダ州の「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」を楽しんでいるよう♡ ダンディなおいたんと夢の国…ミスマッチなようだけど、写真はまるで映画のよう。

インスタグラムには、新郎と書かれたミッキーマウスの耳を付けて「#happiestmanonearth (地球上で一番幸せな男)#happiestplaceonearth(地球上で一番幸せな場所)」とコメント付きで溢れんばかりの幸せを表現した。

E!News>によれば、素敵なスーツに身を包んだジョンと妻のケイトリンは、ディズニー・ハリウッドスタジオ内のハリウッド・ブラウンダービーで夕食を楽しみ、シンデレラ城に宿泊したそう。

実は、ケイトリンはディズニーの大ファン。今までもカリフォルニア州の「ディズニーランド・リゾート」で友人やジョンと過ごした写真をポストしている。

The wonderful thing about Tiggers....... 🙈#onesies

A post shared by Caitlin McHugh (@caitlinskybound) on

ADの後に記事が続きます

そして、ジョンがロマンティックなイラストを投稿した昨年10月のプロポーズもディズニーランドだったよう。

I asked...she said yes! ...And we lived happily ever after💍

A post shared by John Stamos (@johnstamos) on

僕が聞くと…彼女はイエス!と答えたんだ! そして僕たちは幸せに暮らしましたとさ。

現在、妊娠中のケイトリンもハネムーンに向かうときはこんなに楽しそうな笑顔を見せるのも納得。愛する妻との特別な時間を、こんな風に演出できるなんて最高の夫…♡ これからもお幸せに!

#FixItFelixJr in Florida! #disneybound #wdw

A post shared by Caitlin McHugh (@caitlinskybound) on

祝♡『フルハウス』のジェシーおいたん(54歳)が結婚!
関連記事
More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
学生たちが歌うエド・シーランの曲に、メーガンが涙
2人の結婚式でエドが披露するかもしれない、名曲を歌ってくれたみたい…!
シンディ&カイア
海外セレブ
シェア
美人母娘!シンディ・クロフォードと娘カイアのそっくり集
ファッションまで激似♡注目のセレブ母娘を比較してみた!
2月17日はパリス・ヒルトンのバースデー。世紀のゴシップガールとして名を馳せた彼女も、今年で37歳! 先ごろは俳優クリス・ジルカとの婚約を発表し、バレンタインデーには新曲もリリースするなど、まだまだスピードをゆるめる様子はなさそう。そこで、彼女がこれまでに残してきたオモシロ名言をここでおさらい。読めばもっと彼女を好きになるかも。
海外セレブ
シェア
元祖お騒がせ女王、パリス・ヒルトンの自信に満ちた名言20
世紀のゴシップガールとして名を馳せた、パリス・ヒルトンの名言を一挙プレイバック♡
海外セレブ
シェア
危機一髪!ヘンリー王子、ポニーに噛まれそうになる
その瞬間のムービーを宮殿が公式にアップ。見ていたメーガンは、思わず笑ってしまったみたい!
海外セレブ
シェア
史上初!義足のスノーボード選手がグラビア撮影に挑戦
平昌パラリンピックにも出場予定のブレナ・ハッカビー選手が、「水着特集」に登場! そこに隠された深いワケとは…?
海外セレブ
シェア
「激しい体重変動は病のせい」ジジ・ハディッドが改めて公表
太りすぎとも、痩せすぎとも批判されたジジ。「どんな体型の自分も愛することが大切」とメッセージ。
海外セレブ
シェア
親近感!ウィリアム王子とキャサリン妃、王室でイケアを愛用
ジョージ王子とシャーロット王妃の部屋に、イケア家具を置いているんだとか!
海外セレブ
シェア
そんな若かったの!?「25歳以下」で結婚したセレブ13人
今となっては黒歴史、という人もちらほら…
海外セレブ
シェア
VIP割引は嘘?トランプ大統領が購入した婚約指輪の真実
メラニア夫人への指輪購入の際、ディスカウントを受けたと自慢していたけれど…。
海外セレブ
シェア
子宮摘出手術を受けたレナ・ダナム「子どもは諦めない」
「以前なら、"私にはもう選択肢がない"と考えていたでしょう。でも今は、実際にはまだ選択肢が残っていることを知っています」