【プレゼント】ガミラシークレットの石けんが優秀すぎ!

日本上陸10周年を記念して限定のアイテムも♡

人気の記事

イスラエル発の「ガミラシークレット」のソープといえば、100%植物素材にこだわり、美しい肌へと導いてくれる、女子ご用達のアイテム。

ブランド創設者のガミラ・ジアーが「世界の人々の肌を健康にしたい」という思いから誕生した石けんは、15種類にも及ぶ選び抜かれた良質なハーブや植物オイルでできており、なんと使用するエクストラバージンオリーブオイルは、石けん1個につき1Lもの量! また、合成香料、合成界面活性剤、着色料、パラベンを使用していないというのも嬉しい限り。

ADの後に記事が続きます

泡立てて顔を洗う…というのが定番だけれど、まだまだいろいろな使い方があるのだそう。そこで、マーケティング部の中山さんにおすすめの使用方法を聞いてみた。

【1】お肌をマッサージ

少量を手に取って少し泡立ててから、乾燥などが気になる部分へ塗りこむように手でマッサージをしてみてください。石けんに含まれる美容成分が直接お肌に届き、すべすべの洗い心地を実感できますよ。

【2】入浴剤として

バスタブに溶かして入浴剤としても使用できます。豊かな香りがお風呂場中に広がりリラックス。しっとりとすべすべなお肌に。

【3】ポプリ代わりに

タンスやベッドサイドにおいてポプリのような感覚で楽しむことも。ハーブの優しい香りが広がります。

【4】パウダーソープ

固形ソープを毎日使う分だけ削って、パウダーソープをつくってみても。泡立ちもよくフレッシュな香りが楽しめます。

実は、ガミラシークレットが日本初上陸を果たして、まもなく10周年。それを記念して「ガミラシークレット パウダーソープセット」(2900円)が201679日(土)より数量限定で発売されるそう。定番のソープに、泡立てネット、ゼラニウムの香りのパウダーソープ付きで、すでに使っている人はもちろん、初めて使う人にもぴったり!

優秀すぎる石けんで、お肌にうるおいをチャージしてみてね♡

ガミラシークレット

【プレゼント】

こちらで紹介した「ガミラシークレット パウダーソープセット」を1名様にプレゼント!

ご希望の方は、下記からご応募ください。ご応募お待ちしています!

応募フォームはこちら

■応募締め切り

2016年6月24日(金)

※ご応募いただいた個人情報は、プレゼント発送以外の目的には使用いたしません

※当選者の発表は、プレゼントの発送をもって、代えさせていただきます

More from Cosmopolitan Japan:
楽しそう♡「ぽっちゃり女子専用の旅アカウント」に注目
トレンドニュース
シェア
「ぽっちゃり女子専用の旅アカウント」が伝えたい想い
「太い=美しくないということではありません」
トレンドニュース
シェア
豪華さにうっとり♡世界のクリスマスツリー12選
世界のラグジュアリーホテルで飾られるツリーのゴージャスさは必見!
誰もが心躍る年に1度の大イベント"クリスマス"の訪れとともに、東京ミッドタウンのコートヤードでは、煌めきに満ちた「モエ クリスマス マルシェ 2017」が開催中! キラキラと輝くゴージャスなメリーゴーランドに、シャンパンとのマリアージュを堪能できるフード、特設ラウンジやスペシャルショップが並ぶなど、そこはまるで夢のような空間♡ そんな煌めく会場を、「ミニ モエ」片手に、ほろ酔い気分で楽しんだコスモガールたちの夜に密着しました!
トレンドニュース
シェア
聖なる夜のデートに♡都心のItスポットに人気モデルが集結
コスモガールが迷い込んだのは、シャンパンゴールドに輝く"モエ クリスマス マルシェ"♡
日常に潜むセクハラにNO!女性たちによるSNSプロジェクト
トレンドニュース
シェア
力強い!セクハラ被害を告白する女性たちのプロジェクト
セクハラの実態を知って欲しいという願いを込めた、あるフォトジャーナリストの取り組みに注目!
パリのディズニーランド、男の子のプリンセス体験を拒否!?
トレンドニュース
シェア
なぜ!?パリのディズニーランドが3歳の男の子に謝罪した理由
「男の子だってプリンセスになりたい!」
トレンドニュース
シェア
【12月のテーマ】「欲」に素直な人こそ、人生楽しい
自分の「欲」を無視しないで。
ネットで話題!ハリー・ポッター&ゼイン・マリク似のイケメン
トレンドニュース
シェア
ハリポタ×ゼイン!?ネットで話題のイケメンに注目
2人のいいとこどり♡
トレンドニュース
シェア
ロマンチック♡彼と行きたい都会の「クリスマス マルシェ」
実際に乗れちゃうメリーゴーラウンドも出現! ホリデーデートはここで決まり♡
娘のピンクの髪に秘められた「母の思いと子育て観」
トレンドニュース
シェア
娘のピンクの髪に秘められた「母の思いと子育て観」
「NO(ダメ)」と言うには、人生は短すぎる
なぜ?女性にとって「赤」が勝負カラーである理由
トレンドニュース
シェア
専門家が解説!勝負の時こそ「赤」を着るべき理由
ここぞという時は、どんどん赤を着ていこう♡