なるほどね!飛行機のブラインドを開けるのワケ

​毎回ちゃんと協力しよう!

旅は楽しいけど、長時間のフライトって、できるだけ快適に過ごしたいもの。でも、なんとか眠ろうと頑張ってやっとウトウトし始めたくらいに、CAさんから急にブラインドを開けるように言われて、「もう!」って気分になったことがある人も多いはず。

眩しい光にクラクラしながら着陸…というわけですが、そもそもどうしてブラインドを開けなくてはいけないのでしょう?

ADの後に記事が続きます

コスモポリタン イギリス版が紹介する『Tech Insider』のCAさんに聞いた理由によると、安全のためにブラインドを上げるようお願いしているのだそう。

「(発着陸時に)緊急事態が発生すると、窓から外の状況を確認しなくてはなりません。窓の外にがれきがあったり、火事や水で窓がふさがれていたりする場合、そこからは脱出できませんので、別の脱出経路へお客様を誘導しなければなりません。些細なことかと思われるかもしれませんが、緊急事態では一刻を争うことに。90秒で安全に飛行機から脱出しなければいけないのに、ブラインドの開け閉め指示をなにかが起こってからしていては間に合わないかもしれません。」

なるほど、そういう理由があったのですね。次回からCAさんにブラインドを開けるよう言われたら、笑顔で協力しましょう。乗客の安全を守ってくれているのですから。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART3】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART3】
「お気に入りの旅行ブログをのぞくのをやめて、もっと冒険しましょう」
滞在コストがお手頃な、ヨーロッパの都市ランキング!
旅行
シェア
街歩きに最適♡お手頃価格で遊べるヨーロッパの都市10選
周遊するのも楽しそう♡
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART2】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART2】
「旅に一番大切なのは、探求心があること、根性があること、何でも質問すること」
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART1】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART1】
「世界がどうなっているのかを知る一番の方法は、自分で出かけてみることです」
ハイパーループ・ワン アメリカ高速移動システム
旅行
シェア
えっ、NYとワシントンD.C.間が20分で移動可能に!?
電車だと3時間はかかるのに…
数千万円も!?インスタで稼ぎながら旅するカップル
旅行
シェア
インスタで数千万円!?稼ぎながら旅するカップルがすごい
投稿1枚が、3000ドル(約33万円)以上らしい…
イギリスのEaton House StudioというAirbnbで泊まれるピンクの家
旅行
シェア
泊まりたい♡Airbnbの「ピンクの家」が可愛すぎ
パーティー大好き女子は必見!
旅行
シェア
原因はトランプ大統領?アメリカの観光客が激減
特にロサンゼルスとサンディエゴが大きな影響を受けているみたい…
旅行
シェア
CAが「死ぬまでに行くべき」と思う都市って?
中には渡航国50以上のCAも。経験豊富すぎる彼女たちが選んだのは…。
旅行
シェア
英語も通じない国へ行ってみたら…?【人生を変えた海外体験】
超必死になることで、外国人とのコミュニケーションが楽しいと思えるように。