テキサス銃乱射事件に、セレブや政治家が次々とコメント

哀悼の意を表すとともに、銃規制の強化を訴える声も。

人気の記事

2017115日(現地時間)、米テキサス州のサザーランドスプリングスにある教会で、男が銃を無差別に発砲。米メディアによると、男は同州に住むデビン・ケリー容疑者で、少なくとも26人が死亡。教会には幼い子供からお年寄りまで、大勢の人たちが礼拝に集まっていたという。

アメリカでは今年10月にも59人が死亡し、500人以上が負傷したラスベガス銃乱射事件が起きたばかり。繰り返される悲劇に対し、多くのセレブや政治家たちが悲しみと哀悼の意をツイッターで表している。その一部をここでご紹介。

ADの後に記事が続きます

▽ドナルド・トランプ米大統領

「テキサス州サザーランドスプリングスの方々に神のご加護がありますように。FBIも法執行機関も現場に到着しています。私も日本から情勢を見守っています」

▽カナダのジャスティン・トルドー首相

「カナダを代表してテキサスの教会で起きた銃乱射事件の被害に遭われた全ての人たちに心からお悔やみの気持ちを捧げます。負傷した方々、1日も早いご回復を祈っています」

▽メラニア米大統領夫人

「私たちの祈りは#Texasに住む全ての方々とともにある」

▽歌手兼俳優のジョシュ・グローバン

「再び、何も言えない。言葉がでない。感覚もない。犠牲者の方々、平和な場所で安らかに」

▽俳優マーク・ラファロ

ADの後に記事が続きます

「テキサス州サザーランドスプリングスで起きた銃乱射事件の犠牲者とその家族や友人に祈りを捧げます」

▽人気司会者のピアーズ・モーガン

「テキサス州サザーランドスプリングスの人口は643人。そのうち少なくとも50人が銃乱射事件の被害に。つまり、その地域に住む12人に1人が被害にあったことになる。#SanAntonio

▽女優デブラ・メッシング

「愛とは、愛とは、愛とは、愛とは、愛とは、愛とは、愛とは、愛すること。#SutherlandSprings

▽女優ミア・ファロー

「地元警察によると少なくとも27人が銃で撃たれて亡くなり、数十人が負傷。私たちの想いはテキサス州サザーランドスプリングスに住む人たちとともにあります」

▽バーニー・サンダース上院議員

「テキサス州サザーランドスプリングスの犠牲者とその家族に追悼の意を捧げます。このような悲劇的な事件は許されるべきものではない」

ADの後に記事が続きます

▽コメディアン兼俳優ボブ・サゲット

「テキサス州サザーランドスプリングスに住む方々を思うと胸が痛みます。こうした事件を終わらせなければならない」

▽コメディアンのサラ・シルバーマン

「言葉がでない。テキサス州サザーランドスプリングスに住む方々や2017年のアメリカを思うと心が引き裂かれる。お願いだから、みんなで結束力を高めましょう」

▽ブリトニー・スピアーズ

「テキサスの銃乱射事件のニュースを聞いて胸が痛みます。私の祈りはテキサス州サザーランドスプリングスに住む方々とともにあります」

犠牲者に哀悼の意を示すとともに、銃規制の強化を訴える声も多数挙がっている。

▽バラク・オバマ前大統領

「憎悪な行為の犠牲となったテキサス州サザーランドスプリングスの方々とその家族に深いお悔やみの気持ちを捧げます。また負傷した方々の1日も早い回復を祈ります」

ADの後に記事が続きます

「暴力や武器を減らすための規制や具体的な措置を求める必要があります。そのための知恵を神が我々に与えてくれることを祈ります」

▽レディー・ガガ

#SanAntonioの犠牲者と愛する家族を失った方々に祈りを捧げます。また1日も早く#GunControl(銃規制)が強化されることを願っています」

▽小説家スティーヴン・キング

「銃規制強化法案が可決されるまで、あと何人の人たちが犠牲にならなければならないのだろう」

▽女優リース・ウィザースプーン

「テキサス州#SutherlandSpringsの銃乱射事件を聞いて胸が痛くなった。#PrayForTexas(テキサスに祈りを捧げます)#EnoughIsEnough(このような事件はもうたくさん)#StopGunViolence(銃による暴力を防ぐべき)」

▽女優デブラ・メッシング

ADの後に記事が続きます

「米議会、#SutherlandSpringsの起きた悲劇はあなたたちの責任でもあるのよ。今すぐ#gunstocks(銃の所有)を禁止して。ラスベガスの事件を忘れたの? 恥ずべき行動。犯罪に加担している。言い訳はできない」

▽コメディアンのクメイル・ナンジアニ

#GunControlNow(今すぐ銃の規制を)」

▽コメディアンのビリー・エイチュナー

「次はどこで銃乱射事件が起きるのだろう。誰か知ってる? 今後の被害を防ぐために何かできることはない? ないの? そっか。じゃあ勝手にどうぞ」

▽女優ガブリエル・ユニオン

「アメリカ出身でもテロリストはテロリスト。今すぐアクションを起こして!!!」

ラスベガスの銃乱射事件からわずか1ヶ月後に起きた、今回の事件。これらのメッセージが少しでもアメリカ国民の傷を癒してくれることを祈るばかり。

この翻訳は、抄訳です。

TranslationReiko Kuwabara

FromElle UK

関連記事
関連記事
旅先でテロに遭ったら?専門家が教える対処法
関連記事
More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
【後編】『reputation』リリースからのテイラーの7日間に密着
ファンとの交流が目立ったリリースウィークの後半。テレビ番組への出演では、視聴者を感動の渦に!
さすが!超年下男子をゲットした女性セレブ13人
海外セレブ
シェア
羨ましすぎ!年下男子を射止めた「姐さん」セレブ13人
愛さえあれば年の差なんて…。
歴代スターの透けドレス
海外セレブ
シェア
大胆すぎ!銀幕スターの「透け透けファッション」11選
歴代の銀幕スターたちが話題を呼んだ、スキャンダラスなファッションとは?
ジジ・ハディッドがヴィクシーショー取りやめ!
海外セレブ
シェア
ジジ・ハディッド、ヴィクシーショー直前で「出演キャンセル」
アジア初の開催となる上海でのショーに、ジジをはじめ参加できないモデルが続出!?
海外セレブ
シェア
【前編】『reputation』リリースからのテイラーの7日間に密着
新作アルバムとともに、ツアー日程も発表!テイラー・スウィフトのライブで良席をゲットする方法とは…!?
海外セレブ
シェア
美人キャラはもう嫌?アンバー・ハードの作品選び
役柄が「美しく謎めいた女性」なら、その脚本は捨ててもOKとコメント!
海外セレブ
シェア
男前すぎる!人気ラッパーがステージから「痴漢」を非難!
女子を守った人気ラッパーのドレイクに、ファンは喝采!
約70年前の1948年、エリザベス女王は第一子となるチャールズ皇太子を出産し、母親になった。その後1950年に長女のアン王女を出産し、さらに2年後の1952年にイギリス連邦王国の女王に即位した。英国女王として公務に邁進し続けたエリザベス女王は、少し落ち着けるようになった1960年に次男のアンドルー王子、そしてその4年後に三男のエドワード王子を授かり、国民に母親としての一面も見せてきた。エリザベス女王の治世を描いたNetflixの人気ドラマ『ザ・クラウン』は12月からシーズン2が始まるが、この新シーズンでは戴冠後約10年目を迎えた女王とともに家族との生活についても描かれる模様。新着エピソードに先立ち、4人の子供を持つ母親としてのエリザベス女王にフォーカス!
海外セレブ
シェア
4人の子育てをしたエリザベス女王。どんな母親だったの?
ひとり娘のアン王女は、エリザベス女王からファッションついてアドバイスをもらっていたそう!
海外セレブ
シェア
お茶目すぎる41歳!?ザ・ロックに次ぐ「最もセクシーな男性」
アダム・レヴィーンと大親友のカントリー歌手ブレイク・シェルトンを大解剖♡
海外セレブ
シェア
日めくり!セレブの「誕生日カレンダー」 ~11月下半期編〜
パワフルに活躍する女性セレブが名を連ねる、11月後半生まれさんをご紹介♡