セリーヌ・ディオン、タイタニック主題歌を歌いたくなかった!?

さらに『タイタニック』の監督も使用したくなかったのだとか…

人気の記事

歌姫セリーヌ・ディオンと言えば、映画『タイタニック』の主題歌を思い浮かべる人が多いのではないか? 1997年にリリースされた曲『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』が収録された自身のアルバムは、各国のチャートで1位を獲得し、まさに彼女の代表曲!

でも、実はこの曲について<billboard>に本人が話したところによると、「実は当初、歌いたくなかった」のだとか。ここまでのヒット曲になるとは本人も思っていなかった…?

ADの後に記事が続きます

ビルボード・ミュージック・アワードで、曲のリリースから20周年が経つのを記念し『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』を披露したセリーヌ!

今となっては『タイタニック』を象徴するセリーヌの曲なものの、当初、監督のジェームズ・キャメロンは、この歌を映画の挿入歌にすることに反対。ポップ・バラードを映画のメイン曲にすることに抵抗があったのだとか。

長い審議と、彼女のマネージャーで夫のレネ・アンジェリルがジェームズを説得したこともあり、何とかレコーディングの日が決定!

ところが、セリーヌもレコーディングの日は体調が悪く「最悪な気分だった。とにかくお腹が痛くて…女の子の日が始まるところだったの」と振り返っている。実は全く気乗りしていなかったそう。

ところが彼女が歌い出すと、その素晴らしさに、作曲家のジェームズ・ホーナーとレネは涙を流したそう。

そして、その曲を耳にした監督もこの曲の使用に賛同し、クリエイティブチームと共に、楽曲を映画に入れるべく動くことに。その結果、1998年に『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』はオスカーの歌曲賞を、続いてグラミー賞では最優秀レコード賞など計5回を受賞。時代を超越するラブソングが、セリーヌの代表曲となり世界的な大スターへと導いたよう。

もちろんのことですが、セリーヌはこのときに夫が、曲を勧めてくれたことに本当に感謝しているそう。生理前のPMSがあの迫力ある感情的に歌声に繋がったのかも!?

More from Cosmopolitan Japan:
海外セレブ
シェア
いよいよ配信!レディー・ガガ、ドキュメンタリーで闘病生活も公開
Netflixでの独占配信が話題! 先日、公表した繊維筋痛症についてもコメントしているそう。
カイリー・ジェンナーの元彼が、姉キムのそっくりさんとデート!?
海外セレブ
シェア
え、カイリー・ジェンナー元彼が、姉キムとデート!?
え、そっくりさんなの!?…って、ややこしいわ!
海外セレブ
シェア
『ラ・ラ・ランド』女優エマが語る「不安障害と男女平等問題」
男女の平等性を訴えかける新作映画に出演するエマ。演技に全身全霊で打ち込むのには理由が…
ニコール・キッドマン、美しさの秘訣を明かす
海外セレブ
シェア
50歳、輝きを増すニコール・キッドマンが語った美の秘訣
今年のエミー賞でも初受賞するなど、活躍が止まらない…!
海外セレブ
シェア
愛と祈りを…「メキシコ大震災」に胸を痛めるセレブたち
またもメキシコを襲った大地震。メキシコに縁のあるセレブたちがメッセージを発信
海外セレブ
シェア
ニュースづくしの「第69回エミー賞」話題の瞬間9連発
テレビ界のアカデミー賞と称されるエミー賞は今年も大盛り上がり!
海外セレブ
シェア
腎臓移植を受けたセレーナに届いた、セレブからのエール
この夏、人知れず手術を受けていたセレーナ・ゴメス。その告白に勇気づけられたのはセレブたちも一緒だったみたい。
キャサリン妃
海外セレブ
シェア
キャサリン妃が紹介!「メンタル・ヘルス」って、なに?
「ただ会話をするだけで状況が良くなることもあるわ」
マドックス、アンジェリーナ・ジョリー、パックス
海外セレブ
シェア
長男マドックスが語った母「アンジェリーナ・ジョリー」の存在
わずか16歳で製作指揮官に抜擢されたマドックス、母アンジーと仕事をしてみて感じたこととは…?
海外セレブ
シェア
知ってた?ダイアナ元妃を支えた「2人の姉」の存在
最愛の妹ダイアナを失った、セーラとジェーンにフォーカス。