栄養士が指摘!「サラダバー」で避けたい6つのNG行為

「サラダは健康的」とはいえ、これをやっちゃ台無しよ…

人気の記事

バラエティに富む野菜、トッピング、ドレッシングが選び放題のサラダバーを前にするとついテンションが上がり、お皿に盛りすぎちゃった…こんな経験がある人は多いはず。サラダはヘルシーなメニューの代表格であるとはいえ、コスモポリタン イギリス版によると、食べ方によっては逆効果になってしまうこともあるそう。そこで、サラダバーで避けたいNG行為をお届け。

ADの後に記事が続きます

1ドレッシングの使いすぎ

栄養士のリリー・ソーターさんは、「ディップ、ソース、ドレッシングはカロリー、糖分、塩分が多く含まれています。レストランで出されるディップやドレッシングにはどんな材料が使われているかからないので、注意が必要です」と警告。

材料によっては大幅なカロリー摂取になってしまうため、オリーブオイルとレモンの絞り汁や、リンゴ酢をドレッシングとして使うか、コクを出すため、マヨネーズの代わりにアボカドを使うなどして工夫するといいそう。

2炭水化物の摂り過ぎ

炭水化物は必須栄養素の1つであるとはいえ、サラダバーにはパスタ、ライスサラダ、トーストなどが含まれていると、リリーさんは指摘。「パスタサラダは避けたほうが無難です。精製された小麦粉を使ったパスタにマヨネーズを和えたパスタサラダは、もはやサラダとは言えません。少量でも400キロカロリーが加わることになりかねません!」。

どうしても炭水化物が食べたい!という場合には、全粒粉のパスタを使ったパスタサラダか、玄米、クスクス、オオムギ、キ、またはスイートポテトのように栄養価の高いでんぷん質の炭水化物を選ぶといいとか。ただし、これらの食物は全体の4分の1以下に留めておく方が賢明だそう。

3タンパク質を摂らない

タンパク質は血糖値のバランスを整えるため、満腹感を維持したり、ランチ後の猛烈な睡魔を予防したりする効果があるそう。ただし、正しいタンパク質を選ぶことが重要。「サラダバーでは揚げたチキンや海老はよく見られますが、それらは素材そのものの状態より3倍近くカロリーがある場合も。揚げ物はあくまで揚げ物であるという事実を忘れないように!」と、リリーさんは強調。

また、ハムやベーコンチップスのような加工肉も塩分と脂肪分を多量に含んでいるため、避けるほうがいいとか。リリーさんは「ゆで卵、焼いた、またはゆでた魚、焼いたチキンや七面鳥の胸肉など、加工されていないタンパク質を手の平1杯分ほど加えることがおすすめ」だと言う。また、豆類も優れたタンパク源なので、積極的に摂りたい。

4野菜を慎重に選ばない

野菜ならどれでも摂ればいいというわけではないとリリーさんは解説。たとえば、レタスやロメインレタスなどの葉野菜は比較的栄養価が低いそう。「葉野菜は、色が濃いほどビタミンK、マグネシウム、抗酸化成分などの栄養価も凝縮されています」。そのため、ケール、ルッコラ、赤紫の葉野菜を優先して選ぶといいとか。

また、ローストまたはマリネされた野菜はマリネ液に含まれる脂分のせいでカロリーが高くなる場合が多いそう。

5チーズの摂り過ぎ

チーズはタンパク質、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいると言えど、カロリー、塩分、飽和脂肪も非常に高いため、量に注意が必要

リリーさんは、比較的塩分とカロリーが低い上、味が濃いので少量でも満足感が得られるフェタチーズを勧めている。親指12本分くらいの量に留めるといいとのこと。

6トッピングをかけすぎる

リリーさんは「油まみれの炭水化物という点で、クルトンは避けましょう」と力説する。というのも、クルトンはたった4個で100キロカロリー近くあるからだそう。

また、どうせパンを食べるのなら、全粒粉タイプの方がカロリーが低く、繊維質が満腹感をキープしてくれるとか。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか
プロが指南!9の「間食」置き換えテクニック
健康
シェア
バナナよりキウイが◎!?プロが教える「健康的なおやつ」9
いつものおやつを別のものに置き換えて、より健康的に&体重増加を防いで♡
健康
シェア
外食続きで体重増…現役モデルは5日間、何を食べて元に戻す?
低カロリーでも、お腹を満足させるコツが盛りだくさん!