どれだけ食べる?1日に摂取すべき「野菜と果物」

お、ちょっとの工夫でできるかも!?

健康のために野菜をたくさん食べよう!とよく耳にはするけれど、実際1日にどれくらいの料の野菜と果物を食べるべきかって案外知らないもの。コスモポリタン イギリス版によればイギリスの公立研究大学インペリアル・カレッジ・ロンドンが調査実施、この研究の筆頭著者である同カレッジ公衆衛生大学院のダグフィン・ア博士は、「私たちは、病気や早死にを最大限に防ぐために、どの位の果物と野菜を食べるべきかを調べました。研究で得られた結果によると、1800グラムの量を摂取することが望ましいことがかりました」とコメント。

ADの後に記事が続きます

800グラムを摂取することで、早死にする確率が31パーセント減り、心臓病、心臓発作、循環器疾患、ガンなどのリスクが減少するそう。

ところが、野菜と果物なら何でもいいというわけではなく、種類によって予防できる病気も異なるのだとか。たとえばガンのリスクを減らすには緑、黄色、赤い野菜、そしてケール、カリフラワー、キャベツ、ブロッコリなどのアブラナ科野菜が効果的だそう。一方、リンゴや梨、柑橘類、葉野菜は心疾患や心臓発作を予防するとのこと。

この調査は95種類の研究を集計したもので、約200万人が対象。さらなる研究が必要であるとは言え、アヌ博士は、「この研究の結果、果物と野菜を多く摂ると健康に大きなメリットがあり、食べる量を増やすべきであることが明らかになりました」とコメント

まずは、明日から野菜を少し多めに摂ることから始めてみては?

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
人気女性ブロガーが伝える、「自信を持つこと」の重要性
健康
シェア
「セルフイメージ」に負けないで!ある女性の葛藤に共感
「自分を愛し、受け入れることができるようになる万能薬なんてありません」
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…