どれだけ食べる?1日に摂取すべき「野菜と果物」

お、ちょっとの工夫でできるかも!?

健康のために野菜をたくさん食べよう!とよく耳にはするけれど、実際1日にどれくらいの料の野菜と果物を食べるべきかって案外知らないもの。コスモポリタン イギリス版によればイギリスの公立研究大学インペリアル・カレッジ・ロンドンが調査実施、この研究の筆頭著者である同カレッジ公衆衛生大学院のダグフィン・ア博士は、「私たちは、病気や早死にを最大限に防ぐために、どの位の果物と野菜を食べるべきかを調べました。研究で得られた結果によると、1800グラムの量を摂取することが望ましいことがかりました」とコメント。

ADの後に記事が続きます

800グラムを摂取することで、早死にする確率が31パーセント減り、心臓病、心臓発作、循環器疾患、ガンなどのリスクが減少するそう。

ところが、野菜と果物なら何でもいいというわけではなく、種類によって予防できる病気も異なるのだとか。たとえばガンのリスクを減らすには緑、黄色、赤い野菜、そしてケール、カリフラワー、キャベツ、ブロッコリなどのアブラナ科野菜が効果的だそう。一方、リンゴや梨、柑橘類、葉野菜は心疾患や心臓発作を予防するとのこと。

この調査は95種類の研究を集計したもので、約200万人が対象。さらなる研究が必要であるとは言え、アヌ博士は、「この研究の結果、果物と野菜を多く摂ると健康に大きなメリットがあり、食べる量を増やすべきであることが明らかになりました」とコメント

まずは、明日から野菜を少し多めに摂ることから始めてみては?

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
まるで別人!痩せると「手」もこんなに変わる!?
健康
シェア
本人も驚き!ダイエットで「手」がこんなに変わる!?
痩せたら指輪も買い替えなきゃ!
「変えたかったのは心」。私が無茶なダイエットをやめるまで
健康
シェア
痩せても同じ「自分」。私が過激なダイエットをやめた理由
「"痩せた人=勝者"、"太った人=敗者"という考え方は間違いです」
夏前に知っておきたい!「紫外線」のメリット・デメリット
健康
シェア
皮膚科医が指南!「夏の太陽」でヘルシー美人になる
いつも日焼け止めで完全防備するのはもったいない!? 紫外線との正しい付き合い方を皮膚科医が伝授!
健康美を手に入れるために!忘れちゃいけないのは「免疫力」
健康
シェア
20代、30代女子の体調不良改善の鍵は「免疫力」にあり!?
月経不順、不眠、体調を崩しやすい…という人は免疫力が下がってるかも?今津先生が回答!
医師が解説!「二日酔い」のとき体が震えるのはなぜ?
健康
シェア
医師が解説!「二日酔い」のとき手が震えるのはなぜ?
飲み過ぎってだけじゃないみたい…
生理は「うつらない」!?あの都市伝説に新たな展開が…
健康
シェア
科学で検証!「生理はうつる」はやはり都市伝説だった!?
ちょっとがっかりするような…
フィットネススターが語る!心の「ビフォーアフター」
健康
シェア
変わったのは「心」!SNSスターのビフォーアフターが素敵
本当に大切な「変化」は、目には見えないのかも。
いいことずくめ!?バスルームに観葉植物を置くべき理由
健康
シェア
いいことずくめ!?バスルームに「観葉植物」を置く理由
アイデアは無限大♡
ランナーは長生き!?ランニングで寿命が延びる可能性が
健康
シェア
研究で判明!ランニングがあなたの寿命を延ばすかも…!?
しかも、1日たったの5分でいいらしい
人気セレブ15人が食べてる「朝食」を調べてみた
健康
シェア
人気セレブ15人の「朝食メニュー」を大調査!
セレブ達の1日は、しっかりとした朝食からスタート♡