暗がりでの「スマホの使いすぎ」で失明!?

ベッドに入っても、ついつい見ちゃってる…

今の時代、寝ても覚めても歩きながらでもスマホにかじりついているという人も多いのでは? そんなあなたが知っておくべき注意点をコスモポリタン アメリカ版からお届けします。

New England Journal of Medicineによれば夜にベッドの中でスマホを使いすぎた2人の女性が一時的に失明したんだとか! この症状はスマートフォンによる一過性の「失明」と呼ばれており、スマホを使用するすべての人々が陥る可能性があるんだそう。

同ジャーナルは、繰り返し発症する夜間視力低下悩む22女性のケースを紹介。2つ目のケースは、半年毎朝起きたとき15分失明した女性について。検査の結果、2人の女性は「暗闇でベッドに横たわっている時、スマホ画面を見た」後に上記のような症状を訴えたんだとか(最初のケースでは就寝前、2つ目のケースでは目が覚めた後スマホを使用

livescienceによると、複数の医者が各自の仮説を検証したところ、自らが暗闇でスマホ画面を見たとき、「視力が著しく低下し…回復するまでに数分を要した」という。

その原因は、明るいスマホ画面と暗闇のコントラストが引き起こす「光色素の差異的漂白」なんだそう。スマホ使用人口が爆発的に増加していることから、同ジャーナルは、このような症状は今後、増加するだろうと予測している。この報告書は具体的な解決法を一切提示しなかったものの、気をつけられそうなことといえば…。どうしても布団の下でYouTube見たい! という人は、せめてサングラスをかけるのが1つの手段かも。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
グウィネス一押し!「クリーンスリーピング」の取り入れ方
健康
シェア
グウィネス推奨!睡眠美容「クリーンスリーピング」の始め方
グウィネス・パルトロウが提唱するセレブ式睡眠法を、一般人が実践するには…?
人気トレーナーが伝授!「ボディメイク」を継続する秘訣10
健康
シェア
人気トレーナー推奨!「ボディメイク」に大切な心得10
インスタフォロワー53万人を誇る人気トレーナーの、体づくりの秘訣とは?
健康
シェア
人間の神秘!妊婦さんの「お腹の中」を解説する動画
内臓の位置って、めっちゃ変わるんだ…
健康
シェア
かっこいい!人気女性プロレスラーが考える「自信の持ち方」
「美は内面から輝くもの。見た目はみんな違うけど、健康でいることが自信を育ててくれるのよ」
今すぐ掃除を!雑菌まみれのオフィスアイテム9
健康
シェア
今すぐ掃除!雑菌が気になるオフィスアイテム9
これからは抗菌シートが手放せない!
SNSスターが見せた、「素顔」に隠された大切なこと
健康
シェア
SNSスターの素顔に、「いいね!」が殺到した理由
コンプレックスも、あなたの「個性」!
「恋をすると痩せる」理由はセロトニンにあり?
健康
シェア
「恋をすると痩せる」理由は幸せホルモン…?
幸せホルモン「セロトニン」と体重にはどんな関係が?
ボロボロだった過去を告白…イギリス人モデルに共感
健康
シェア
「ボロボロだった過去」に共感!英国人モデルの告白
「誰もパーフェクトじゃないし、誰かのために自分を変える必要はないのよ」
トレーニングを「止め」て、私が辿りついた幸せ【体験談】
健康
シェア
私が「筋肉質」→「あえてポッチャリ」体型を選んだ理由
「人生を謳歌し、自分のために生きることを選びました」
医師が解説!ブラをつけたまま寝て起こるリスク
健康
シェア
実はNG!?夜の「ブラ着けっぱなし」リスクを医師が解説
「胸の形をキープ」どころか、血液やリンパの流れを妨げる!?