暗がりでの「スマホの使いすぎ」で失明!?

ベッドに入っても、ついつい見ちゃってる…

今の時代、寝ても覚めても歩きながらでもスマホにかじりついているという人も多いのでは? そんなあなたが知っておくべき注意点をコスモポリタン アメリカ版からお届けします。

New England Journal of Medicineによれば夜にベッドの中でスマホを使いすぎた2人の女性が一時的に失明したんだとか! この症状はスマートフォンによる一過性の「失明」と呼ばれており、スマホを使用するすべての人々が陥る可能性があるんだそう。

同ジャーナルは、繰り返し発症する夜間視力低下悩む22女性のケースを紹介。2つ目のケースは、半年毎朝起きたとき15分失明した女性について。検査の結果、2人の女性は「暗闇でベッドに横たわっている時、スマホ画面を見た」後に上記のような症状を訴えたんだとか(最初のケースでは就寝前、2つ目のケースでは目が覚めた後スマホを使用

livescienceによると、複数の医者が各自の仮説を検証したところ、自らが暗闇でスマホ画面を見たとき、「視力が著しく低下し…回復するまでに数分を要した」という。

その原因は、明るいスマホ画面と暗闇のコントラストが引き起こす「光色素の差異的漂白」なんだそう。スマホ使用人口が爆発的に増加していることから、同ジャーナルは、このような症状は今後、増加するだろうと予測している。この報告書は具体的な解決法を一切提示しなかったものの、気をつけられそうなことといえば…。どうしても布団の下でYouTube見たい! という人は、せめてサングラスをかけるのが1つの手段かも。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
気になる抜け毛の原因は?専門家が徹底解説
健康
シェア
毛髪専門家による「抜け毛」の正しい基礎知識11
遺伝?栄養?ストレス?原因を探って正しい対策を!
健康
シェア
その腰痛、実はおしゃれが原因だった!
スキニーデニムにショルダーバッグ、フード付きパーカーまで、おしゃれアイテムが腰痛の原因に...
「私はインターセックス」。人気モデルが赤裸々告白!
健康
シェア
「インターセックス」って何?人気モデルが本当の自分を告白
子供時代に「強制的に手術を受けさせられた」という、彼女が伝えたいこととは?
カプサイシンを多く含む長寿食の唐辛子
健康
シェア
「辛い食べ物」は、長寿とダイエットの最終兵器?
辛いもの好きには願ってもない朗報!
運動によって変わるのは、「身体」以上に「心」!?
健康
シェア
自分を変えたい!体と心の改革に挑んだ女性の100日間
100日間ジムに通い続けた女性が、今伝えたいメッセージとは。
分かりやすい乳がんの徴候を教える「レモン画像」
健康
シェア
乳がんを発見!徴候を教える「レモン画像」って?
これは役立ちそう!
「歯ブラシ」を小まめに交換するべき5つの理由
健康
シェア
衝撃…歯ブラシを小まめに交換しなきゃいけない理由5
「定期的に交換しよう」と言われる理由はこれだった!
週末に運動に出かけた女性。週1回でも十分健康になれる!
健康
シェア
エクササイズは「週1度」で十分健康に?
毎日運動する時間がないあなたに朗報!
健康
シェア
人気トレーナーが食べている日本で買えるスイーツ
友達への贈り物にも自分へのご褒美にもなる、こだわりのスイーツを紹介します♪
健康
シェア
めざせ-7kg!2カ月限定ダイエット…は意外と簡単?
2017年は、トコトン「なりたい自分」を目指す1年に…!