暗がりでの「スマホの使いすぎ」で失明!?

ベッドに入っても、ついつい見ちゃってる…

今の時代、寝ても覚めても歩きながらでもスマホにかじりついているという人も多いのでは? そんなあなたが知っておくべき注意点をコスモポリタン アメリカ版からお届けします。

New England Journal of Medicineによれば夜にベッドの中でスマホを使いすぎた2人の女性が一時的に失明したんだとか! この症状はスマートフォンによる一過性の「失明」と呼ばれており、スマホを使用するすべての人々が陥る可能性があるんだそう。

同ジャーナルは、繰り返し発症する夜間視力低下悩む22女性のケースを紹介。2つ目のケースは、半年毎朝起きたとき15分失明した女性について。検査の結果、2人の女性は「暗闇でベッドに横たわっている時、スマホ画面を見た」後に上記のような症状を訴えたんだとか(最初のケースでは就寝前、2つ目のケースでは目が覚めた後スマホを使用

livescienceによると、複数の医者が各自の仮説を検証したところ、自らが暗闇でスマホ画面を見たとき、「視力が著しく低下し…回復するまでに数分を要した」という。

その原因は、明るいスマホ画面と暗闇のコントラストが引き起こす「光色素の差異的漂白」なんだそう。スマホ使用人口が爆発的に増加していることから、同ジャーナルは、このような症状は今後、増加するだろうと予測している。この報告書は具体的な解決法を一切提示しなかったものの、気をつけられそうなことといえば…。どうしても布団の下でYouTube見たい! という人は、せめてサングラスをかけるのが1つの手段かも。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか
プロが指南!9の「間食」置き換えテクニック
健康
シェア
バナナよりキウイが◎!?プロが教える「健康的なおやつ」9
いつものおやつを別のものに置き換えて、より健康的に&体重増加を防いで♡
健康
シェア
外食続きで体重増…現役モデルは5日間、何を食べて元に戻す?
低カロリーでも、お腹を満足させるコツが盛りだくさん!
外食しながら26キロ減!私が教える「ダイエットの秘訣」
健康
シェア
-26キロ!私が外食しながらダイエットに成功した方法
外食を楽しみながら、上手にバランスを取る方法とは…?