-57キロに成功!ダイエットが私に教えてくれたこと

​ダイエットの成功=体重を減らすことだけではない!?

人気の記事

ダイエットを始めても、続けるのは至難の業。だけどコスモポリタン イギリス版で紹介された女性、コナー・レンシュさん(26歳)は、2年間で約57kgもの減量に成功したのだとか!

「これまで、すごく大変な時期がいくつもあった。みんなは体重が減ったことが私にとっての最高の収穫だって思うかもしれないけど、私は体重の変化ではなく、日々のささいな変化が嬉しかった。例えば自分の体にバスタオルを巻き付けられるようになったり、誰かに抱きしめられても恥ずかしくなくなったり、お店に入って自分に合うサイズの洋服があったりすること。こういう瞬間が、私の人生をすっかり変えたの。体重の増減に一喜一憂するんじゃなくて、大事なのはダイエットの過程で自分を肯定して、自分に自信を持つこと。そして、周りの人の愛やサポートに、胸がいっぱいになったわ。私もまた、同じ目的を持っている人の願いがかなうよう手助けしてあげたいの。力をくれた人みんなに心から感謝してる。これからも美しくあり続けましょう」

コナーさんはウェブサイトで、これまでどれほど自分の体重に苦しんできたかを告白。

「6歳の頃から、自分を受け入れることや愛することに苦悩してきたの。結果、不健康な体重と絶え間ない葛藤が待っていた。学校ではいじめられ、慰めを食べ物に求めたの。孤独だったし、誤解されていると感じていた。自分は良い人間だと思っていたから、他の人たちが体型だけで私を判断することに困惑していたの。過食や自分を恥ずかしく思うことは、さらなる体重の増加と不幸につながるだけだった。体重が最高で約123kgの時期もあったの!」

そんなコナーさんは19歳のとき、自分のライフスタイルを変えようと一念発起。栄養士や個人トレーナーの助けを借りながら、少しずつ体重を減らしていったそう。そして今では、かつての自分と同じく体型に苦しむ若い女性を対象に、学校や大学で講演をしているのだとか。

To all who think it can't be done. IT CAN. #hardwork #LETSGO @trainandtransform

A post shared by Conner Rensch (@crensch) on

(減量なんてムリだと思ってる人、この写真を見て!)

もし自分のストレッチマーク(肥満や妊娠などで皮膚にできた線状の筋)をイヤだなと思っている人がいたら、コナーさんのこの言葉を心に留めてみて。

「私にはストレッチマークも傷跡もある。それらは私の人生を語っているし、美しいと思ってるわ

彼女のこれまでの頑張りや活動の様子は、コナーさんのInstagramにもアップされているので、気になる人はチェックしてみてね!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…
毎日「同じ時間に食べる」ことで、健康的に痩せられる!?
健康
シェア
規則正しい食事時間で、健康的にダイエット!?
「時間栄養学」による発見なんだとか