水分と油分のバランスが鍵!「保湿クリーム」の選び方

毎日使うものだから、こだわって選びたい

人気の記事

肌をキレイに保つなら、スキンケアにお金も時間も費やす以上、正しいアイテムを使いたいところ。そこで、コスモポリタン オーストラリア版から、肌タイプ別に保湿クリームの選び方をご紹介。

ニキビができやすい/オイリー肌

せっかく保湿クリームを塗ったのに、なんとなく肌が突っ張っているような気がしたら、肌に合っていない証拠。スキンケアのプロでエステティシャンのメラニー・グラントさんによると「濃厚すぎる保湿クリームは油っぽく、ギトギトした肌の原因になります」とのこと。

ADの後に記事が続きます

その場合は、軽いテクスチャーの乳液やジェル状の保湿剤に加え、テカリを防ぐ商品をTゾーンなどのオイリーになりがちな部所に使うのがよさそう。

「ニキビができやすいオイリー肌でも水分不足である場合があるので、ウォーターベースの商品で水分補給を心がけて下さい」とのアドバイスも。

「ナリシング(栄養補給)」という記載が含まれている商品は避けるのがベストだとか。

また、フィフティフォー・パークストリート・ヘルスクラブ&デイスパでマッサージセラピストとして勤務するケイコ・ホリカワさんは、「濃厚な保湿クリームは毛穴を塞ぐ可能性があるので、オイリー肌の人は避けたほうが無難です。ヒアルロン酸を配合している商品は保水効果がある上、肌に水分を引き寄せる効果もあります」とコメント。

「オイリー肌は毛穴を塞ぐ角質が溜まりやすいのですが、AHAやBHAは角質を防いでくれます。角栓づまりや白ニキビでお悩みなら、詰まった毛穴に浸透しないAHAよりもBHAがおすすめです」

乾燥肌

カサつきが気になるなら、潤いと油分の補給が必要。だからこそ、テクスチャーが濃厚でクリーミーな商品を選ぶのが重要。成分にオイルが含まれているかチェックを忘れずに。

「乾燥肌には栄養補給してくれるエモリエント処方がおすすめです。肌の油分と水分を増やしてくれる商品を選びましょう」と、メラニーさん。

ザクロエキスなど、抗酸化効果の高い成分は浸透力が強く、抜群の保湿効果があるんだとか。

混合肌

混合肌の人にとっては、顔のパーツによって乾燥していたり、ベトついていたりするのがもっぱらの悩み。

メラニーさんのおすすめは、セラムを塗った上にテクスチャーが軽めのウォーターベースの保湿クリームを重ね塗りし、リッチなアイクリームも併用すること。こうすれば、乾燥しているエリアに栄養が行き渡り、オイリーなエリアのテカリが抑えられるそう。

普通肌

あなたが普通肌の持ち主なら、肌をUVAとUVBから保護してくれる、持続性の保湿効果がある商品を選ぶのが良さそう。

夏にはサラッとしたタイプ、冬には濃厚なタイプに切り替えることを忘れずに。正しい商品を使っていれば、健康的な肌をゲットできるはず。

敏感肌または感作(かんさ)肌

まずは、これらの違いから。敏感肌は赤くなったり、アレルギーになりやすかったりする傾向が高い肌のこと。

感作肌は、何らかの物質と反応して異常が発生する肌。

メラニーさんによれば「感作肌とは、ストレス、旅行、刺激の強い成分や食物不耐性などが引き起こす、一時的な状態を指します。鎮静効果を謳う、原料の数が少ない、無香料の商品を選びましょう。敏感度のレベルによっては、AHA、レチノイド、粒子の粗いスクラブは避けるほうが無難です」とのこと。

また、ケミカルタイプの日焼け止めは肌トラブルを起こしやすいので、紫外線散乱剤が含まれている商品を選び、パッチテストを行うのもおススメ。

肌の状態と相談しながら、ベストな状態を目指してみてくださいね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN AU

コメントする

Read Next:
美容
シェア
「ラデュレ」舞踏会で踊る"足"のリップグロスって?
今にも動き出しそう♡
「ヴィクシーショー 2016」バックステージ・レポート
美容
シェア
「ヴィクシーショー 2016」のバックステージを覗き見♡
レディー・ガガも仲間入り♡人気モデルたちの素顔を一挙公開!
美容
シェア
コスモでしか読めない!日本、韓国、香港、中国の美容トレンド
アジア4カ国の編集部で共同制作。各国のビューティトレンドを動画に♪
美容
シェア
愛用商品まで徹底解剖!美を保つには月額いくらかかる!?
どこにどれだけお金をかければ、そんなに美しくなれるんですか!?
美容
シェア
2016年アジア女性の間で最も人気だった美容品とは?
4カ国のコスモポリタン編集部で今年最も人気だったビューティアイテムを厳選する「ASIAN BEAUTY AWARDS」を開催!
ハンバーガーを美味しそうに見つめる女性
美容
シェア
ダイエット経験者ならわかる!減量中の心の叫び14
大好物が「最大の敵」になる…
美容
シェア
タブー化しないで!デリケートゾーンのケア方法8選
産婦人科医の宋美玄先生が、デリケートゾーンの正しいケア方法を伝授!
ナチュラル美人の素!ハワイの最新スーパーフード事情
美容
シェア
ナチュラル美人の素!ハワイで話題の「スーパーフード」
食べてキレイになれるなんて、最高!
それNG!シェアすると危険なメイクアイテム10選
美容
シェア
ストップ!使い回してはいけないメイクアイテム10選
そこには目に見えないウィルスや細菌が…
デスクワークでお尻が平らに!その防止策は?
美容
シェア
デスクワークがお尻を平らに!?「オフィス尻」解決策は?
たしかに、1日8時間も座ってたら…。