面接でのメイク。面接官の性別でリアクションが異なる!?

ちょっと残念な事実…。

人気の記事

最近の研究で、メイクが濃い女性の方が薄い女性よりも稼ぎがいいという結果が出ていたというのは日本版でもご紹介したとおり。コスモポリタン イギリス版によると、今回はさらに、「面接官の性別によって、面接でのメイクの印象が変わる」という調査結果が出たんだとか。

スコットランドのスターリング大学が行った新たな研究によれば、求職者のメイクが、面接官の印象に影響を与えるそう。しかも、面接官が男性か女性かで、その反応が大きく異なるらしく…。

ADの後に記事が続きます

「男女とも、メイクをした女性が魅力的だという点では共通しているのですが、"ステータスの高さ"という点になると、男女によってその受け取り方には相当違いが出てくるようです」

その、"ステータスの高さ"とは、どのように定義づけられるのか? スターリング大学の博士研究員であるヴィクトリア・ミレヴァ氏は、「それには2つあります」と説明。1つは"支配"=「自らの力や操作によって人を従わせること」であり、もう1つは"尊敬"=「他者があなたについていきたいと思う良い意味でのメリットや性質を持っていること」なのだとか。

でも、これとメイクの濃さに、どういった関係が? 調査結果にはこんな記述が。「男性はメイクをした女性をより"尊敬すべきもの"とみなすのに対し、女性はより"支配的"だとみなします」。ミレヴァ氏によると、女性がメイクの濃い女性を"支配的"とみなす理由の1つは、「嫉妬、または潜在的な脅威の可能性がある」とのこと。

「追跡調査により、なぜ女性がメイクの濃い女性をより"支配的"とみなすのか調べたところ、嫉妬や潜在的な脅威が関わっている可能性が出てきました。メイクをした女性を査定する女性たちは、(メイクをしていない女性に比べ)メイクの濃い女性たちの方がより"軽薄で、男性へのアピール力が強い"というイメージを抱くようで、その点に嫉妬を感じているようです」

では、日本ではどうでしょう? 就職活動経験者である男女268人に、「男性の面接官と女性の面接官、どちらが面接を受けやすかったですか?」というアンケートをとったところ、男性面接官の方が受けやすかったという男子学生が80.4%で、女子学生は65.5%。女性面接官の方が受けやすかったという男子学生は19.6%で、女子学生は34.5%。つまり、「男性面接官のほうが話しやすい」と感じる学生のほうが、圧倒的に多いという結果に。ただ、「女性は同性に厳しい」と感じる女子学生が多かった一方で、「女性面接官は目を合わせてくれた」、「威圧的ではなかった」という意見も。また、「男女というより個々の相性です」といった意見も多かったのだとか。男女差を全く否定することはできないものの、「この人はどういう人だろうか?」というフラットな視点を持つことが大切なようです。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾はこちらから。
キャリア
シェア
どこで差がつく?20代で成功した女子から学ぶ「人脈づくり」
理想のライフスタイルを築き、キャリアアップに成功したコスモガールをご紹介!
女性起業家2人が「架空の男性社員」を必要としたワケ
キャリア
シェア
2人の女性起業家が「架空の男性社員」を作り出したワケ
性差別を逆手にとった女性たちがカッコいい!
輝く2018年に!参考にしたい世界のコスモガールの抱負
キャリア
シェア
輝く2018年にするために!世界のコスモガールの野望
海外移住、アートの制作、スキルアップ…5カ国のitガールの新年の目標をリサーチ!
キャリア
シェア
私はこうやってつかみ取った!「理想のライフスタイル」を築くまで
自分らしく輝くキャリア女子を徹底調査!憧れのライフスタイルはどうやって手に入れた?
優秀な女性ほどリスクあり!?「詐欺師症候群」とは?
キャリア
シェア
デキる女性が陥りやすい「詐欺師症候群」って、何?
自身を過小評価し不安になる「詐欺師症候群」、その傾向と対策をご紹介。
80年代、プレイメイトが過ごした刺激的な日々
キャリア
シェア
プレイメイトとして過ごした「刺激的」な80年代
雑誌『プレイボーイ』でプレイメイトに選ばれた女性に聞く、「プレイボーイ・マンション」って本当に大人の楽園? 彼女の80年代を振り返るエピソード
キャリア
シェア
人気モデルが子ども達の未来のために立ち上げたNPO団体とは
子供たちに夢を見つけてもらう「DREAM PROJECT」って?感動のエピソードも教えてもらいました。
【私の生き方】90年代、スーパーモデル全盛期のパリで学んだこと
キャリア
シェア
90年代スーパーモデル全盛期のパリで学んだ生き方
新しいことに挑戦し続ける! パワフルに生きるSAKURAさんの秘訣とは?
キャリア
シェア
必ずYESと言う!ラッシュの商品開発、アイデアの源は?
ラッシュの個性的な商品って、どんな人が作ってる? ラッシュ共同創立者ロウィーナ・バードさんインタビュー
キャリア
シェア
人気モデルが立ち上げた、子ども達のためのボランティア活動
夢を持って生きて欲しい!NPO団体「ランド・オブ・ドリーム」に込められた思いとは?