皮膚科医が伝授!肌にのせる化粧品の「適量」って?

専門医が解説する、基礎化粧品の正しいつけ方。

スキンケアをした後に、小さな塊のようなものが肌についていた経験、ない? 角質? それとも、保湿液や日焼け止めが指の汚れ(!)と混ざって固まったもの?

これに対する答えを求め、コスモポリタン イギリス版が皮膚科専門クリニック<Schweiger Dermatology Group>のレイチェル・ナザリアン 医師に問い合わせたところ、以下のような回答が。

ADの後に記事が続きます

「最も考えられることは、化粧品のつけ過ぎです」とナザリアン医師。「1度に肌が吸収できる化粧品の量は限られています。ですから、もし肌に残っているようなら、量を減らしましょう」。

また、もう1つの可能性としては、「組み合わせている化粧品の材料があまりに違うのかもしれません。例えば、ウォーターベースに、シリコンベースに、ワックスベース、という具合です」とのこと。だからこそ、肌につける化粧品は順番が大事、とナザリアン医師。アルコールフリーの化粧水の後に、美容液、保湿液、アイクリーム、日焼け止めの順番で行う――つまり、軽いものから重いものの順番を守ることが大切なんだとか。

ちなみに、適量とされる目安は下記。

化粧水と美容液直径2センチ弱

保湿液:2センチ強

アイクリーム:小豆

日焼け止め:2センチ強

さらに以下のコツを守ると良いそう。

1.湿った肌で始めること。吸収率が10%アップ!

2.やさしく塗り込むこと。

3.次のステップに進む前に、1~2分待つこと。

これは、今日からさっそく試してみる価値がありそう!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
エイジングケア=お値段高めのイメージだけど、プチプラアイテムもかなりの充実っぷり! そこで、年齢を感じさせない肌に導く、お手頃価格のスキンケアを紹介。エイジングケアのファーストステップはこれから始めるのもイイかも♡
美容
シェア
ALL2000円以下!お手頃価格のアンチエイジングアイテム7
ドラッグストアで買えちゃうものも! プチプラだけど頼もしいケアアイテムをご紹介♡
寒暖差による頰の赤み、冷えによるくすみなど、ファンデだだけではなかなかカバーできない肌の悩みを解消する、優秀コントロールカラーをピックアップ。ほんのり仕込むだけで、肌トーンを明るく整えベースの仕上がりがさらに美しく♡ いつものメイクにプラスして、絶品肌に整えて。
美容
シェア
赤ら顔やくすみに!仕込むだけで整う「名品コントロールカラー」
ファンデだけではカバーしきれない悩みを解消してくれる、8つの優秀アイテム!
美容
シェア
半年でマイナス10キロを達成した私のダイエット法
運動する時間がなかった私でも痩せることができた理由
90年代スーパーモデル5人の「エイジレス」の秘密
美容
シェア
エイジレス!元祖スーパーモデルたちの美の秘訣19
90年代から変わらず美しいのはなぜ?元祖スーパーモデルの美容術を大調査!
「世界の美女」でモデル、ミリーの美ボディキープ術11
美容
シェア
「世界の美女」、ミリー・マッキントッシュの美容術11
料理は作り置き、何でも適度に食べて、朝から運動!
リアルな「産後ボディ」を披露したママブロガーに拍手!
美容
シェア
拍手!ママブロガーがリアルな「産後ボディ」を披露
「産後の体は、1日では元に戻らないわよ」
美容
シェア
ぐっすり睡眠を香りでサポート♡アロマコスメ9選
良質な眠りのためには、バスタイムやベッドサイドに心地よい香りを♡
意外と雑…?セレブの「アンダーヘア処理」に関する発言9
美容
シェア
自然派?ツルスベ派?セレブ9人がアンダーヘア事情を告白
処理方法の多数派は意外にも…!?
美容
シェア
欲張りスキンケアでがんばった肌にご褒美を♡
忙しくてケアする時間がない人に朗報!たった1本であれこれいろんなケアができちゃう名品を揃えました。
美容
シェア
うるもちBODYをお風呂で作れる名品10
せっかくお風呂で温めた体を冷やしながらケアするなんてもってのほか!