有名デザイナー&モデルが教える、旅を楽しむ12のコツ

デザイナーのマイケル・コースと、モデルのリリー・オルドリッジが教える「旅の秘訣」

人気の記事

大物ファッションデザイナーのマイケル・コースと、彼のブランドの新フレグランス<Wonderlust>の広告塔を務めるリリー・オルドリッジ。世界を股にかけて活躍し、各国を飛び回っている2人に、コスモポリタン アメリカ版が「旅を楽しむコツ」について尋ねました!

1.あえて迷子になってみる

「バカンスには、まるで迷子になったかのような感覚が得られる場所を選んでいるんだ」と話すマイケル。「そうすれば、日常のすべての人や物事から離れられる。つまり自分と一緒に旅をしている人とだけ、触れ合えるってことなんだ」。

ADの後に記事が続きます

2.ロマンチックな旅行先は、身近にあることも

「私にとってのロマンチックなバカンス先は、気候が温暖で夜でも外にいられるところ。特に、キャンドルが並べられているような場所ね」と、リリー。「そのうちの1つが、米テネシー州なの」。

Thanks for coming to my wedding, y'all 😂🇬🇷🐚

A post shared by Margaret Zhang 章凝 (@margaret__zhang) on

3.慣れた場所(安全地帯)から飛び出してみる

「これまでで最高の冒険の1つは、南アフリカのサファリでトラックから降りたことだよ(もちろんガイドの許可付きで)」と、マイケル。「ガイドは何度も『怖がらないで。絶対に怖がっちゃだめ』と言ってたよ。だけどそんなの無理だった(笑)。あのときの興奮は忘れられないし、これほど野生の世界に近づけたことは驚きだった」。

4.遠出ができなくても、近場で"逃避行"はできる

マイケルいわく、それには方法がいくつかあるようで…

【その1】

「自分がフォローしている人たちのInstagramをチェックすれば、旅気分が味わえる。モデルやデザイナー、女優など、頻繁に外の世界に出ている人たちがアップしたInstagramはアドベンチャー記録の宝庫だから。彼らはこういったユニークな場所を伝えてくれる、素晴らしいリポーターなんだ」

Bright blue mornings 🙌🏼 @aman

A post shared by Lucy Williams | Fashion Me Now (@lucywilliams02) on

【その2】

「まずは顔を上げてみよう! 僕はニューヨークで生まれ育ち、今もこの地に住んでいるけれど、あれこれ観察しながら街を歩いているだけで、いろんな発見がある。地元にいても、新しいものや、これまでとは違った何かが見つかるはずだよ」

🇬🇷🌺🌸🌷

A post shared by Harley Viera-Newton (@harleyvnewton) on

【その3】

「(ライヴや舞台、映画などが見られる)劇場に足を運んでみよう。劇場内で過ごすのは、まるで小旅行に行くようなものだよ。日常のあれこれから自分を解放するんだ。だから僕も仕事でいっぱいいっぱいになったときや、バカンスに行く暇がないときは、劇場で2時間半を過ごすことにしている。それだけで、かなりリフレッシュできるから」

ADの後に記事が続きます

【その4】

「匂いをかいだだけで、バケーション気分に浸れる香りを身につけよう。僕の場合は、ジャスミンやプルメリアの花かな」

5.常にオープンマインド&流れに身を任せる

これは、マイケルとリリー双方のモットー。「長丁場のフライトに怖気づく人も多いけど、見たいと思っていた映画や読みたいと思っていた雑誌がたくさん読めるっていう利点もあるよ」と、マイケル。「日常という現実を離れ、どこかへ行けるという幸運に感謝するのはいいことだよ」。

一方リリーは、「バカンスではあまり自分のやり方に固執すべきじゃないと思うの。つまりオープンになるってこと。食べたことがないからといって、旅先で出会った新しい食べ物に挑戦しないのはナンセンスだと思う。現地の文化や物事を受け入れようとする姿勢はとても大事ね」とコメント。

Last Greek breakfast in my dream room in paradise 😓 @michaelkors #wonderlust

A post shared by Harley Viera-Newton (@harleyvnewton) on

6.備えはできるかぎり万端に

「考えられる健康上のトラブルに対応する薬は、何でも持っていくようにしているよ」と、マイケル。「何があるかわからないじゃないか。旅行の持ち物はほとんどの場合、服よりもドラッグストアで買った薬のほうが多いかも!」。

7.シワにならないものをパッキングする

「どこに行く場合でも、ベーシックなアイテムを詰めるようにしているんだ。それはTシャツでもニットでも同じ。それから、シワの心配をしなくてすむものを選ぶようにしているよ」と、マイケル。

8.何通りにも着まわしのできるアイテムを選ぶ

「融通のきかないファッションアイテムは持っていかないことにしてるよ。それは無駄でしかないから」と、マイケル。「そうすることで他の靴を持っていけるスペースが生まれることもあるしね」。これぞ一石二鳥!

9.衝動買いに注意! 旅先で買うのは、日常使いができるものだけ

「僕は大抵の場合、黒や白、グレー、そしてネイビーのアイテムを身につける。だけど数年前に訪れた(イタリアの)カプリでは、皆がカラフルな服を着ていた。そこで僕もつられて、とにかく鮮やかなセーターやシャツを何枚も買い込んだんだ。でも、いざ自宅に戻ってみると"こんなの一体いつ、どこで着るんだ?"という感じになってしまった。だから旅先の記憶がよみがえり、なおかつ日常でも違和感のないアイテムを選ぶのがオススメだよ。そうすれば何度も着られるからね」

ADの後に記事が続きます

10.事前に情報収集をすること、だけど不測の事態に対処するキャパも残しておく

「旅先で自分が何をしたいのか、わかっていると楽しいわね。だから旅の前には何ができるのか調べるの」と、リリー。「だけどあまり予定を詰め込みすぎないようにもしてるわ。だって実際に行ってみないと、そこに何が待っているかなんてわからないでしょ。バカンスでは大ざっぱな計画を立て、あとは流れに身を任せるの」。

Day dreaming 🐚☀️🌴

A post shared by Lily Aldridge (@lilyaldridge) on

11.サングラスは必須アイテム

マイケルいわく、長時間のフライト後の気分をしゃきっとさせてくるのはサングラスをかけることなのだとか。ちなみに彼のお気に入りは、自身のブランドの黒いアビエーター。

So long to glorious Greece! Great history, people and sunny days. -xxMK #Wonderlust

A post shared by Michael Kors (@michaelkors) on

12.作りのしっかりとしたスーツケースを用意し、パッキング術を身につける

「機内持ち込み用の鞄には、できるだけ詰めるようにしているの。それに、たくさんのアイテムが入るパッキングのテクニックも学んだのよ」と、リリー。「ネットでそういった方法を探していたら、1人の女性が見事に荷物をスーツケースに詰めていく動画をYouTubeで見つけたの。とにかくたくさんのアイテムを詰めてた。信じられなかったほどよ。彼女は省スペースとシワ防止のため、すべての服を丸めていたの。それを詰める様子は、まるでパズルみたいだった。あまりにもすごすぎて、彼女が使っていたTumi(トゥミ、米カバンメーカー)のスーツケースを買ってしまったほど! おかげでたくさん荷物を入れられるようになったわ」。

リリーも驚愕したというのが、このビデオ。

そして最後のアドバイスは…とにかく楽しむこと!

Dancing up a storm with @LilyAldridge in Greece for #Wonderlust.

A post shared by Michael Kors (@michaelkors) on

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
ライフスタイル
シェア
【SNAP】ラテン系美女たちの「今キブンな夜遊び」を調査!
フィレンツェで見つけた美女たちの刺激的なナイトライフとは?
有色人種の女性たちによる「水着特集」のパロディ写真
ライフスタイル
シェア
有色人種の女性たちによる「水着特集」パロディが素敵
美にはいろいろな色や形が存在するってこと!
「色」が与える影響と、インテリアへの上手な取り入れ方
ライフスタイル
シェア
「色」で部屋はどう変わる?プロが教えるコーディネート術
プロの解説を参考に、賢くカラーを取り入れて♡
感性を刺激する「アート作品」6選
ライフスタイル
シェア
そういう意味なんだ…!感性が刺激されるアート6選
芸術の秋に、自分のクリエイティビティが目覚める!
第2子は「やんちゃ」が多い?研究で傾向が明らかに
ライフスタイル
シェア
なぜ?次男に「やんちゃな性格」の人が多い理由
「次男坊はマイペース」は本当だった?
ライフスタイル
シェア
その道のプロに聞け!?人生相談ができるバー4選
探偵にお坊さん…。家族や友だちには言いづらいことも、ついポロリと話せてしまうかも。
キュンとくる理由があって、お家でヘルメットをつけるある家族
ライフスタイル
シェア
キュン♡ある家族が「家でヘルメット」をつける理由
そこには弟を想う、優しいお姉ちゃんが…
50万人以上の心に刻まれた、あるシングルマザーの告白
ライフスタイル
シェア
50万人以上が共感した、ある子育てママの「涙の訴え」
ADHDを抱える娘を持つシングルマザーが、世間に伝えたかったこと。
ライフスタイル
シェア
「お酒の場での女の嗜み」を女装家ブルボンヌがブッタ斬り!
人間性も色気もお金の使い方も、お酒の場だからこそ出ちゃうもの。アナタはヤラカシてない?
ライフスタイル
シェア
デートで一度は行ってみたい♡都内の絶景ホテルバー6選
それぞれのバーがおすすめする、秋限定カクテルやメニューもお届け♡