やりすぎ注意?SNSがもたらす5つのキケン信号

さまざまな調査や事件から導き出された"意外なリスク"って?

人気の記事

SNSについていろんな議論が飛び交う昨今。実際、"SNS疲れ"を感じている人は少なくないのでは? 「これなしには1日も生活できない!」と思う反面、「今すぐスマホを放り投げたい!」という衝動に駆られるような…。

役に立つ情報も多く、便利なSNSですが、コスモポリタン アメリカ版によると、こんな意外なリスクも報告されているのだとか。

ADの後に記事が続きます

1.摂食障害になる可能性が高まる

2016年、ピッツバーグ大学医学部は、アメリカ在住の19歳から32歳の成人1,765人を調査。その結果、ほとんどの時間をSNSに費やしている人々は、摂食障害や、容姿に対するイメージ障害に陥るリスクが、(SNSを見る時間が少ない人に比べて)2.2倍にのぼるとのデータが。すでにそうした問題を抱えていたからこそSNSにのめり込んだのか、あるいはSNSによってそうした問題が促進されたのかは明らかになっていないものの、ちょっと考えさせられる数字かも?

2.不安を増大させる可能性がある

インディアナ大学の2015年の調査によると、若い女の子はSNSに自分がカワいく見える写真を投稿するのに対し、男の子は自分が達成したこと(賞をもらった等)を示す写真を投稿する傾向があるのだとか。レオナルド・サックス博士がニューヨークタイムズ紙に語ったところによると、それによって、"女の子は容姿に縛られ、男の子よりもストレスがたまる"と見られているのだそう。つまり、自分の投稿に「いいね!」が少ないと、自分にはあまり価値がないのだと思ってしまう可能性が高いということ。これは若い女性に限らず、女性全般に言えることかもしれません。

3.頭が鈍くなる可能性がある

コーネル大学と北京大学の研究者の調査によると、頻繁にリツイートする人々は、(しない人々より)理解力と情報処理能力が下がるのだとか。調査内容は、中国人学生を2つのグループに分け、それぞれにツイッターに似たアプリを使用させるというもの。一方のグループにはメッセージをシェアしたり転送したりする選択権を与えたのに対し、他方のグループにはそれを制限。すると、シェアするかどうかの選択肢がある方は、シェアするべきかどうかを悩む、「認知的過負荷」を感じていたそう。その後すぐ、イギリスの科学誌『ニューサイエンティスト』の記事を読んでもらったところ、頻繁にリツイートしていたグループの方が記事の理解度が低かったのだとか。コーネル大学の人間発達学専門家チー・ワン教授も、試験前にネットサーフィンをしたりSNSを見た学生は、(見ていない学生よりも)点数が下がる可能性があると指摘しているそう。

4.GPSによって不審者に狙われる可能性がある

201512月のこと。カリフォルニアの44歳の男が、インスタグラムやフェイスブックの位置情報から、GPSを使って女子学生の家に押し入り、下着を盗むという事件が発生。事件後、警察署は女性たちにプライバシーや位置情報について厳重にチェックするよう警告したそう。というのも、携帯電話のOSアップデートなどによって電話が初期設定に戻ってしまうことがあるからなのだとか。

5.大切な人との関係を壊す可能性がある

アメリカの世論調査機関ピュー研究所の電話調査によると、アメリカ人の15%SNSによって友情が壊れたことがあり、12%が面と向かって対立する事態に陥り、11%がSNSのやりとりで家族内に問題が起きたと回答したのだとか。問題は職場にまで及び、3%がSNSによって仕事上のトラブルが起きた、と答えたそう。

と、並べてみるとなかなか怖いラインナップですが、つきあいもあるし、今すぐ止めるというわけにもいかないのが現実なのでは? まずはやりすぎに注意し、チェック頻度を下げることから、始めたいものですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
モデルの「意識が変わった」!修正なしの水着キャンペーン
ライフスタイル
シェア
修正一切なし!モデルの意識を変えた「水着キャンペーン」
「撮影を通じて、恥じることなんて何もないんだと気づけたわ」
仕事を辞めて世界旅行!私たちが実践した「お金の使い方」
ライフスタイル
シェア
仕事を辞めて世界旅行!私たちが実践した「お金の使い方」
ポイントは、「いかに資金を持たせるか」!
産まない選択をした人
ライフスタイル
シェア
「産まない人生」を選んだ女子が聞き飽きた10の言葉
どんな道を選んでも、幸せかどうかを決めるのは「自分」
1年間何も買わずに過ごしたら、どうなる?【体験談】
ライフスタイル
シェア
1年間何も買わずに過ごしたら、いくら貯まる?【体験談】
"不要なもの"を買うのを一切やめてみた結果…
アメリカで最も高級な250億円の豪邸
ライフスタイル
シェア
280億円…!?アメリカで最も高級な家を覗き見!
家にヘリポートがあるって…
ライフスタイル
シェア
フランス旅行が当たる!フランフラン25周年キャンペーン
エールフランスのペア航空券が当たるチャンス。締め切り間近なのでいますぐ応募して!
30代から20代へ。人生における大切なアドバイス13
ライフスタイル
シェア
30代が20代に贈る、人生の大切なアドバイス13選
人生は一度きりだから。
リビングが落ち着かない…専門家が教える9の対処法
ライフスタイル
シェア
専門家が伝授!あなたのリビングを快適にする9の方法
ちょっとした工夫で、部屋が快適になるかも?
私が会社に行きながら、1年で10カ国旅した方法
ライフスタイル
シェア
会社員として働きながら、1年で10カ国旅する方法
人生にはオンとオフのバランスが大切。
不動産価格が、「もっとも高い世界の都市」トップ10
ライフスタイル
シェア
住むのに「お金がかかる」世界の都市ランキング10
あなたが住みたい街も入ってるかも…?