えっ?「高齢の出産」に驚きのメリットが

​産まれてくる子はより健康で、学力も高い!?

もっと読む THIS WEEK TOP10(8/12~8/18)
9 articles
【SNAP】働く美女たちの「密かな野望」を大調査!NY編
夏のおしゃれは「足首」次第!
ブラジリアン柔術の選手を目指す美人モデル

「出産適齢期に産んだ子供は能力が高い」、とはよく言われることですが、コスモポリタン アメリカ版からはこんなニュースが。「Population and Development Review(人口と開発/原題)」に発表された論文によると、年長の両親から産まれた子どもは、学力が高いだけでなく、身長も高いのだとか。

マックス・プランク人口統計学研究所と、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの研究者が、スウェーデンで1960年から1991年までに生まれた150万人以上を対象に、兄弟を比較調査したところ、遅めの出産(45歳で生んだ女性も!)で産まれた弟や妹が、多くの点で優れていると判明。両親が若いときに生まれた第1子より、背が高く健康で、学力も上。大学進学率が高く、標準的なテストの成績も良いとの結果が出たのだそう。

ADの後に記事が続きます

なぜ母親が高齢の方が、子供の健康状態が良く、学力も高いのか。研究者はその理由について、(欧米では)社会全体が進歩を続け、ヘルスケアや教育を受けやすくなっていくからだと指摘。出産年齢が遅いほど、子供がよりよい人生を送るチャンスが高まるということのよう。

ニュースサイト<Quartz>には「スウェーデンは世界標準とはかけ離れた国で、大学まで授業料が無料のため、より大勢が高等教育を受けられる。だから調査結果は限定的」と記されていますが、学業やキャリアのために出産が遅めになる女性が多い、アメリカやイギリスのような国にも当てはまるかも…?

高齢出産ではダウン症の発症率が上がり、成人後に糖尿病や高血圧、アルツハイマー病にかかるリスクも増加すると言われていますが、遅めの出産の利点は、全体として見れば欠点を補って余りあるという見方も。

マックス・プランク人口統計学研究所のミッコ・ミルスキラは「高齢出産について、私たちは見方を変える必要があります。高齢出産にリスクが伴うことはよく知られていますが、実はよい面もあるのです」と語っています。

※この翻訳は、抄訳です。

TranslationYuko Oguma

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
炭水化物の摂取量を制限する「低炭水化物ダイエット(ローカーボダイエット)」。世界中で話題になったダイエット法で、一時は人気セレブも実践していると言われていた。ダイエットトレンドの移り変わりとともに、最近はあまり聞かなくなったけれど、ここでもう一度そのダイエットの効果を検証。低炭水化物ダイエットを実践中の人も、これから挑戦しようと思っている人も、ぜひ参考にしてみて。
健康
シェア
「低炭水化物ダイエット」の知っておくべき6つのこと
肉類と脂質は好きなだけ食べていいというのは間違い!?
研究で判明!「怒り」の感情が、睡眠の質を下げている!?
健康
シェア
怒ったまま寝ると「睡眠の質」が下がる!?
ベッドに入る前に、心配事は忘れて彼との仲直りを心掛けて♡
メンタルヘルスのプロ5人が実践する「セルフケア術」
健康
シェア
メンタルヘルスのプロが教える「セルフケア術」5つ
その道のプロだって人間。ストレスを感じたときは、どう対処してる?
大きなハンバーガーとダイエット中に食べる小さなハンバーガー
健康
シェア
研究で発覚!ダイエットは「休憩」を挟んだ方が効果的!?
ストイックになりすぎないのがコツなのかも
栄養士8人が回答!「二日酔い」のとき何食べてる?
健康
シェア
栄養士8人が回答!「二日酔いの朝」に食べるのは?
大きく分けると3つ!
見た目では判断できない!女性が語る「摂食障害の真実」
健康
シェア
見た目で判断しないで!女性が伝える「摂食障害の真実」
「内面が回復しない限り、どうやっても自分の外見を愛せるようにはならないんです」
ママと赤ちゃん/病院で、体重計に貼られていたメモ「体重計は数字を測るだけで、あなたの美しさを測るものではありません」
健康
シェア
診療所の体重計に貼られていたメモに、産後ママが感動♡
産後太りを気にするママを癒やしたのは?
バーに並べられたお酒
健康
シェア
研究が指摘!お酒の飲み過ぎが脳に与える悪影響
お酒をよく飲む学生の脳に現れた変化とは…?
ダイエット中に最適♡専門家が教えるヘルシーおやつ10
健康
シェア
ダイエット中もOK♡専門家が教えるヘルシーおやつ10
おいしく食べて健康にダイエット!
深刻な事態になる前に!要注意な「ストレスのサイン」10
健康
シェア
ただのストレスじゃない!?専門家による「要注意の症状」10
忙しさのせいにして見過ごしがちな不眠や頭痛、イライラが、実は疾患のサインであることも!?