えっ?「高齢の出産」に驚きのメリットが

​産まれてくる子はより健康で、学力も高い!?

もっと読む THIS WEEK TOP10(8/12~8/18)
9 articles
【SNAP】働く美女たちの「密かな野望」を大調査!NY編
夏のおしゃれは「足首」次第!
ブラジリアン柔術の選手を目指す美人モデル

「出産適齢期に産んだ子供は能力が高い」、とはよく言われることですが、コスモポリタン アメリカ版からはこんなニュースが。「Population and Development Review(人口と開発/原題)」に発表された論文によると、年長の両親から産まれた子どもは、学力が高いだけでなく、身長も高いのだとか。

マックス・プランク人口統計学研究所と、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの研究者が、スウェーデンで1960年から1991年までに生まれた150万人以上を対象に、兄弟を比較調査したところ、遅めの出産(45歳で生んだ女性も!)で産まれた弟や妹が、多くの点で優れていると判明。両親が若いときに生まれた第1子より、背が高く健康で、学力も上。大学進学率が高く、標準的なテストの成績も良いとの結果が出たのだそう。

ADの後に記事が続きます

なぜ母親が高齢の方が、子供の健康状態が良く、学力も高いのか。研究者はその理由について、(欧米では)社会全体が進歩を続け、ヘルスケアや教育を受けやすくなっていくからだと指摘。出産年齢が遅いほど、子供がよりよい人生を送るチャンスが高まるということのよう。

ニュースサイト<Quartz>には「スウェーデンは世界標準とはかけ離れた国で、大学まで授業料が無料のため、より大勢が高等教育を受けられる。だから調査結果は限定的」と記されていますが、学業やキャリアのために出産が遅めになる女性が多い、アメリカやイギリスのような国にも当てはまるかも…?

高齢出産ではダウン症の発症率が上がり、成人後に糖尿病や高血圧、アルツハイマー病にかかるリスクも増加すると言われていますが、遅めの出産の利点は、全体として見れば欠点を補って余りあるという見方も。

マックス・プランク人口統計学研究所のミッコ・ミルスキラは「高齢出産について、私たちは見方を変える必要があります。高齢出産にリスクが伴うことはよく知られていますが、実はよい面もあるのです」と語っています。

※この翻訳は、抄訳です。

TranslationYuko Oguma

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
人気女性ブロガーが伝える、「自信を持つこと」の重要性
健康
シェア
「セルフイメージ」に負けないで!ある女性の葛藤に共感
「自分を愛し、受け入れることができるようになる万能薬なんてありません」
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!