「歯の矯正」で起こる、ティーンならではの葛藤

​キスさえトラウマ…

将来のためを思って行う「歯の矯正」。でも、あの独特の器具を歯に着ける日々には、こんな苦労が…。

コスモポリタン イギリス版がまとめた、「歯の矯正における15の葛藤」をお届け。

1.歯科矯正医から、矯正具を付ける期間は少なくとも"2年間"と言われ、発狂しそうになった

友だちからどんなあだ名をつけられるか、考えただけで泣きそうな気持ちに…。

ADの後に記事が続きます

2.歯の型取りで気分が悪くなる

3.知り合いから「口を開けて、見せてよ」と言われる

4.口を開けないで笑顔を作る方法を瞬時に身につける

しかもそれが、今でも癖になっている…。

5.(金属ではなく)透明な矯正具を付けたかった

だけど金額が折り合わず。

6.キスは苦痛でしかなかった

相手にドン引きされないか冷や冷や…。

7.食べるのにもひと苦労

食べ物が矯正器具の隙間に挟まったら、もう最悪! 

8.(歯科で)矯正器具を締め付けられる痛みは、出産よりもひどいと本気で思っていた

9.何らかの拍子で矯正器具が外れたら、めっちゃアタフタする

10.口の中の不快感から逃れられない

矯正器具のワイヤーが頬の内側に刺さったときは、もう痛いのなんのって。

11.口を開けたまま眠り、目覚めたときはよだれまみれ

12. 空港で金属探知機を通るとき、妙にハラハラする

13. 器具装着期間が延長になったときの絶望感がハンパない

14.ついに矯正器具のワイヤーを外したと思ったら、歯がヌルヌルに感じる…

装着期間が長すぎて、"普通の感触"に違和感が。

15.いろんなことがあったけれど、それを乗り越えたおかげで今のキレイな歯並びがある!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
美容
シェア
おさえておきたい! ラグジュアリーコスメ12選
誰よりも素敵になれるとっておきのラグジュアリーコスメを厳選。プレス担当者からのオススメコメント付き!
レブロン シアラ
美容
シェア
シアラが輝き続けるのは「美しさと自信」があるから。
日本の女子に贈る、「自分の美しさ」と向き合う方法
美容
シェア
「ラデュレ」舞踏会で踊る"足"のリップグロスって?
今にも動き出しそう♡
「ヴィクシーショー 2016」バックステージ・レポート
美容
シェア
「ヴィクシーショー 2016」のバックステージを覗き見♡
レディー・ガガも仲間入り♡人気モデルたちの素顔を一挙公開!
美容
シェア
コスモでしか読めない!日本、韓国、香港、中国の美容トレンド
アジア4カ国の編集部で共同制作。各国のビューティトレンドを動画に♪
美容
シェア
愛用商品まで徹底解剖!美を保つには月額いくらかかる!?
どこにどれだけお金をかければ、そんなに美しくなれるんですか!?
美容
シェア
2016年アジア女性の間で最も人気だった美容品とは?
4カ国のコスモポリタン編集部で今年最も人気だったビューティアイテムを厳選する「ASIAN BEAUTY AWARDS」を開催!
美容
シェア
タブー化しないで!デリケートゾーンのケア方法8選
産婦人科医の宋美玄先生が、デリケートゾーンの正しいケア方法を伝授!
ナチュラル美人の素!ハワイの最新スーパーフード事情
美容
シェア
ナチュラル美人の素!ハワイで話題の「スーパーフード」
食べてキレイになれるなんて、最高!
それNG!シェアすると危険なメイクアイテム10選
美容
シェア
ストップ!使い回してはいけないメイクアイテム10選
そこには目に見えないウィルスや細菌が…