「歯の矯正」で起こる、ティーンならではの葛藤

​キスさえトラウマ…

将来のためを思って行う「歯の矯正」。でも、あの独特の器具を歯に着ける日々には、こんな苦労が…。

コスモポリタン イギリス版がまとめた、「歯の矯正における15の葛藤」をお届け。

1.歯科矯正医から、矯正具を付ける期間は少なくとも"2年間"と言われ、発狂しそうになった

友だちからどんなあだ名をつけられるか、考えただけで泣きそうな気持ちに…。

ADの後に記事が続きます

2.歯の型取りで気分が悪くなる

3.知り合いから「口を開けて、見せてよ」と言われる

4.口を開けないで笑顔を作る方法を瞬時に身につける

しかもそれが、今でも癖になっている…。

5.(金属ではなく)透明な矯正具を付けたかった

だけど金額が折り合わず。

6.キスは苦痛でしかなかった

相手にドン引きされないか冷や冷や…。

7.食べるのにもひと苦労

食べ物が矯正器具の隙間に挟まったら、もう最悪! 

8.(歯科で)矯正器具を締め付けられる痛みは、出産よりもひどいと本気で思っていた

9.何らかの拍子で矯正器具が外れたら、めっちゃアタフタする

10.口の中の不快感から逃れられない

矯正器具のワイヤーが頬の内側に刺さったときは、もう痛いのなんのって。

11.口を開けたまま眠り、目覚めたときはよだれまみれ

12. 空港で金属探知機を通るとき、妙にハラハラする

13. 器具装着期間が延長になったときの絶望感がハンパない

14.ついに矯正器具のワイヤーを外したと思ったら、歯がヌルヌルに感じる…

装着期間が長すぎて、"普通の感触"に違和感が。

15.いろんなことがあったけれど、それを乗り越えたおかげで今のキレイな歯並びがある!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
美容
シェア
もらったら絶対嬉しい!予算別ビューティギフト12選
女子会メンバー用2,500円、親友用5,000円、目上の方用10,000円の予算別でセレクト!
美容
シェア
【砂漠肌必見】PRがレコメンドする超保湿アイテム10
カラッカラに乾いた砂漠のような肌は、溺愛ブランドPRが推す保湿アイテムで生き返らせて!
歴史上の美女の美容法
美容
シェア
歴史に名を残す美女8人。その美はどうやって作られた…?
今のように科学の裏付けもない時代。彼女たちの美容法はどんなもの?
美容
シェア
オール5000円以下!ここぞという時に使いたい「最愛リップ」
ラグジュアリーな人気ブランドから最旬の10本をお届け!
眩しい太陽に目を細めている女性
美容
シェア
「不規則な食事」が紫外線ダメージを悪化させるかも…!?
「食べる時間帯」まで肌へのダメージに繋がるなんて…
ハーストビューティフェスティバル2017
美容
シェア
「美の祭典」でメロディー洋子が語った、メイクの楽しみ方
約5500人が来場!「ハースト ビューティ フェスティバル2017」当日の様子をレポート。
美容
シェア
ハリウッド女優がパーティーメイクのコツを伝授!
実はプチプラブランドも愛用?レッドカーペットで映えるメイク術にも注目!
美容
シェア
決戦前夜に絶対使いたいBODYケアコスメ10
ボディクリームやオイルをはじめ、ニップル、オーラル、デリケートゾーン…さらにはメンタルまでケアできる名品がズラリ。
美容
シェア
歳を重ねても、美しくあれるたった1つの方法【ブルボンヌ連載】
「わかってる? あんたたち、肉体素材は今がピークなんだよ~?」
美容
シェア
冬こそ使いたい♡コスメ&スキンケア6選
乾燥の激しい冬こそ、実力製品でスペシャルケアを!