美容皮膚科医が教える、「シワ」ケア最前線

まだまだ先…?と思っていても「対策は早め」が賢い選択!

人気の記事

職場の先輩や年配の女性を見て「あの人、ちょっと疲れてる? もしくは少し老けた気が…」と感じたとき、自分もそうなってしまうのでは…と不安になるのが「シワ」。30代前半くらいまでは「法令線にファンデが溜まる」「目の下に細かいシワが出てきた」くらいかもしれないけれど、実は「シワ」って早めに手を打つことが重要なんです! そんな「シワ」の最新ケアについて、女医の慶田朋子先生に教えていただきました。

お話を伺った慶田朋子先生


銀座ケイスキンクリニック院長。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。日本レーザー医学会認定レーザー専門医。女性の悩みに誠心を込めて向き合う丁寧なカウンセリングも高い技術も日本屈指。TVや女性誌など、多くのメディアでも活躍中。

シワは種類によって原因や対策が違う!?

シワはいろいろな場所にできますが、大きく分けて3種類あり、それぞれ原因が変わってきます。

乾燥ジワ・・・いわゆる目の下の小ジワや薄いちりめんジワのようなもの。パウダーを乗せると目立つもので、コスモ読者の中でも悩んでいる人も多いはず。

表情ジワ・・・おでこや眉間など、表情を作ることで癖付けされ、定着してできてしまうのがコレ。顔をしかめる癖や目だけでモノを追う癖がある人は要注意!

深いシワ・・・年配の方に見られる深く刻まれたシワや法令線などのシワは真皮のコラーゲン線維と筋膜や顔面靭帯の老化が原因。皮下脂肪が重力に負けて落ち、たるみができることでシワはどんどん加速します。

さて、この3つの中で、自分でケアできるのは一体どれだと思いますか?

答えは乾燥ジワのみ。乾燥ジワはシワ対策のスキンケアを使うことで目立ちにくくなります。また、表情ジワは癖を直すことで軽減することはできますが、直接的なケアが自分では難しいのが現実です。

美容皮膚科でできる最新のケアって?

※写真はイメージです

いまどきの施術は切ったりせず、レーザー、高周波、超音波などの照射系治療注射・注入系治療が主流

照射系治療というのは、レーザーや光、超音波、高周波などを皮膚に照射し、コラーゲン線維やヒアルロン酸を再生させることが目的。ダウンタイム(腫れや赤み、メイクができない状態)がほとんどないものが多く、シミやニキビ、赤ら顔などの色むらの改善はもちろん、シワ・たるみ・毛穴の引き締め・小顔治療など、目的に合わせて機器を選択します。人知れず肌質を改善でき、若返り効果も高いので人気の高い施術とも言えます。様々な照射機器があるので、ドクターと相談しながら、自分に合うものを選びましょう。

もうひとつが表情ジワに効く「ボトックスビスタ®注射」深いシワや凹みを持ち上げリフトアップ効果もある「ヒアルロン酸注入」。針を使うため、麻酔を使いますが、ダウンタイムはほとんどありませんし、悩みのポイントを集中的にケアできます。「何かを顔に入れるなんて!」とちょっと敷居が高く感じるかもしれませんが、安全性が高く、高品質な製剤を厳選しているクリニックを選べば心配ご無用。特にボトックスビスタ®注射は、シワへの予防効果が高い施術のため、20代中盤から取り入れるのがベストなんです。

美肌の人ほど美容皮膚科頼り

お肌の曲がり角と言われる25歳を境に、シワをはじめとするエイジングサインはどんどん加速していきます。アラフォー、アラフィフという世代になっても若々しい肌でいる人たちが声を揃えて言うのは「20代のうちから美容皮膚科で定期的にケアをしている」ということ。また、"年齢を重ねて悩みが深くなってからでは費用も時間も数倍かかる"というのも真実。

今や昔と違い、美容皮膚科も敷居が高いイメージはなくなり、エステ感覚で通えるようになっています。美的センスの高い医師と出会えれば、自分の肌状態を客観的にチェックしたうえで、ドクター目線で自分に必要なケアを教えてもらえます。自分のライフスタイルに合った「かかりつけの肌の先生」を探してみるのが良さそうですね!

More from Cosmopolitan Japan:
美容
シェア
人気続行中の赤リップ!この秋買うなら深みレッドが旬♡
エトヴォスのミネラルルージュなら、鮮やかな発色でも唇にやさしい♡
女性本来の美しさを引き出すミネラルコスメとしてアメリカで生まれ、世界中で愛され続けている「ベアミネラル」から、24時間(※1)ハイカバーを持続する「ベアプロ リキッド ファンデーション」が発売に! そこで、どんなライフスタイルにもマッチするという新ミネラルファンデの魅力を探るべく、コスモガール3名がワークショップに参加しました。会場となった「TRUNK (HOTEL)」の一室に足を踏み入れると、西海岸風に装飾された心地の良い空間が♡ テーブルには、新作に加えベアミネラルの人気ラインナップがデモンストレーション用に備えられ、さらには乙女ゴコロを刺激するフォトジェニックなブースやキュートなフードも。会場で一際目を引いたカップケーキは、乳製品をまったく使っていないビーガン仕様。豆乳やカシューナッツ、レモンで味付けをしたというチーズケーキ風味で、その愛らしい見た目にコスモガールたちも抗えずペロリと完食♡また、インナービューティ効果が期待できるパパイヤを使ったティーも登場。実は「ベアプロ リキッド ファンデーション」にもこのパパイヤ酵素が含まれていて、メイクを落とす際には古い角質が取り除かれ、メイク前以上に肌に明るさが生まれるんだとか。内からも外からもパパイヤのパワーを取り入れて、いざワークショップへ!
美容
シェア
セルフィー映えをお約束♡新ミネラルファンデをコスモガールが体験
パワフルに生きる女性たちにぴったりの新ファンデが「ベアミネラル」から登場♡
美容
シェア
季節の変わり目にトライ!サマンサ麻里子のポイントメイク術
ベースからネイルまで!サマンサ麻里子が、秋のトレンドメイクをポイントごとに解説!
知っておきたい!「お肌に悪い食べ物」ワースト8
美容
シェア
皮膚科医が教える、「お肌に悪い食べ物」ワースト8
ニキビの原因はこれだったのかも…!?
「年を取ると太る」の理由と、その対策
美容
シェア
本当なの?「年を取ると太る」理由とその対策
「体重が落ちにくくなってきた…」と気づいていたあなたへ!
チャーミングな38歳♡ケイト・ハドソンの食事習慣
美容
シェア
魅惑の38歳!ケイト・ハドソンのキレイをつくる食習慣
ヘルシーなだけじゃない!
皮膚科医が教える、お肌のために「おすすめできないお酒」
美容
シェア
皮膚科医が教える、肌のために「おすすめできないお酒」
飲まないのが一番だけど、中でも特にお肌に悪影響なのは…?
プロに聞いた!家でできる「手作りヘアマスク」4
美容
シェア
美容のプロが伝授!髪を美しくする「手作りヘアマスク」4
少ない材料で、簡単に作れちゃう♪
44.5キロ減量の鍵は「時間をかけること」
美容
シェア
-44.5キロ!減量の秘訣は、時間をかけること!?
頑張ろうとしすぎてない?
マシュー・マコノヒー
美容
シェア
マシュー・マコノヒー、ASDの子供とその家族を支援!
スキンケアブランド『キールズ』とともに、ASD(Autism Spectrum Disorder:自閉症スペクトラム)への支援を決めた背景は…?