村井さんちの田舎ごはん「煮豚」

​鍋に入れたら、あとは待って冷やすだけ。

人気の記事

以前、この連載で「焼豚」のレシピを紹介したけれど、今日は「煮豚」を紹介してみようと思う。作り方は、こちらも以前のレシピ「蒸し鶏」とほとんど同じ。ただ、鶏よりも豚の方が調理時間が長いというだけ。簡単であることは今回も同じだ。

暑い日が続くと食欲も落ち気味になるが、そんな時でもこの煮豚はおいしく食べることができる。野菜との相性もよく、パンに挟んでも美味。簡単なオードブルにもなるという優れもので、パーティーにもぴったりだ。

ADの後に記事が続きます

さて、今回は前置きも短めで、早速作り方を書こうと思う。

まずは豚肩ロースの塊肉を調理に使えるポリ袋(あるいは保存用フリーザーバッグ)に入れ、醤油を大さじ3ほど加えてマリネする。この時、豚肉は必ず解凍されたものを使おう。豚肉はしっかり火を通すことが重要なので忘れないで。好みのハーブを一緒に入れてもOK。空気を抜いて口をきちんと縛って(バッグを閉じて)、まずは冷蔵庫に入れてマリネを開始する。時間は1時間ぐらいで十分だ。時間がなければもっと短くてもいい。

次に鍋にたっぷりの水を入れて火にかけ、沸騰させる。この時使う鍋は、前回の「蒸し鶏」レシピ同様、保温性の高い鍋が望ましい。鍋の水が沸騰したら、マリネされた状態の豚肩ロース肉を袋のまま鍋に入れて蓋を閉め、弱火にする。ふきこぼれないように注意しよう。以前書いた「蒸し鶏」レシピでは、沸騰した鍋を火から下ろしたが、今回はそのまま火を通す。

弱火で30分煮込んだら、鍋を火から下ろす。そして、鍋に蓋をしたままの状態で、1時間ほど放置する。鍋のお湯がある程度冷めたら、豚肉を袋ごと取りだし、あら熱を取り、そのまま冷蔵庫に直行させよう。冷蔵庫で2時間ほど冷やしたら、おいしい煮豚のできあがりだ。

できあがった煮豚は、薄めにスライスすると食べやすい。味付けがシンプルなので、物足りない人は、醤油、酢、ごま油、砂糖、刻んだ長ネギなどで即席のたれを作って、合わせるといい。翌日はサンドイッチにも重宝する簡単煮豚のできあがりだ。

材料 (2人分)

豚肩ロース 500グラム

醤油 適宜(目安としては大さじ3ほど)

ハーブ 適宜

作り方のポイント

豚肉に火を入れている時に、鍋の中にたまごを入れて8分ほど煮込むと、付け合わせのゆで卵も同時に作ることができる!

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
外がカリッ♡ボリューム満点ベイクドポテトの作り方
料理レシピ
シェア
食べたい♡サクサク&濃厚なベイクドポテトを作るコツ
たまにはカロリー度外視で!
料理レシピ
シェア
【レシピ】素材はシンプル、でも深い味わい
噛めば噛むほど、ああ、うまい!
料理レシピ
シェア
【レシピ】なんちゃってエスニック
ライムで爽やかに
料理レシピ
シェア
ティーバックの味が変わる!?正しい紅茶のいれ方
マグカップごとレンジでチン!自宅や職場で試してみて。
料理レシピ
シェア
【レシピ】焼きナスとクルミがアクセント
冷蔵庫にある野菜を総動員しよう!
料理レシピ
シェア
エリザベス女王のお気に入りは?王室レシピ本が発売に!
ケーキやタルトなど、秘伝の味が家庭で再現できちゃう
料理レシピ
シェア
【レシピ】意外だけれど、おいしいのです!
レモンとの相性バツグン
モデル飯「おなかいっぱい和風サラダ」
料理レシピ
シェア
モデルのおススメ!お腹いっぱい和風サラダ
ダイエット中の女性におすすめ。
料理レシピ
シェア
【レシピ】お気に入りの「ハンバーガー」を作ってね
ダブル、トリプルあたりまえ!自由で楽しいハンバーガーパーティーを
ミラレシピ「アップルチーズケーキ」
料理レシピ
シェア
実はたくさん食べてる!モデルのおやつ
ルールを守ってとことん楽しむ!