セックスシーンは楽しくない!?大ヒット官能映画の裏話

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の主演俳優が、撮影当時の秘話を暴露

人気の記事

過激なセックスシーンが話題になった映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。主演のジェイミー・ドーナンが、『Observer』誌のインタビューで、当時の撮影秘話を暴露してくれている。

「俳優がセックスシーンを撮るとき、本気で興奮してると思っている人がいるんだけど、そんなことありえない。だって周りには毛深い男性スタッフがたくさんいて、撮影機材や照明機材に囲まれている。みんなに見られてるって感覚に興奮する人なら本気でやれるかもしれないけど、僕はそうじゃないから」

ADの後に記事が続きます

それから『Notebook』 誌では、セックスシーンの半分は共演者のダコタ・ジョンソンに謝りながら撮ったこと、さらにはその撮影が全然楽しくなかったと語っている。

「ダコタに乱暴するシーンのときには、事前に謝っておいたんだ。『申し訳ないんだけど、僕これをやるの、すごく気がひける』ってね」

何度謝ったか数え切れないよ。撮影では激しく衝動をぶつけながらも、プロ意識を忘れちゃならない。でも、やっぱりみんな人間だから、過激で暴力的なシーンを撮影するのは気分がいいものではないんだ。だからなるべく前もって謝って、気持ちを軽くしておきたかったんだ」

ダコタも『The Sunday Telegraph』紙に対して、役柄に疑問を持ちながら演じていたと語っている。

「今でも、"私ったら何やらかしちゃったんだろう"って思うときがあるの」

ジェイミーとダコタが、撮影以外でもクリスチャンとアナのような熱い関係であってほしい…というのは叶わぬ望み。なぜならジェイミーには家庭があるから。ただ、2人がお互いを気遣っていたのは事実。

もちろん、「撮影中2人で滑って転んで頭をぶつけて、現場のみんなで大笑いした」など、撮影を楽しめた瞬間もあったそう。過激なシーンの裏では、お互いに何度も謝り合ってたなんて、想像するとちょっとかわいい!?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
COSMO的、12月に観るべき映画5選
映画
シェア
話題のメリル・ストリープ主演作ほか、12月見逃せない映画5選!
恋愛、夫婦愛、ヒューマン、ドキュメンタリー…心揺さぶられる、今月イチオシはコレ!!
映画
シェア
「オバさん」の地位の低さが「当然」である社会
アンチエイジングに精を出しても、年を取ればみんなオバさん。
映画
シェア
キレイになりたいのは、男の気を引きたいからじゃない。
そういう気持ちを完全否定はしませんが、基本的には自分のため。
映画
シェア
「運の悪い女」から脱却するための実践的訓練
これでアナタも運のいい女いなれる!――とまで言い切れないのが無念ではありますが。
美しい!エマ・ワトソン主演の『美女と野獣』予告編
映画
シェア
エマ・ワトソン主演『美女と野獣』の予告編がついに解禁!
女優:エマ・ワトソンが帰ってきた!
映画
シェア
「本当に嫌」でも、女子が拒めない理由
男に気に入られることが、女子の人生最大の命題であるうちは。
ロミオ+ジュリエット
映画
シェア
公開20周年記念!『ロミオ+ジュリエット』のトリビア13
「誘拐」に「実は恋仲」…!? 改めて知る、『ロミジュリ』の知られざる真実
映画
シェア
「老けているけど、大人っぽくはない顔」の衝撃
いつまでも大人になれないことに、悶々としているような、していないような。
映画
シェア
図々しくしぶとくズルく、そして必ず生き残る。
少しくらいキチンとしてなくたって、あなたが優秀であることに何の変わりもない。
映画
シェア
結婚に出産に・・・人生に迷うアナタに、目から鱗の金言。
"たられば"考えすぎると手も足も出ません。特に結婚と出産は。私が言うのもなんですが。