セックスシーンは楽しくない!?大ヒット官能映画の裏話

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の主演俳優が、撮影当時の秘話を暴露

人気の記事

過激なセックスシーンが話題になった映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。主演のジェイミー・ドーナンが、『Observer』誌のインタビューで、当時の撮影秘話を暴露してくれている。

「俳優がセックスシーンを撮るとき、本気で興奮してると思っている人がいるんだけど、そんなことありえない。だって周りには毛深い男性スタッフがたくさんいて、撮影機材や照明機材に囲まれている。みんなに見られてるって感覚に興奮する人なら本気でやれるかもしれないけど、僕はそうじゃないから」

ADの後に記事が続きます

それから『Notebook』 誌では、セックスシーンの半分は共演者のダコタ・ジョンソンに謝りながら撮ったこと、さらにはその撮影が全然楽しくなかったと語っている。

「ダコタに乱暴するシーンのときには、事前に謝っておいたんだ。『申し訳ないんだけど、僕これをやるの、すごく気がひける』ってね」

何度謝ったか数え切れないよ。撮影では激しく衝動をぶつけながらも、プロ意識を忘れちゃならない。でも、やっぱりみんな人間だから、過激で暴力的なシーンを撮影するのは気分がいいものではないんだ。だからなるべく前もって謝って、気持ちを軽くしておきたかったんだ」

ダコタも『The Sunday Telegraph』紙に対して、役柄に疑問を持ちながら演じていたと語っている。

「今でも、"私ったら何やらかしちゃったんだろう"って思うときがあるの」

ジェイミーとダコタが、撮影以外でもクリスチャンとアナのような熱い関係であってほしい…というのは叶わぬ望み。なぜならジェイミーには家庭があるから。ただ、2人がお互いを気遣っていたのは事実。

もちろん、「撮影中2人で滑って転んで頭をぶつけて、現場のみんなで大笑いした」など、撮影を楽しめた瞬間もあったそう。過激なシーンの裏では、お互いに何度も謝り合ってたなんて、想像するとちょっとかわいい!?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
映画
シェア
"そんなことないよ"と、誰かが言ってくれるのを期待する人
「どうせ美人じゃないし」と言う人は、「いいじゃん、面白いんだから」と言ってほしいわけじゃありません。
映画
シェア
『美女と野獣』ディズニー初のゲイキャラ登場騒動
おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!
初!レズビアンのスーパーヒーローが誕生
映画
シェア
大作ヒーロー映画初!レズビアンのスーパーヒロインが誕生♡
多様性を謳うTVシリーズ『パワーレンジャー』に、セクシャリティに悩むトリニーが登場!
映画
シェア
人気女装家ブルボンヌが語った『ムーンライト』の純愛
「真っ暗闇の中にほんのり光る月の光みたいな、そんな人生があってもいいじゃない」
映画
シェア
人生を変えたい!勇気を貰える「チャレンジ」映画7選
新しい1歩を踏み出したいあなたへ
映画
シェア
憐れむように「自虐的」ですねという人
私が私のアホを笑っても、それは自分を蔑んでいるからじゃありません。
映画
シェア
若き日の「ヒラリー・クリントン」の映画制作が進行中!
女性政治家の顔とは違った、ヒラリーの素顔も見れるかも。
恋離れ中女子のための、「本気で恋したくなる」映画7
映画
シェア
恋離れ中女子のための、「本気で恋したくなる」映画7
「とろけて」「シビれる」…それが恋♡
映画
シェア
【SNAP】10人のLAガールに聞いた「人生を変えた映画」
映画の聖地ハリウッドのあるLAで、美女たちが感銘を受けた映画作品について大調査♡
映画
シェア
私は「いいね!」してるのに、彼女は「いいね!」してくれない。
「共感を示すこと」を互いに求める関係は、マジで面倒くさい。