セックスシーンは楽しくない!?大ヒット官能映画の裏話

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の主演俳優が、撮影当時の秘話を暴露

人気の記事

過激なセックスシーンが話題になった映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。主演のジェイミー・ドーナンが、『Observer』誌のインタビューで、当時の撮影秘話を暴露してくれている。

「俳優がセックスシーンを撮るとき、本気で興奮してると思っている人がいるんだけど、そんなことありえない。だって周りには毛深い男性スタッフがたくさんいて、撮影機材や照明機材に囲まれている。みんなに見られてるって感覚に興奮する人なら本気でやれるかもしれないけど、僕はそうじゃないから」

ADの後に記事が続きます

それから『Notebook』 誌では、セックスシーンの半分は共演者のダコタ・ジョンソンに謝りながら撮ったこと、さらにはその撮影が全然楽しくなかったと語っている。

「ダコタに乱暴するシーンのときには、事前に謝っておいたんだ。『申し訳ないんだけど、僕これをやるの、すごく気がひける』ってね」

何度謝ったか数え切れないよ。撮影では激しく衝動をぶつけながらも、プロ意識を忘れちゃならない。でも、やっぱりみんな人間だから、過激で暴力的なシーンを撮影するのは気分がいいものではないんだ。だからなるべく前もって謝って、気持ちを軽くしておきたかったんだ」

ダコタも『The Sunday Telegraph』紙に対して、役柄に疑問を持ちながら演じていたと語っている。

「今でも、"私ったら何やらかしちゃったんだろう"って思うときがあるの」

ジェイミーとダコタが、撮影以外でもクリスチャンとアナのような熱い関係であってほしい…というのは叶わぬ望み。なぜならジェイミーには家庭があるから。ただ、2人がお互いを気遣っていたのは事実。

もちろん、「撮影中2人で滑って転んで頭をぶつけて、現場のみんなで大笑いした」など、撮影を楽しめた瞬間もあったそう。過激なシーンの裏では、お互いに何度も謝り合ってたなんて、想像するとちょっとかわいい!?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子にとって「自己主張」は「善」なのか?「悪」なのか?
「自己主張がない」と怒られるかと思えば、「自己主張するな」と非難される。混乱するのは当たり前。ということで前回の回答編。
映画
シェア
オープンは2019年!『スター・ウォーズ』ホテルが建設中
従業員もコスチューム着用! 宿泊者にはミッションが与えられる!?
映画
シェア
ホグワーツの生徒気分に!『ハリー・ポッター』のサパークラブ
ファン垂涎のコース料理が、ロンドンの会員制クラブで楽しめちゃう♡
映画
シェア
『アベンジャーズ』最新作、全米に先駆け日本で公開!
おなじみのメンバーに加えスパイダーマンも!マーベル映画史上、最多のヒーローが集結。
COSMO的「7月に観るべき映画」5選
映画
シェア
50代とは思えないキアヌに注目!7月の観るべき映画5作品
キアヌのガン・フーに惚れ惚れ♡あのアクションムービーの続編が登場!
映画
シェア
理不尽に屈しない、アラサーのロッタちゃん
イヤなものはイヤ!と自己主張できた5歳児が、大人になるとできなくなるのはなぜ。
映画
シェア
甘酸っぱい♡カーラ出演のラブロマンス映画が公開へ
ひと夏のロマンス?旬のヤングセレブが揃って出演する『キッズ・イン・ラブ』。
映画
シェア
いますぐ荷物をまとめたくなる♡旅がテーマの映画10
喜びや悲しみや出会いをぎゅっと集めた厳選旅の映画リスト♡
映画
シェア
露出狂に呪われた人生ですが。
露出狂は死んでいいと思いますが、そのモノ自体はそんなに憎んではいません。意外と。
映画
シェア
ユダヤ人を救った動物園!?実話に基づく感動映画が上陸決定
ナチスから守るべく、300人ものユダヤ人を動物園にかくまった園長夫婦の行く末とは…。