セックスシーンは楽しくない!?大ヒット官能映画の裏話

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の主演俳優が、撮影当時の秘話を暴露

人気の記事

過激なセックスシーンが話題になった映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。主演のジェイミー・ドーナンが、『Observer』誌のインタビューで、当時の撮影秘話を暴露してくれている。

「俳優がセックスシーンを撮るとき、本気で興奮してると思っている人がいるんだけど、そんなことありえない。だって周りには毛深い男性スタッフがたくさんいて、撮影機材や照明機材に囲まれている。みんなに見られてるって感覚に興奮する人なら本気でやれるかもしれないけど、僕はそうじゃないから」

ADの後に記事が続きます

それから『Notebook』 誌では、セックスシーンの半分は共演者のダコタ・ジョンソンに謝りながら撮ったこと、さらにはその撮影が全然楽しくなかったと語っている。

「ダコタに乱暴するシーンのときには、事前に謝っておいたんだ。『申し訳ないんだけど、僕これをやるの、すごく気がひける』ってね」

何度謝ったか数え切れないよ。撮影では激しく衝動をぶつけながらも、プロ意識を忘れちゃならない。でも、やっぱりみんな人間だから、過激で暴力的なシーンを撮影するのは気分がいいものではないんだ。だからなるべく前もって謝って、気持ちを軽くしておきたかったんだ」

ダコタも『The Sunday Telegraph』紙に対して、役柄に疑問を持ちながら演じていたと語っている。

「今でも、"私ったら何やらかしちゃったんだろう"って思うときがあるの」

ジェイミーとダコタが、撮影以外でもクリスチャンとアナのような熱い関係であってほしい…というのは叶わぬ望み。なぜならジェイミーには家庭があるから。ただ、2人がお互いを気遣っていたのは事実。

もちろん、「撮影中2人で滑って転んで頭をぶつけて、現場のみんなで大笑いした」など、撮影を楽しめた瞬間もあったそう。過激なシーンの裏では、お互いに何度も謝り合ってたなんて、想像するとちょっとかわいい!?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
『ワンダーウーマン』の後に、『アナ雪』を見て思うこと。
「みんな辛いのよ」と語りかけ、辛いままの現実を生きる勇気と共感だけを与えちゃったりする、いわゆる「エルザの功罪」。
映画
シェア
SNSで私生活をさらけ出す!?エマ・ワトソンの新作映画
トム・ハンクスと共演する話題のサスペンス。日本公開が11月に決定!
映画
シェア
「女子には無理」は、単なる「思い込まされ」
管理職とか経営者とかすし職人とか映画監督とか。女は編集長にはしない、という出版社もいまだにあるようです、はい。
映画
シェア
押さえておくべき!新旧の名作ミュージカル映画7選
鳥肌モノの歌とダンスを味わって!
映画
シェア
ファッションにも注目!暑さを吹き飛ばすホラー映画7選
スタイルの参考にもなる、オシャレな名作ホラー映画をご紹介!
お休みのときにじっくり見たい「歴史大作映画」7
映画
シェア
見るだけで世界史の勉強!偉人を描いた「歴史映画」7作品
教科書よりも分かりやすい!
勉強を兼ねてぜひみたい「世界名作文学の映画化作品」
映画
シェア
勉強を兼ねてぜひみたい「世界名作文学の映画化作品」
読むのは大変、でも映画でなら…!
ハリウッドのセックスシーンの10の真実/バスローブを着る女性を眺める男性
映画
シェア
関係者に直撃!ハリウッド「セックスシーン」10の真実
どんなにロマンティックに見えても…
映画
シェア
LGBTQは「触らぬ神に祟りなし」な存在?
出会い頭に「近くに座らないでくれる?」と言われたこともある――けど、くじけません私。
映画
シェア
トランプ率いるホワイトハウス、映画化するならキャストは!?
忠実にキャスティングされたハリウッド版トランプ政権に注目!