栄冠は誰に?第74回「ゴールデングローブ賞 」ノミネート発表

セレブたちの喜びの声も合わせてお届け!

人気の記事

現地時間12月11日に、アカデミー賞の前哨戦といわれる「ゴールデングローブ賞」のノミネート作品が発表された。

今年はエマ・ストーンライアン・ゴズリングが主演をつとめるミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が最多7部門にノミネートされ、大注目を浴びているよう。日本では2017年2月24日に公開の本作。過去に『ラブ・アゲイン』、『L.A. ギャングストーリー』の2作で恋人役を演じてきた2人が、今作ではどんなケミストリーを見せてくれるのか楽しみ!

ADの後に記事が続きます

それでは、主要ノミネート一覧を見ていきましょう。

【最優秀作品賞】

ドラマ部門

『最後の追跡』

『Lion(原題)』

『Manchester by the Sea(原題)』

『ムーンライト』

『Hacksaw Ridge(原題)』

ミュージカル・コメディ部門

『20th Century Women(原題)』

『デッドプール』

『マダム・フローレンス! 夢みるふたり』

『ラ・ラ・ランド』

『シング・ストリート 未来へのうた』

【最優秀男優賞】

ドラマ部門

ケイシー・アフレック:『Manchester by the Sea(原題)』

ジョエル・エドガートン:『ラビング 愛という名前のふたり』

アンドリュー・ガーフィールド:『Hacksaw Ridge(原題)』

ヴィゴ・モーテンセン:『はじまりへの旅』

デンゼル・ワシントン:『Fences(原題)』

ミュージカル/コメディ部門

コリン・ファレル:『ロブスター』

ライアン・ゴズリング:『ラ・ラ・ランド』

ヒュー・グラント:『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

ジョナ・ヒル:『War Dogs(原題)』

ライアン・レイノルズ:『デッドプール』

【最優秀女優賞】

ドラマ部門

エイミー・アダムス:『メッセージ』

ジェシカ・チャステイン:『Miss Sloane(原題)』

イザベル・ユペール:『Elle(原題)』

ルース・ネッガ:『ラビング 愛という名前のふたり』

ナタリー・ポートマン:『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

ミュージカル/コメディ部門

アネット・ベニング:『20th Century Woman(原題)』

リリー・コリンズ:『Rules Don't Apply(原題)』

ヘイリー・スタインフェルド:『The Edge of Seventeen(原題)』

エマ・ストーン:『ラ・ラ・ランド』

メリル・ストリープ:『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

【最優秀助演男優賞】

マハーシャラ・アリ:『ムーンライト』

ジェフ・ブリッッジス:『最後の追跡』

サイモン・ヘルバーグ:『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

デヴ・パテル:『Lion(原題)』

アーロン・テイラー=ジョンソン:『Nocturnal Animals(原題)』

【最優秀助演女優賞】

ナオミ・ハリス:『ムーンライト』

ニコール・キッドマン:『Lion(原題)』

オクタヴィア・スペンサー『Hidden Figures(原題)』

ミシェル・ウィリアムズ『Manchester by the Sea(原題)』

ヴィオラ・デイヴィス:『Fences(原題)』

【最優秀監督賞】

デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』

トム・フォード『Nocturnal Animals(原題)』

メル・ギブソン『Hacksaw Ridge(原題)』

バリー・ジェンキンス:『ムーンライト』

ケネス・ロナーガン『Manchester by the Sea(原題)』

※その他のノミネート作品はこちら

米<US Weekly>によると、ノミネートされたセレブたちは続々と喜びの声をあげているよう。

まずは『ラ・ラ・ランド』で主演女優賞にノミネートされたエマ・ストーン

ワオ! 月曜日をスタートするのに最高の知らせね。この素晴らしい作品に関われたことを光栄に思うわ。HFPA(ハリウッド外国人映画記者協会:ゴールデングローブ賞を主催する団体)、ありがとう! それからデイミアン(監督)、ライアン(主演男優)、ジャスティン(作曲)、その他の『ラ・ラ・ランド』ファミリーのみんな、ノミネートおめでとう!

続いて、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でジョン・F・ケネディ元大統領夫人のジャクリーン・ケネディを演じ、主演女優賞にノミネートされたナタリー・ポートマン

HFPAのみなさんに認めてもらえて光栄です。最高のキャストとスタッフ、そして監督のパブロ・ララインと共に、この作品作りに携われたことは本当に素晴らしい経験でした。今回のノミネートは、嬉しい"おまけ"を貰った気分です。

お次は、『Lion(原題)』で助演女優賞にノミネートされたニコール・キッドマン

「嬉しい」という言葉だけでは言い表せません。かつてないほど、ありがたく思います。HFPA、どうもありがとう!

最後は、『Rules Don't Apply(原題)』の主演で初ノミネートとなったリリー・コリンズの喜びの瞬間をお届け。

ママがカメラでとらえた、ゴールデングローブ賞初ノミネートの瞬間。まだ(興奮して)息ができない…。

果たして栄冠は誰の手に? 授賞式は現地時間1月8日、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルにて!

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
話題の映画で再注目! ナンシー・ケリガン襲撃事件の真相
映画界で旋風を巻き起こしたことで、再び当時の事件にも注目が…!
映画
シェア
圧倒的な権力にセックスを強いられる侍女たち
ゴールデングローブ賞で話題のドラマは、まるでハリウッドの寓話。
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
映画
シェア
「嫉妬」するのは女子だから?
人間だもの、嫉妬しちゃう時もある。その悶々が過ぎ去るまで、あの美女はこんなふうにしてるらしい。
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
55th Cannes film festival: Stairs of 'Searching for Debra Winger' and 'Marie-Jo et ses deux amours' In Cannes,
left : Sharon Stone, Rosanna Arquette and Patricia Arquette. Jewels in Diamonds. (Photo by Pool BENAINOUS/DUCLOS/Gamma-Rapho via Getty Images)
映画
シェア
「ワインスタイン」一色だった、今年こそ見たい女子映画
30人を超える女優たちが15年前に告白していた、ハリウッドのセクハラ事情。
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。