夏前に知っておきたい!「紫外線」のメリット・デメリット

いつも日焼け止めで完全防備するのはもったいない!? 紫外線との正しい付き合い方を皮膚科医が伝授!

人気の記事

夏になると1日中日焼け止めで完全防備していませんか? デメリットばかり気にしてしまう紫外線だけど、実は適度な日光浴は身体や心にプラスの効果もあるそう。でも、日光浴のしすぎはシミやしわのもとに…。そんな曖昧になりがちな紫外線の知識をおさらいするべく、野本真由美先生に質問! 紫外線のデメリットを避け、メリットを享受するには!? この夏、健康的に美しく輝くためにチェックして。

ADの後に記事が続きます

今回お話を伺った、野本真由美先生

夏前に知っておきたい!「紫外線」のメリット・デメリット

オバジクリニック トウキョウ 」総院長。ビバリーヒルズにある美容皮膚科「オバジクリニック」と同じコンセプトで「スキンヘルス」を目指し、日本人に適した漢方、スキンケアやメイクの指導なども取り入れている。ミスユニバース新潟代表選考の審査員長も務める。著書に「美容皮膚科で生きる漢方」。

紫外線がもたらすメリット

太陽光が当たると、多彩な働きをするビタミンDが皮膚でたくさん作られる

「太陽光が当たると、食事だけでは補いきれないビタミンDを皮膚でたくさん作ることができます。そして、ビタミンDはホルモンのように多彩な作用があることが分かっています。

現代人はビタミンD不足なケースが多々みられますが、その原因は日中を室内で過ごすライフスタイルの人が多いこと、外出しても日焼け止めを外用して常に紫外線を防御していることなどが挙げられます。

まず、日光浴が身体と心にもたらすメリットをみてみましょう」

<身体へのメリット>

●骨の減少を抑制。顔や姿勢を若々しく保つ

顔の老化にも骨の変化は大きく関係していますし、姿勢の美しさにも関係します。

●がんの抑制

特に、女性に多い乳がんと大腸がんを抑制する力が高いのがビタミンDです。

●アレルギーの抑制

ビタミンDは花粉症をはじめとしたアレルギーを抑制する働きがあります。

●血流が良くなり、基礎代謝が促進される

太陽光は紫外線だけでなく赤外線が含まれるため、体を温める力があります。血流改善に伴う基礎代謝促進が期待できます。

●成人病の予防

血中ビタミンDが高い人は高血圧、糖尿病、心疾患にかかりにくく、認知機能も低下しにくいことが分かっています。

●長寿の傾向がある

近年、ビタミンDは長命遺伝子に関与して寿命を伸ばし、加齢に伴って慢性疾患を引き起こす毒性蛋白質の蓄積を防ぐことがわかってきました。そのため、寿命が長くなる傾向があることが示されています。

また、ビタミンDの生成がもたらす効果以外にも、日光浴には次のような作用があります。

●体内リズムを整え、睡眠の質を向上させる

朝に日光を浴びると、その15時間後から夜の眠りの深さを決めるメラトニンが分泌されます。睡眠の質を向上するためには、朝の日光がキーワードです。

●皮膚疾患の抑制

紫外線には皮膚の異常な免疫反応を抑制する作用があり、乾癬(かんせん)やアトピーなどの皮膚疾患が改善しやすくなります。

<心へのメリット>

●うつ状態を抑制する

冬になると冬季うつ病の発症が多いことが知られていて、これは冬の日照量が少ないことによるビタミンD欠乏も一因です。

●幸せを感じさせてくれるホルモンが分泌される

朝の日光は脳が幸せや安心感を得るために必要なセロトニンというホルモンを分泌させます。

紫外線がもたらすデメリット

「紫外線が身体に与える影響を大きく2つに分けてみましょう」

ADの後に記事が続きます

▼急性反応 

サンバーン(日光皮膚炎)があげられます。皮膚に軽いやけどを負った状態で、赤み、かゆみなどが起こり、炎症後に色素沈着が半年ほど残ります。

急性反応を繰り返すと、将来皮膚がんのリスクが高まります。

▼慢性反応

紫外線によるしみ、くすみ、しわ、たるみなどの光老化による皮膚障害があります。

身体に良い「日光浴」と、健康障害を起こす「日焼け」の境界線

「皮膚に急性反応を起こさない程度の紫外線を少しずつ浴びるのが「健康によい日光浴」、急性反応を起こすものが「健康障害を起こす日焼け」と考えてください」

紫外線のデメリットを避け、メリットを得る正しい方法は?

「季節によっても、住む地域によっても紫外線量は違うので絶対的なことは言えませんが、日頃紫外線に当たっていない方は、午前10時まで、あるいは午後3時以降の弱い紫外線に日焼け止めを付けず15分ずつ顔や首、腕などを日光にあてることから始めてみましょう。

日光浴に慣れてきたら、紫外線量の多い午前10時から午後3時までの時間帯に週に34回、15分日焼け止めをつけずに日光にあたりましょう。

特に40代以降の女性は骨量が減ってきますので、肝斑などのしみが悪化しない程度に日光に慣れておくとよいでしょう。」

日焼け止めの正しい選び方

正しい日光浴の方法が分かったところで、次に知るべきなのが日焼け止めの知識。混乱してしまいがちなサンスクリーン選びのポイントを以下の3つのタイプ別に、野本先生が教えてくれた。

A子: 外出はオフィスの通勤と家事の洗濯のみ

「ミネラルファンデーションSPF15程度のパウダー(紫外線散乱剤使用:ノンケミカル)が皮膚に最も負担が軽く、お勧めします。

メイク後2時間以上経過して外出する際は、上からパウダーを重ねてください」

B: 休日にショッピングをするために街歩き。カフェのテラスでティータイムを楽しむ

SPF30までのサンスクリーンをメイクの下に。

皮膚が弱い人は、紫外線散乱剤(ノンケミカル)でカットすることをお勧めします。ウォータープルーフである必要はなく、専用クレンジング不要のものを。2時間以上経過したら、パウダー系UVをメイクの上から重ねてください」

C: 海水浴へ! ビーチで朝から日没まで過ごす

SPF50のウォータープルーフのサンスクリーンを全身に2時間ごとに塗りなおす。塗り忘れやすい耳の上、唇、うなじなどにもON。また、帽子をかぶらないときは頭頂部の皮膚にも塗ってください。

そして1日の終わりには専用クレンジングできちんと落とすことも大切!」

最後に、健康的に夏を過ごすためのメッセージをお願いします。

「紫外線にも化粧品にも〝いいところ″と〝わるいところ″があります。

化粧品のつけすぎもトラブルのもと。紫外線の当たりすぎもトラブルのもとですが、当たらなすぎるデメリットもたくさんあります。バランスよく、健康的な夏を送ってくださいね」

More from Cosmopolitan Japan:
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
研究で判明した集中力アップに効果的な「10分間の瞑想」/テーブルで瞑想中の女性
健康
シェア
判明!集中力アップには「10分間の瞑想」が効果的!?
イライラや不安が抑えられないときは、実践してみて!
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…