ウィリアム王子が結婚指輪をつけない理由とは?

チャールズ皇太子はつけていたけど…

世の男性の多くは結婚指輪を身につけているが、英国王室に限っては、指輪をつけないほうが多数派のようだ。これは貴族の伝統的なエチケットにのっとったものらしい。

女性にとっては古代エジプトにさかのぼる長い歴史がある一方で、男性が一般的に結婚指輪をつけるようになったのは、第二次大戦中とごく最近のこと。異国の地で戦う際に家族の存在を忘れないように、と身につけたのが習慣として広まったものだ。

ADの後に記事が続きます

英国王室の男性陣を見てみると、チャールズ皇太子は、紋章を彫ったシグネットリングとともに結婚指輪をつけていた。しかし、エリザベス女王の夫であるフィリップ殿下、そしてウィリアム王子は結婚指輪をつけていない。これは上流階級ではごく一般的なことなのだという。

「英国の上流階級の男性にとって、結婚指輪をつけないことはまったく珍しいことではありません」と語るのは、エチケット・エキスパートのウィリアム・ハンソン氏。「これは家庭に縛られたくないといった意思表示でも何でもなく、紳士はジュエリーを身につけないものという伝統があるからです。少し前までは、腕時計も含まれていました」

「結婚指輪をつけないのは、英国において暗黙のうちに階級を示す風変わりな所作のひとつです。木曜日に履く靴の色だとか、ポケットチーフのたたみ方、などと同様に」

ただし、ジュエリーのなかでもシグネットリングだけは例外だという。「シグネットリングは家柄を表すもの。ロマンスよりも重視されるのは当然のことです」とハンソン氏。「シグネットリングは紋章のみが彫られているべきです。イニシャルなどが彫られている場合は、少々疑わしいと見られる対象になります」

※この翻訳は、抄訳です。

From Harper's BAZAAR UK

More from Cosmopolitan Japan:
トレンドニュース
シェア
大人な響き♡「ヴィンテージ シャンパン」って飲んだことある?
熟成されて味わいが増すのは、ワインだけじゃないんです!
トレンドニュース
シェア
編集長より新年のご挨拶
2018年のコスモポリタンにもご期待ください!
インスタ映えする海底レストラン
トレンドニュース
シェア
行ってみたい!インスタ映え抜群の「海底レストラン」
気分は人魚…♡
トレンドニュース
シェア
2017年を振り返り!世界を騒がせたニュース21選
トランプ大統領の就任に、アリアナのライブ会場で起きた自爆テロ、世界中で流行したミームまで!
楽しそう♡「ぽっちゃり女子専用の旅アカウント」に注目
トレンドニュース
シェア
「ぽっちゃり女子専用の旅アカウント」が伝えたい想い
「太い=美しくないということではありません」
トレンドニュース
シェア
豪華さにうっとり♡世界のクリスマスツリー12選
世界のラグジュアリーホテルで飾られるツリーのゴージャスさは必見!
誰もが心躍る年に1度の大イベント"クリスマス"の訪れとともに、東京ミッドタウンのコートヤードでは、煌めきに満ちた「モエ クリスマス マルシェ 2017」が開催中! キラキラと輝くゴージャスなメリーゴーランドに、シャンパンとのマリアージュを堪能できるフード、特設ラウンジやスペシャルショップが並ぶなど、そこはまるで夢のような空間♡ そんな煌めく会場を、「ミニ モエ」片手に、ほろ酔い気分で楽しんだコスモガールたちの夜に密着しました!
トレンドニュース
シェア
聖なる夜のデートに♡都心のItスポットに人気モデルが集結
コスモガールが迷い込んだのは、シャンパンゴールドに輝く"モエ クリスマス マルシェ"♡
日常に潜むセクハラにNO!女性たちによるSNSプロジェクト
トレンドニュース
シェア
力強い!セクハラ被害を告白する女性たちのプロジェクト
セクハラの実態を知って欲しいという願いを込めた、あるフォトジャーナリストの取り組みに注目!
パリのディズニーランド、男の子のプリンセス体験を拒否!?
トレンドニュース
シェア
なぜ!?パリのディズニーランドが3歳の男の子に謝罪した理由
「男の子だってプリンセスになりたい!」
トレンドニュース
シェア
【12月のテーマ】「欲」に素直な人こそ、人生楽しい
自分の「欲」を無視しないで。