先進的!メルボルンで信号機に「女性」を導入

賛否両論あるようだけど、新しい取り組み!

人気の記事

オーストラリアのメルボルンで、緑や赤の服を着た女性のマークが歩行者用の信号機に取り入れられた。コスモポリタン アメリカ版によると、とある非営利団体が「無意識な偏見をなくす」目的でこのような新しい信号機を導入したそう

この信号を仕掛けたメルボルン委員会のマルティーン・レッツは「従来の男性の信号機に加えて女性の信号機を導入するというアイデア、無意識な偏見をなくすことを目指していますメルボルンが世界でもっとも住みやすい都市であることは知られていますが、その上で、世界でもっとも平等な都市としても知ってもらいたいのです」と、オーストラリアのメディアに対しコメント。最終的には、男性と女性の信号機を同数設置することが目標にしている

ADの後に記事が続きます

同団体によると、女性の信号機を12カ月間、試験的に導入するに当たり、税金は投じられなかったそう。というのも、資金を提供したのは地元の電力会社だったから。今後も老朽化した信号機の交換スケジュールに沿って女性信号機の導入を進める予定。

[i綾1]

ただメルボルン市の市長を務めるロバート・ドイル氏は、<The Herald Sunに対し、「男女平等を推進する上であらゆる努力を惜しまないつもりですが、今回の件については、本気か?というのが本音です。このように多額の予算が必要となる行為は、嘲笑を招くのではないかと思っています(なぜ女性信号機がジョークの対象となるかということについて説明をしていないそう)」とコメント

ちなみに、SNSでは信号機を女性のサインのものに交換する」「特定の性別のみが信号機に取り入れられている」ことに対してさまざまな声が挙がっている

「男性だけが信号を渡れる」問題はやっと解決! これで女性はどこにでも行けるわ。男性は(やっと空いたドアを)開けたまま押さえておいてね。

信号機の「緑色の人物」が男性だって決めたのは誰? ズボンをはいている女性かもしれないじゃない。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…