村井さんちの田舎ごはん「ヨーグルト海老カレー」

さっぱり、だけどクセになる!

人気の記事

そろそろ夏も終わりに近づき、朝晩が涼しくなってきた。今年の夏はあまり暑くはなかったが、私にとってはなかなかどうして、厳しいシーズンだった。あっという間の一カ月半だったとはいえ、子どもたちがずっと家にいる状態で、一日三度の食事のしたく、夏休みの宿題、その他、やることは山積みの状態。ううう……。それに加えて自分の仕事も忙しく、とにかくめまぐるしい日々だった。やっとのことで九月に入り、これからは少しだけゆっくりできるのではと心弾ませている。

ADの後に記事が続きます

子どもの好物ばかり作らねばならない夏は、大人にとっては少し退屈だ。新学期もはじまったということで、最近は自分の好きなメニューをせっせと作るようになった。その筆頭がヨーグルトベースのカレーだ。同じ作り方で鶏肉を使ったカレーも作るけれど、今回紹介するのは海老。辛さも控えめにして、たっぷりのヨーグルトとトマトで爽やかに仕上げるようにしている(ただし、生姜もニンニクもたっぷり入れている)。

まず、皮をむいて背わたを取った海老を、ヨーグルト、カレー粉、すり下ろしニンニク、塩と一緒にタッパーで混ぜ、そのまま冷蔵庫へ(A)。

次に油を引いたフライパンに、すり下ろし生姜、すり下ろしタマネギ(面倒だったらみじん切りで可)、赤唐辛子、クミンを入れて熱し、いい香りがしはじめたら(A)を入れ、しっかりと炒めたら(海老が赤くなるまでしっかりと)、トマトを入れ、水を注いでそのままコトコト30分ほど煮込む。仕上げにケチャップを少しだけ入れて味を整える。

辛いのが好きな人は、赤唐辛子をたっぷり入れてください。自分の好きな味になるように、適宜、スパイスなど加えるとオリジナルカレーができあがって、より楽しいと思う。ヨーグルトと海老の組み合わせはとてもさっぱりとしていて、今の季節にぴったり。あまり手の込んだメニューではないけれど、たまにはそんな感じもいいじゃないですか。夏の疲れを癒やしてください。是非。

材料 (2人前)

(A)

海老 6

ヨーグルト 200g

塩 小さじ1

ニンニク(すり下ろす) 2

カレー粉 大さじ2

(B)

しょうが(すり下ろす) 1

たまねぎ(すり下ろす) 1/2

トマト 1

クミン 大さじ2

水 200cc

ケチャップ 適宜

赤唐辛子 適宜

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
シェフが手放さない♡9つの「魔法の隠し味」食材
料理レシピ
シェア
シェフお気に入りの「魔法の隠し味」食材9
スーパーで手に入るものも♡
秋キャンプにオススメ!パンで作る「超簡単ピザブレッド」
料理レシピ
シェア
秋キャンプに!パンで作る「簡単ピザ」が美味しそう
アウトドアでも、ピザ生地を使わなくても、ピザは作れる!
揚げずにサクサクのクランブル/さつまいものチーズコロッケ風/サクサク焼き野菜
料理レシピ
シェア
モデルだって揚げ物が食べたい!
芳ばしくってサクサク!なのにヘルシー♡
余り物の野菜のアレンジレシピ
料理レシピ
シェア
モデルがリアルに実践!体型にもお財布にもやさしい料理術
家に余っている野菜たちを無駄なく、おしゃれレシピに活用するには?
料理レシピ
シェア
簡単おいしい♡オードリー・ヘップバーンのパスタレシピ
オードリーが定番メニューとして作り続けた、「スパゲッティ・アル・ポモドーロ」をご紹介!
料理レシピ
シェア
【レシピ】お鍋の翌日の便利なひと品
残った野菜がおいしく変身
料理レシピ
シェア
【レシピ】しゃきしゃきの切り干し大根とツナが相性抜群!
食べやすく、手軽でおいしい
ベジディップ(野菜のディップ)/アーキテクトースト(architectoast)/トーストアート
料理レシピ
シェア
モデルがハマっている3色の野菜ディップレシピ
ストックしておくと便利!
料理レシピ
シェア
【レシピ】簡単だけど、しっかりおかず
ささっと15分!
栄養効率が上がる!?栄養士が勧める「野菜調理法」
料理レシピ
シェア
栄養士が解説!野菜別、もっともヘルシーな調理法
あの野菜は、生で食べる?それとも加熱する?