村井さんちの田舎ごはん「じゃがいものパンケーキ」

もちもちの食感に驚くこと間違いなし!

人気の記事

最近すっかり寒くなった。私が住む琵琶湖西岸は雪も多い地域で、寒さも当然厳しい。長くて辛い冬がとうとう始まるのかと少し暗い気分だ。寒いから買い物に行くのも面倒になる。20年も乗っているボロ車のエアコンが壊れていて、ハンドルを握る手がコチコチだ。そんなに辛い思いをしてまで、ランチの仕度をするなんて…と、結局買い物を諦め、お茶漬けで済ませたりする。

ADの後に記事が続きます

自分1人の食事がこれほど面倒なのは、なぜだろうといつも思う。こんなことをつらつらと考えて、ストーブの前から動けない。そしてすっかり眠くなる。それにしても、寒いと眠いのはなぜ? もしや冬眠だろうか。熊か?

寒い時期の眠気というのは本当に強いもので、ドロドロとした沼に引きずり込まれるような感覚だ。昼寝もするけど、夜もぐっすりだ。なぜこんなに眠ることができるのだろう、本当に不思議で仕方がない。悩みがないのだろうか。もしや健康なのか。なーんだ、いいことかもしれないなぁと、1人寂しく自己完結している毎日だ。

さて、すっかり前置きが長くなったが、寒くなると一気に生活力が下がる私でも、これだけは作ることができるというのが、今週のじゃがいものパンケーキだ。この季節、きっとどこのご家庭でもじゃがいもはストックしてあると思う。そんなじゃがいもと卵、小麦粉で作るシンプルなメニュー。でも、そのおいしさは格別だ。

まず、じゃがいもの皮をむいてしばらく水に漬ける。その間に卵を溶いておく。10分ほど水に漬けたら、すり下ろす。すり下ろしたら、そこに溶き卵と小麦粉、塩胡椒、ナツメグを加えてしっかりと混ぜ合わせる。これをバターを溶かしたフライパンで焼くだけだ。

たったこれだけなのに、本当においしくて、友達にも家族にも大好評だ。「なんでこんなにモチモチしてるの!?」と驚かれる。じゃがいもマジックじゃないだろうかといつも答えている。「シンプルなのに、びっくりするほどおいしい!」と言ってくれた人もいた。私もそう思う。バターとナツメグの風味がなんともいえない。たったこれだけの材料でここまでおいしいのは、やっぱりじゃがいもマジックだと思う。皆さんもぜひ。

材料 (2人分)

じゃがいも 2個から3

溶き卵 1個分

小麦粉 大さじ2から3

塩胡椒 適宜

ナツメグ 適宜 

バター 適宜

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
外がカリッ♡ボリューム満点ベイクドポテトの作り方
料理レシピ
シェア
食べたい♡サクサク&濃厚なベイクドポテトを作るコツ
たまにはカロリー度外視で!
料理レシピ
シェア
【レシピ】素材はシンプル、でも深い味わい
噛めば噛むほど、ああ、うまい!
料理レシピ
シェア
【レシピ】なんちゃってエスニック
ライムで爽やかに
料理レシピ
シェア
ティーバックの味が変わる!?正しい紅茶のいれ方
マグカップごとレンジでチン!自宅や職場で試してみて。
料理レシピ
シェア
【レシピ】焼きナスとクルミがアクセント
冷蔵庫にある野菜を総動員しよう!
料理レシピ
シェア
エリザベス女王のお気に入りは?王室レシピ本が発売に!
ケーキやタルトなど、秘伝の味が家庭で再現できちゃう
料理レシピ
シェア
【レシピ】意外だけれど、おいしいのです!
レモンとの相性バツグン
モデル飯「おなかいっぱい和風サラダ」
料理レシピ
シェア
モデルのおススメ!お腹いっぱい和風サラダ
ダイエット中の女性におすすめ。
料理レシピ
シェア
【レシピ】お気に入りの「ハンバーガー」を作ってね
ダブル、トリプルあたりまえ!自由で楽しいハンバーガーパーティーを
ミラレシピ「アップルチーズケーキ」
料理レシピ
シェア
実はたくさん食べてる!モデルのおやつ
ルールを守ってとことん楽しむ!