村井さんちの田舎ごはん「じゃがいものパンケーキ」

もちもちの食感に驚くこと間違いなし!

人気の記事

最近すっかり寒くなった。私が住む琵琶湖西岸は雪も多い地域で、寒さも当然厳しい。長くて辛い冬がとうとう始まるのかと少し暗い気分だ。寒いから買い物に行くのも面倒になる。20年も乗っているボロ車のエアコンが壊れていて、ハンドルを握る手がコチコチだ。そんなに辛い思いをしてまで、ランチの仕度をするなんて…と、結局買い物を諦め、お茶漬けで済ませたりする。

ADの後に記事が続きます

自分1人の食事がこれほど面倒なのは、なぜだろうといつも思う。こんなことをつらつらと考えて、ストーブの前から動けない。そしてすっかり眠くなる。それにしても、寒いと眠いのはなぜ? もしや冬眠だろうか。熊か?

寒い時期の眠気というのは本当に強いもので、ドロドロとした沼に引きずり込まれるような感覚だ。昼寝もするけど、夜もぐっすりだ。なぜこんなに眠ることができるのだろう、本当に不思議で仕方がない。悩みがないのだろうか。もしや健康なのか。なーんだ、いいことかもしれないなぁと、1人寂しく自己完結している毎日だ。

さて、すっかり前置きが長くなったが、寒くなると一気に生活力が下がる私でも、これだけは作ることができるというのが、今週のじゃがいものパンケーキだ。この季節、きっとどこのご家庭でもじゃがいもはストックしてあると思う。そんなじゃがいもと卵、小麦粉で作るシンプルなメニュー。でも、そのおいしさは格別だ。

まず、じゃがいもの皮をむいてしばらく水に漬ける。その間に卵を溶いておく。10分ほど水に漬けたら、すり下ろす。すり下ろしたら、そこに溶き卵と小麦粉、塩胡椒、ナツメグを加えてしっかりと混ぜ合わせる。これをバターを溶かしたフライパンで焼くだけだ。

たったこれだけなのに、本当においしくて、友達にも家族にも大好評だ。「なんでこんなにモチモチしてるの!?」と驚かれる。じゃがいもマジックじゃないだろうかといつも答えている。「シンプルなのに、びっくりするほどおいしい!」と言ってくれた人もいた。私もそう思う。バターとナツメグの風味がなんともいえない。たったこれだけの材料でここまでおいしいのは、やっぱりじゃがいもマジックだと思う。皆さんもぜひ。

材料 (2人分)

じゃがいも 2個から3

溶き卵 1個分

小麦粉 大さじ2から3

塩胡椒 適宜

ナツメグ 適宜 

バター 適宜

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

コメントする

Read Next:
一味違う大人のシナモンキャラメルホットココア
料理レシピ
シェア
大人のための「シナモンキャラメルホットココア」の作り方
家でのデートで試したい!
料理レシピ
シェア
【レシピ】寒い日にぴったりの簡単ポタージュ
思わず、うまい!
キラキラクランベリーミモザ簡単レシピ
料理レシピ
シェア
パーティがおしゃれに♡「クランベリーミモザ」簡単レシピ
ホムパメニューがちょっとレベルアップ♡
料理レシピ
シェア
【レシピ】カリカリの衣が食欲をそそる
たっぷりの野菜とマスタードをお忘れなく
インスタで人気の朝食ゾートミール
料理レシピ
シェア
野菜で作る「ゾートミール」に新朝食トレンド♡
オートミールとミックスしていただきます!
料理レシピ
シェア
【レシピ】やさしい甘さの簡単どんぶり
ふわふわの卵をたっぷりどうぞ
料理レシピ
シェア
【レシピ】忙しい時こそ、お腹にやさしいスープを
片栗粉でとろみをつけた、体を芯から温めてくれるスープ
料理レシピ
シェア
2016年最もグーグル検索されたレシピTOP10
なんだかどれもヘルシー料理が多いような…?
料理レシピ
シェア
【レシピ】どうしても余ってしまう白菜の茎を使います。
甘みが増した白菜とツナの、お腹にやさしいお総菜
赤ワインを注ぐ
料理レシピ
シェア
知っ得♡安いワインを「高級な味」にする裏ワザとは!?
飲み比べパーティーをしても楽しいかも♡