村井さんちの田舎ごはん「じゃがいものパンケーキ」

もちもちの食感に驚くこと間違いなし!

人気の記事

最近すっかり寒くなった。私が住む琵琶湖西岸は雪も多い地域で、寒さも当然厳しい。長くて辛い冬がとうとう始まるのかと少し暗い気分だ。寒いから買い物に行くのも面倒になる。20年も乗っているボロ車のエアコンが壊れていて、ハンドルを握る手がコチコチだ。そんなに辛い思いをしてまで、ランチの仕度をするなんて…と、結局買い物を諦め、お茶漬けで済ませたりする。

ADの後に記事が続きます

自分1人の食事がこれほど面倒なのは、なぜだろうといつも思う。こんなことをつらつらと考えて、ストーブの前から動けない。そしてすっかり眠くなる。それにしても、寒いと眠いのはなぜ? もしや冬眠だろうか。熊か?

寒い時期の眠気というのは本当に強いもので、ドロドロとした沼に引きずり込まれるような感覚だ。昼寝もするけど、夜もぐっすりだ。なぜこんなに眠ることができるのだろう、本当に不思議で仕方がない。悩みがないのだろうか。もしや健康なのか。なーんだ、いいことかもしれないなぁと、1人寂しく自己完結している毎日だ。

さて、すっかり前置きが長くなったが、寒くなると一気に生活力が下がる私でも、これだけは作ることができるというのが、今週のじゃがいものパンケーキだ。この季節、きっとどこのご家庭でもじゃがいもはストックしてあると思う。そんなじゃがいもと卵、小麦粉で作るシンプルなメニュー。でも、そのおいしさは格別だ。

まず、じゃがいもの皮をむいてしばらく水に漬ける。その間に卵を溶いておく。10分ほど水に漬けたら、すり下ろす。すり下ろしたら、そこに溶き卵と小麦粉、塩胡椒、ナツメグを加えてしっかりと混ぜ合わせる。これをバターを溶かしたフライパンで焼くだけだ。

たったこれだけなのに、本当においしくて、友達にも家族にも大好評だ。「なんでこんなにモチモチしてるの!?」と驚かれる。じゃがいもマジックじゃないだろうかといつも答えている。「シンプルなのに、びっくりするほどおいしい!」と言ってくれた人もいた。私もそう思う。バターとナツメグの風味がなんともいえない。たったこれだけの材料でここまでおいしいのは、やっぱりじゃがいもマジックだと思う。皆さんもぜひ。

材料 (2人分)

じゃがいも 2個から3

溶き卵 1個分

小麦粉 大さじ2から3

塩胡椒 適宜

ナツメグ 適宜 

バター 適宜

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
シェフが手放さない♡9つの「魔法の隠し味」食材
料理レシピ
シェア
シェフお気に入りの「魔法の隠し味」食材9
スーパーで手に入るものも♡
秋キャンプにオススメ!パンで作る「超簡単ピザブレッド」
料理レシピ
シェア
秋キャンプに!パンで作る「簡単ピザ」が美味しそう
アウトドアでも、ピザ生地を使わなくても、ピザは作れる!
揚げずにサクサクのクランブル/さつまいものチーズコロッケ風/サクサク焼き野菜
料理レシピ
シェア
モデルだって揚げ物が食べたい!
芳ばしくってサクサク!なのにヘルシー♡
余り物の野菜のアレンジレシピ
料理レシピ
シェア
モデルがリアルに実践!体型にもお財布にもやさしい料理術
家に余っている野菜たちを無駄なく、おしゃれレシピに活用するには?
料理レシピ
シェア
簡単おいしい♡オードリー・ヘップバーンのパスタレシピ
オードリーが定番メニューとして作り続けた、「スパゲッティ・アル・ポモドーロ」をご紹介!
料理レシピ
シェア
【レシピ】お鍋の翌日の便利なひと品
残った野菜がおいしく変身
料理レシピ
シェア
【レシピ】しゃきしゃきの切り干し大根とツナが相性抜群!
食べやすく、手軽でおいしい
ベジディップ(野菜のディップ)/アーキテクトースト(architectoast)/トーストアート
料理レシピ
シェア
モデルがハマっている3色の野菜ディップレシピ
ストックしておくと便利!
料理レシピ
シェア
【レシピ】簡単だけど、しっかりおかず
ささっと15分!
栄養効率が上がる!?栄養士が勧める「野菜調理法」
料理レシピ
シェア
栄養士が解説!野菜別、もっともヘルシーな調理法
あの野菜は、生で食べる?それとも加熱する?