村井さんちの田舎ごはん「豆腐とベーコンのお好み焼き」

豆腐でヘルシーなお好み焼きを

人気の記事

冬になるとスーパーで売り出される豆腐の種類がぐっと増えるのは、やはり寒い季節は鍋が好まれるからだろうか。お気づきとは思うけれど、私は豆腐が大好きで、冬場はほとんど毎日食べていると思う。

豆腐って本当に万能選手で、焼いたり、煮付けたり、自由自在に料理できる。水を切ればより幅広いメニューに対応出来るから、とても便利な食材だと思う。つなぎとしての役割も果たしてくれるし、自由自在に形を変えられるのも面白いところだ。スイーツだって作ることができる。その上、栄養価が高くて安いだなんて最高だ。

ADの後に記事が続きます

私は豆腐の煮付けが一番好きだけれど、最近はまっているのが、今週紹介する豆腐のお好み焼きだ。ふわふわとして柔らかくて、クセがなく、とても食べやすい。二日酔いの朝なんていい感じ。今回はベーコンを使っているけれど、具材は冷蔵庫にあるものでOKだし、豆腐の他に必要な材料はほんの数種で、いつも冷蔵庫に入っているものばかり。小さな子供にも好かれるメニューなので、献立に困っているお母さんは是非挑戦してみて欲しい。

まず、用意するのは豆腐。木綿でも絹でもいい(ただし、木綿の方が扱いやすい)。用意したら、しっかりと水を切る。前日の残り物だと、ある程度水が切れているので便利だ。もし、新しい豆腐を使うようだったら、ペーパータオルで包んで、なるべく水分が残らないようにする。

水が切れたらボウルに入れて、潰していく。泡立て器があればそれを使うと、滑らかな生地になる。ある程度潰すことが出来たら薄力粉を入れ、しっかりと混ぜる。ここで入れる薄力粉の量が足りないと、成型しにくいのでしっかりと入れる。フライパンに油を引いて、お玉に軽く一杯の生地を広げて焼き始める。生地の上に刻んだベーコンとネギを乗せる。あとは裏表、しっかりと焼くだけだ。

仕上げに花かつおを振ってできあがり。ソースはだし醤油や酢醤油が合います。熱々を、是非。

材料 (1人分)

木綿豆腐 1/2丁 

ベーコン 1

薄力粉 大さじ2

ねぎ 適宜

作り方のポイント

小さめのサイズで焼くと、ひっくり返す時に失敗しません。ベーコンの代わりに干しエビでもおいしいですよ。

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
シェフが手放さない♡9つの「魔法の隠し味」食材
料理レシピ
シェア
シェフお気に入りの「魔法の隠し味」食材9
スーパーで手に入るものも♡
秋キャンプにオススメ!パンで作る「超簡単ピザブレッド」
料理レシピ
シェア
秋キャンプに!パンで作る「簡単ピザ」が美味しそう
アウトドアでも、ピザ生地を使わなくても、ピザは作れる!
揚げずにサクサクのクランブル/さつまいものチーズコロッケ風/サクサク焼き野菜
料理レシピ
シェア
モデルだって揚げ物が食べたい!
芳ばしくってサクサク!なのにヘルシー♡
余り物の野菜のアレンジレシピ
料理レシピ
シェア
モデルがリアルに実践!体型にもお財布にもやさしい料理術
家に余っている野菜たちを無駄なく、おしゃれレシピに活用するには?
料理レシピ
シェア
簡単おいしい♡オードリー・ヘップバーンのパスタレシピ
オードリーが定番メニューとして作り続けた、「スパゲッティ・アル・ポモドーロ」をご紹介!
料理レシピ
シェア
【レシピ】お鍋の翌日の便利なひと品
残った野菜がおいしく変身
料理レシピ
シェア
【レシピ】しゃきしゃきの切り干し大根とツナが相性抜群!
食べやすく、手軽でおいしい
ベジディップ(野菜のディップ)/アーキテクトースト(architectoast)/トーストアート
料理レシピ
シェア
モデルがハマっている3色の野菜ディップレシピ
ストックしておくと便利!
料理レシピ
シェア
【レシピ】簡単だけど、しっかりおかず
ささっと15分!
栄養効率が上がる!?栄養士が勧める「野菜調理法」
料理レシピ
シェア
栄養士が解説!野菜別、もっともヘルシーな調理法
あの野菜は、生で食べる?それとも加熱する?