村井さんちの田舎ごはん「アボカドディップ」

切って混ぜるだけの簡単レシピ​。

人気の記事
ADの後に記事が続きます

食欲旺盛な男性が家庭内に3人いると、週末はどうしてもがっつり系メニューが多い。金曜は鶏肉、土曜は豚肉、日曜は牛肉といった具合で、彼らの要求を満たすためにキッチンはフル稼働することになる。

私自身は漁師町生まれということもあって魚の方が断然好きだし、肉はハムやソーセージといった加工製品の方が好きだ。だから、男性チームが焼きたての肉をガツガツと口に運んでいる横で、「よくそれだけ入るな……」とつぶやきつつ、写真のようなメニューを独り静かに食べていることが多い。生ハムやソーセージ、数種の新鮮な野菜とパン。これにワインがあったらもう満足だ(写真の量は随分控えめだが、当然、もっと沢山食べている。そして飲んでいる)。

ハムやソーセージに合わせる野菜で私が好きなのは、トマトやアボカドだ。とくに、新鮮なアボカドには目がない。レモンを絞ってそのまま食べるのもいいけれど、時間があるときに必ず作るのがアボカドディップ。今週も前置きが長かったが、このアボカドディップを紹介しようと思う。

さて、早速作り方です。新鮮なアボカドの皮を剥き、実をスプーンの背でつぶす。玉葱のみじん切り、レモン、塩、粗挽きブラックペッパー、そしてマヨネーズを加えて、手早く混ぜる。これだけだ。ここに油を切ったツナを入れると、より濃厚なディップが出来上がる。また、クリームチーズやわさびを加えてアクセントをつけることもできる。

私自身はシンプルなタイプが一番好きだけれど、たまにはバリエーションを加えても楽しいだろう。ナチョス、クラッカー、フランスパンなどをそえれば完璧だ。是非!

材料 (2人分)

アボカド 1

たまねぎのみじん切り 適宜

粗挽きブラックペッパー 適宜

レモン 適宜

マヨネーズ 適宜

作り方のポイント

レモンはたっぷり絞るとさわやかでおいしいです!

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
シェフが手放さない♡9つの「魔法の隠し味」食材
料理レシピ
シェア
シェフお気に入りの「魔法の隠し味」食材9
スーパーで手に入るものも♡
秋キャンプにオススメ!パンで作る「超簡単ピザブレッド」
料理レシピ
シェア
秋キャンプに!パンで作る「簡単ピザ」が美味しそう
アウトドアでも、ピザ生地を使わなくても、ピザは作れる!
揚げずにサクサクのクランブル/さつまいものチーズコロッケ風/サクサク焼き野菜
料理レシピ
シェア
モデルだって揚げ物が食べたい!
芳ばしくってサクサク!なのにヘルシー♡
余り物の野菜のアレンジレシピ
料理レシピ
シェア
モデルがリアルに実践!体型にもお財布にもやさしい料理術
家に余っている野菜たちを無駄なく、おしゃれレシピに活用するには?
料理レシピ
シェア
簡単おいしい♡オードリー・ヘップバーンのパスタレシピ
オードリーが定番メニューとして作り続けた、「スパゲッティ・アル・ポモドーロ」をご紹介!
料理レシピ
シェア
【レシピ】お鍋の翌日の便利なひと品
残った野菜がおいしく変身
料理レシピ
シェア
【レシピ】しゃきしゃきの切り干し大根とツナが相性抜群!
食べやすく、手軽でおいしい
ベジディップ(野菜のディップ)/アーキテクトースト(architectoast)/トーストアート
料理レシピ
シェア
モデルがハマっている3色の野菜ディップレシピ
ストックしておくと便利!
料理レシピ
シェア
【レシピ】簡単だけど、しっかりおかず
ささっと15分!
栄養効率が上がる!?栄養士が勧める「野菜調理法」
料理レシピ
シェア
栄養士が解説!野菜別、もっともヘルシーな調理法
あの野菜は、生で食べる?それとも加熱する?