【私の生き方】90年代、スーパーモデル全盛期のパリで学んだこと

新しいことに挑戦し続ける! パワフルに生きるSAKURAさんの秘訣とは?

もっと読む 「好き」を仕事にした世界中の女性にインタビュー
20 articles
必ずYESと言う!ラッシュの商品開発、アイデアの源は?
【私の生き方】言い訳は一切しない!パリを拠点に生きる女優の生き方
OLからパリで俳優に…「自分に正直な生き方」
後悔しない人生を!性が変われど揺るがない「KABA.ちゃんの信念」
ADの後に記事が続きます

自分の人生は、自分でしか生きられないし、どう楽しんでいけるかは、毎日の選択と気持ち次第。どんな生き方だって、自分で選んできている人は、いつだって魅力的に見えるし、自然と心惹かれるもの。コスモポリタン日本版では、人生を謳歌しているさまざまな女性の生き方を紹介していきます。

モデル・ビューティジャーナリスト SAKURAさん

1989年、元祖スーパーモデルたちがランウェイを賑わしたパリ。そこにスーツケース1個を持って飛び込んでいったのが、日本人モデルのSAKURAさん。パリの街で伝説のモデルたちに囲まれて磨かれたプロ根性、エネルギーは今でもずっと生き続け、現在はモデル、ビューティジャーナリスト、10年間の甲南女性大学での非常勤講師経験などマルチに活躍を続けている。恐れずチャレンジし、輝き続けるSAKURAさんのパワーの源はどこにあるのか、素顔に迫りました。

―「ヨーロッパでモデル」になることに挑戦した経緯を教えてください。

モードの本場はパリだ!と思い、スーツケース1個で、知り合いのいないパリへ飛び込んだ

当時私が日本でモデルをしていた頃は広告全盛期でした。CMや企業広告などに出演していましたが、「何か足りない?」と思うようになって。そんな20代前半の頃に、モードの本場はパリだ!と思い、ためらいなくスーツケース1個で知り合いのいないパリへと飛び立ちました。

現地に着くと、まず有名なモデル・エージェンシーのリストを片手に、片っ端から公衆電話で電話してアポイントを取っていきました。自分の力で直接会うところまでこぎつけないといけないので、かなりチャレンジ精神が試されましたね。

パリから先にミラノに渡り、「絶対所属したい!」と思っていたモデル事務所に4回訪れたのですがその度に断られ。でもなんだか納得がいかず、「あなた、また来たの?」と受付の女性に言われならがも(笑)粘って5回行きました。そしたらヘッドブッカー(所属させる、させないのジャッジを決める人)が中から飛び出てきて大歓迎され、その希望事務所に所属することになりました。その日から有名雑誌のオーディションを組まれるなど、モデル人生が一転したことは忘れられません。なんとなく直感だったのですが、それを信じて諦めなくてよかった!と、今でも思っています。

90年代スーパーモデル全盛期のパリで学んだ生き方
ADの後に記事が続きます

―1990年前後の当時はスーパーモデル全盛期。他のモデルたちから刺激を受けたことは?

自分の未来のヴィジョンを持って、それをはっきり口にすることができる。「私もしっかりしないと!」と強く思った

当時のスーパーモデルほどのメンバーはそれ以降なかなか出てこないし、彼女たちは今でも活躍している。それぐらい存在感と華やかさがありました。

例えばサルコジ元仏大統領と結婚したカーラ・ブルーニ。ある日、シャネルのツイードスーツを着た彼女が、バーンと足で事務所の扉を蹴って「ボンジュール!」と入ってきて。「わぁ、これぞモデルだ!」と衝撃を受けましたね。当時日本では少し尖った格好をするデルカジファッションというスタイルが流行ってたんですけど、ジャケットとスカートというコンサバティブな服装をしているのにモデルとしての存在感がある彼女を見たときに、すごく衝撃を受けました。

ケイトモスも、すごく仕事にプロフェッショナルで強烈な個性を持っていたのを覚えています。

それに、みんな自分の未来へのヴィジョンを持って、それをはっきり口にしていたのが印象的! 例えば、褐色の肌でグリーンアイズのヘレナ・クリステンセンは「将来結婚したら、ボランティアや好きな古着屋を経営したい」、クラウディア・シファーは「将来弁護士の仕事にも興味がある」とか。

日本から来て事務所に英語で電話するだけでもストレスで余裕がなかった私には、目から鱗でしたよ。「私もしっかりしないと!」と強く思った瞬間でした。それ以来、自分の未来をイメージするようになり良い影響を受けました。

レベルがすごく高いプロフェッショナルな彼女たちの姿を間近で見れたのは、とても貴重な経験でした。

―その後2年半のヨーロッパ生活を経て日本に帰国されていますが、どういった経緯でビューティージャーナリストになったのでしょう?

たとえモヤモヤとしながらでも、自分の未来をイメージすることは大切。そうすることで、やがて訪れるチャンスに敏感になる

スーパーモデルたちから良い刺激を受けたことで、さらに"プロフェッショナル"を追及しようと帰国してモデル活動を続けていました。そんな中、モデルを軸にそこから何か違う表現をやってみたいとイメージするようになり…でも何がしたいか具体的に見えず、3年間ほど悶々としていた時期もありました。

そんなとき、ある女性誌の編集長から、「これから、コスメというジャンルの成長がすごい時代がくるから、モデル・コスメジャーナリストとして、コラムを書いてみないか?」と声をかけていただいて。自分の中で、「これは新しいチャレンジかもしれない!」という気がして、依頼を受けたのが今のお仕事の原点です。その雑誌では6年間連載を担当し、様々な誌面や新聞、ウェブサイトなどへと仕事が広がっていきました。

ADの後に記事が続きます

この仕事を始めることができたのも、モヤモヤとしながらでも自分の未来をイメージしていたから。何かを「やりたい!」という強い意欲を持っていなければ、チャンスが来たときに気付かずに通り過ぎてしまうと思うんです。

モデルとして、歳を重ねても極める方もいます。一方私の場合、話したり書いたりして物事を伝える仕事にも魅力を感じていたからこそ、この世界に引き込まれたのかもしれません。

―当時の日本でも刺激的な体験をされていますね! 2003年度のVOGUE JAPANのパーティスナップ最多出場者に輝いた経験があるほど、パーティーガールでもあったようですが…。

当時はブランドブティックがあちこちに展開するときで、年間にファッション関連のパーティーが800本以上あるほどパーティバブルでした。

夕方から7本以上かけもちで、車にそれぞれのブランドの衣装やバッグ、時計などに着替えてパーティーに行った記憶があります。すごくパワフルでしたね。

パーティーは、社交の場だけでなく、最新の場所、音楽、ケータリング、演出などを体感できる場所で、様々な角度から学びがあり、この頃の経験がしっかり今生きています。

そのおかげで、ホテルのブライダルプロデュースや空間演出などの仕事へと展開していきました。

―その後は10年間、甲南女子大学で非常勤講師もされ、毎週東京と神戸間を行き来されていますね。

https://www.instagram.com/p/BQflp29lfzu/?taken-by=beautysakura

大学では「モード論」として、私が今まで国内外で体験してきたことや、学んできた知識を伝えてきました。若い学生たちが、ファッションやビューティーを知識として理解したり、イメージできたり、興味を持ったりして、ゼロから1になるすばらしさを見るのは、感動ものでした。それに講義を受けたことで、「新たな夢ができた」「刺激を受けた!」と言ってもらえることも多く、教育の醍醐味だと実感しましたね。

―ビューティージャーナリストとして幅広い知識を女性に伝え続けていらっしゃいますが、今後やっていきたいことは?

今はインターネットで莫大な情報が溢れ、電子機器が必要不可欠な時代。

あえてデジタルデトックスの大切さを感じています。例えば週に1、2回でも自然に触れる機会を持つと、"美味しい"とか"美しい"とか人間の本来の感覚が目覚めるんです。

電子機器ばかり使っているとメンタルにもよくないし、こういったデジタルデトックスでちょっとでも自分自身を解放してあげるのもいい方法かと思います。

昨年、東京から1時間半の湯河原、海辺の高台に「スタジオS」という建物を建てたのですが、私もそこで週末は自然の恩恵を受けています。波の音、朝焼け、太陽、風にパワーをすごくもらえるんです! 今後スタジオやギャラリーなど、面白いことにも使えたらなと思っています。

【私の生き方】90年代、スーパーモデル全盛期のパリで学んだこと
湯河原の自然のパワーを享受できるスタジオS。
ADの後に記事が続きます

―いつもパワフルなSAKURAさんですが、落ち込むこともありますか?

正直、こういう仕事って繊細じゃないとできないところがあって、傷つきやすいし、落ち込むこともしょっちゅう…。でも、そんなときに立ち直るコツが、相手を責めずに自分の良くなかった部分を考えること。そうすると相手に怒りを感じているよりか、落ち込む時間が短時間で済むんです。やっぱり貴重な人生の時間の中で、ネガティブになる時間ってもったいないじゃないですか。それに、こうやって自分を客観的に見る癖をつけると、冷静に物事を考える訓練にもなるので。

―最近ではファッションウィークに元祖スーパーモデルたちが登場するなど、90年代のモデルたちは輝きを増し続けています。そんなモデルたちやSAKURAさんを含め、タイムレスに美しい人の秘訣はどんなところにありますか?

楽しい着地を知っている人は、そこに向かって輝き続ける

やはり、常に何かにチャレンジするまっすぐな精神じゃないでしょうか? 歳は関係なく、自分が積み重ねてきた経験を次に生かすなど、楽しいことしていきたいですよね!

成功させるにはたくさんのエネルギーや学び、ネットワークも必要になるけど、最終的に楽しい着地を知っている人は、そこに向かってきっと輝けるのだと思います。

私も「有言実行!」を信念に、イメージした目標は、今後も必ず実現に向かって頑張っていきたいです!


「ひとつひとつ目の前のことに全力投球してきた積み重ねで、今がある」というSAKURAさん。どんなことにも"プロフェッショナル"精神を持って向き合っていくことで、次なる未知の扉が開いていく。そして、それを続けていくことこそがパワフルに輝くSAKURAさんの秘訣なのかもしれません。

【SAKURAさんから学んだパワフルに生きるコツ】

・自分が志す道の"プロフェッショナル"とは何か熟考する

・自分の未来をイメージし続けると、チャンスが来たときに逃さない

・直感を信じて行動する

ウェブサイト

ツイッター:@BeautySAKURA

フェイスブック:@beautysakurabeauty

インスタグラム:@beautysakura

More from Cosmopolitan Japan:
キャリア
シェア
注目デザイナーが「ジュエリーで勝負する」と決めた理由
エルメスなど名だたる企業を辞め、夢を追い続けている若き天才デザイナーとは?
「楽しいことが好き!」を大切にして、人生の幅を広げる
キャリア
シェア
海外でレポーターに!モットーは「バラエティ豊かな人生を」
ロンドンを拠点にメディアという分野で"自分らしい"キャリアを築くまでの道のり
ライフスタイル
シェア
挫折や劣等感を越えて。シンガー塩ノ谷 早耶香の「芯の強さ」に迫る
はじめて参加したオーディションで、少女だった彼女が突きつけられた現実とは?
コーダリーのマチルド・トマさん
キャリア
シェア
コスメ会社創業者の信念は「世界を変える力」を信じること!
葡萄を使用したスキンケアを創設した、環境活動家のマチルドさんの原動力とは…?
【私の生き方】自分を誇りに思うことのできる選択を!
キャリア
シェア
アルマーニの広告にも選出。コメディアンの「生き方」とは?
弁護士からコメディアンに転身したことで人生の幅が広がった!
【私の生き方】好きを仕事にすることで潜在能力が200%発揮する
トレンドニュース
シェア
「好き」を仕事にすることで潜在能力が200%発揮する
香水を創作するという情熱で、開花していったフランチェスカさんのポテンシャルとは?
【私の生き方】劇を演じるように人生を生きる!
ライフスタイル
シェア
【私の生き方】劇を演じるように人生を生きる!
トップモデル、女優、歌手とマルチに活躍するターニャさんが、輝き続ける秘訣とは?
「イスラム教徒のデート事情」を綴った小説家の生き方
ライフスタイル
シェア
イスラム版ブリジット・ジョーンズ!小説家にインタビュー
​ロンドンでイスラム教徒の自分らしく生きる女性が感じていることとは…?​
ライフスタイル
シェア
【私の生き方】これからの生き方が太陽の歌声につながっていく
オーディションの落選がきっかけで自分のスタイルが見つかった​
【私の生き方】ミス・フランスが世界に伝えたかったこと
ライフスタイル
シェア
テロ後、ミス・フランスが伝えたかった「怯えない強い心」
​62年ぶりにミス・ユニバース大会でトップ3に選ばれ​た​、フランス代表の魅力に迫る。​