私とセックスをしたがらない彼との関係、どうすべき?

人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!

人気の記事

コスモポリタン アメリカ版の男性ライターが、女子のお悩みに本音で回答する相談コーナー。今回寄せられたのは、彼が1人エッチばかりしていて、全然自分とセックスしたがらない…という女性から。

Q.1年付き合ってる彼がいるんですけど、ポルノを見ながらの1人エッチばかりで、私とセックスをしたがりません。ひと月に数回あるかないかのセックスでも、彼はほとんど喜ばないんです。というか、これまで私とのセックスで最後までイッたのはたったの1回。私とのセックスで射精できないのなら、自分で処理するしかないというのもわかりますけど、2人の問題として解決しようと私が思っても、彼はそれを拒否するんです。

いつも私が寝ている時とか留守の間にコソコソと自分でしていて、私はそれを知ってるから余計気になるし、ツラいです。彼が私に与えてくれないから、もっと欲っしてしまいます。これって全然フェアじゃないと思うんです。私は結構性欲もあるほうだとは思うのですが、まさか自分と全くセックスをしたがらない男性と長く付き合うことになるとは、思ってもみませんでした。彼のことは大事ですが、こうして1年も経った今は、一緒にいるのが苦痛になってきました。

A.そんなに長い間悩んでいらっしゃったことを、とても気の毒に思います。でも、もう悩む必要はありません。さっさと別れるべきですよ、そんな男とは。あなたのそばにいるのに、あなたの気持ちと心に寄り添ってくれないような男性ではなく、あなたのことを欲してくれる人と一緒になるべきです。

ADの後に記事が続きます

あなたが言うように、もし本当に彼のことが大事で、まだこのことで彼と直接話し合っていないようなら、きちんと明確にして端的に伝えるべきです。ですが、単に「ポルノを観るのをやめてほしい」ではダメです。間違いなく、彼は何かしら嘘をつきますから。そうではなく「生身の彼女よりもポルノのほうが良いなんていう男性と、いつまでも付き合う気はない。なぜなら自分は、もっと尊重されるべきだから」と伝えましょう。とても敬意を欠いた、不満ばかりがたまるツラい状況だということをはっきりと言うべきです(2人でセラピーを受けるのもありでしょう)。彼との性生活を改善したいのなら、まず彼にポルノを観るのをやめさせ、2人で一緒にセックスを一からやり直さなければなりません。

と、ここまでアドバイスしましたが、それ以前に、単に彼とあなたは合っていないのでは、と心配しています。女性ならば誰だって、愛情や敬意、そして相手の男性から興味を持たれる関係を望んでいいはずですよ。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
ベッドの上で抱き合うセクシーなカップル
ラブ & セックス
シェア
海外男子9人が告白!女子にされてムラムラしたこと
男子を興奮させるのは、とっても簡単なよう♡
いつもより♡「オーガズム」の快感がアップする体位6
ラブ & セックス
シェア
いつもより♡「オーガズム」の快感がアップする体位6
どれも特別なテクニックはいらないんです!
実は前戯も重要!?妊活中セックスのポイント6
ラブ & セックス
シェア
医師が教える、妊活中のセックスで心がけたい6のこと
とにかく楽しむのが大事♡
海外男女がセックスを回避するためにとった行動8
ラブ & セックス
シェア
ごめん無理!男女8人がセックスを避けるためにやったこと
みんなのとっさの思いつきがスゴイ…(笑)
英調査で判明!皆が密かにやってる「セックスプレイ」10
ラブ & セックス
シェア
英調査で判明!カップルに人気の「アブノーマルプレイ」10
海外の皆さんは、どんなプレイを楽しんでいるの?
男性が家事を手伝うと、2人の性生活が向上するかも?
ラブ & セックス
シェア
男性が家事を手伝うと、2人の性生活が向上するかも?
これ、パートナーにも見せなきゃ!
「愛」と「欲」の違いは?見極めるための6つのサイン
ラブ & セックス
シェア
彼への感情が、「欲望」であり「愛」ではない6のサイン
この関係は「愛」なのか、それとも…?
花嫁を抱きかかえる花婿/結婚式を挙げて幸せそうなカップル
ラブ & セックス
シェア
海外男子10人が振り返る「妻との結婚初夜」
男子にとっても、思い出深い初めての夜。
ラブ & セックス
シェア
大胆告白!セレブ13人の「性生活」にまつわる発言集
ここまでくると、もはや清々しい!
ほっこり♡男性9人が語る「妊娠した妻のカラダ」への感想
ラブ & セックス
シェア
妊娠した妻のカラダを見てどう思った?男子の本音9連発
「この世で1番美しい存在だと思った」