現場での相性はイマイチ!?だった名作映画のカップル7

意外…

人気の記事

「ああ、こんな恋愛してみたい…!」と、恋愛映画のカップルにうっとりすることは多いけど、スターだって生身の人間。映画の中では理想のカップルにしか見えなかった2人が、実は撮影現場では犬猿の仲ということも。

そんな、現場では実は相性が悪かった"名作映画の理想のカップル"を<Digital Spy>からご紹介。

ADの後に記事が続きます

1.レイチェル・マクアダムス&ライアン・ゴスリング

『きみに読む物語』

言わずと知れた映画史上に残る純愛物語。世界中を泣かせた 2人だけど、実は撮影現場ではケンカが絶えなかったんだそう! 

監督のニック・カサヴェテスによると、現場での2人は怒鳴りあうほど仲が悪く、ライアンは(できるだけレイチェルと接触するのを避けるため)リハーサル用にレイチェルの代役を用意してと頼んだほど。ところがその後2人はちゃっかりデートしはじめ、3年も付き合っていたのだから、男と女の間には何が起こるか分からない!?

2.ニック・ノルティ&ジュリア・ロバーツ

『アイ・ラブ・トラブル』

1994年の公開時、ニックは54歳、ジュリアは27歳。つまり歳が倍も違う2人のラブコメという設定そのものに無理があったのかも。<ニューヨーク・タイムズ>のインタビューで、ジュリアは「ニックはチャーミングで素敵な人だけど、最低な人でもあったわね」と答えており、ニックの方も「"最低"だなんて、ずいぶんだな。でも彼女がそこそこヒドイ奴だってことは皆知ってるよ」と負けずに応戦。ああ、怖すぎる…。

3. ジェニファー・グレイ&パトリック・スウェイジ

『ダーティ・ダンシング』

1980年代を代表する青春映画であり、その後ミュージカルにもなった名作。ティーンエイジャーの女の子がダンスのインストラクターと恋に落ちる設定だけど、実際の現場は"甘いロマンス"とは程遠かった様子。パトリックは後に「ジェニファーはかなりの気分屋だった。何度も同じシーンを撮り直しさせたり、いつもカリカリしていた。ミスを指摘されると、感情的になって泣き出したりもしたよ」と語ったそう。

女子高生の役だったけど、当時ジェニファーは26歳。パトリックは34歳。2人とも立派なオトナだったんだから、もっとうまくやれたらよかったのに。

4.マリリン・モンロー&トニー・カーティス

『お熱いのがお好き』

「マリリンとキスするのは、ヒットラーとキスするようなものだったよ!」「彼女はいつもイライラしてたし、気が散って撮影に集中できていなかった」と、後日トニーがマリリンをメッタ切りしたそうだけど、実はこれにはワケが。レイチェル&ライアン組とは逆のパターンで、2人はかつて恋人同士だったんだそう。元カレ&カノが共演、しかも恋におちる設定なのだから、ツライ現場だったことは想像に難くない…?

5.アンソニー・ホプキンス&シャーリー・マクレーン

LOVEシーズン』

「シャーリーは今まで一緒に仕事をした女優の中でもっとも不快な人物だった」――アンソニー・ホプキンスにここまで言わせるって、一体何があったの? 「夫婦互いに愛人がいる」という設定のこのロマコメ、残念ながら興業収益も振るわず、"最低映画賞"として知られる『ゴールデンラズベリー賞』に3部門もノミネートされてしまうという結果に。

6.デイヴィッド・ドゥカヴニー&ジリアン・アンダーソン

X-ファイル』

10シーズンも続いたドラマ版に加え、劇場版も2作公開。世界中で大ヒットしたSF作品だけど、撮影中、主演2人の仲がずっと危うかったことでも有名。製作陣は「次作が製作されるか分からない」とヒヤヒヤしていたんだそう。

デイヴィッドは2008年にイギリスの新聞<メトロ>の取材を受け、「あまりに一緒にいすぎたのが良くなかったのかも。どうでもいいことでよくケンカしたし、互いの立場に立ってものを考えることができなかった」と答えているけど、同じインタビューで「ジリアンのことは大好きだし、妹のような存在だよ」とも語っていて、長い時間を経て最終的にはいい関係を築けた様子。ちなみに先日、シーズン11の製作も決定したよう。

7.クレア・デインズ&レオナルド・ディカプリオ

『ロミオ+ジュリエット』

撮影当時、2人はほのかに恋心を抱いていたとのもあるけど、レオ様は当時遊びたい盛りの22歳。クレアはまだ恥ずかしがり屋の16歳。世界中を虜にした"美しきカップル"は、現実にも「意気投合!」とはいかなかったようで…。その後レオ様は"独身の帝王"への道を突き進み、クレアはイエール大学に進学。つまり、違う道を歩むべき2人だったってことのようです。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:宮田華子

Digital Spy UK


きみに読む物語(字幕版)

Buy Now


More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?
知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされている……のかも。
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。
あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない
普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」