え、もう20年前!? 『ロミオ+ジュリエット』の13のトリビア

「誘拐」に「実は恋仲」…!? 改めて知る、『ロミジュリ』の知られざる真実

人気の記事

1996年11月にアメリカで公開された、映画『ロミオ+ジュリエット』。当時イケメン注目株No.1だったレオナルド・ディカプリオと、若手の気鋭女優だったクレア・デインズをトップスターの座に押し上げ、監督バズ・ラーマンの独自の世界観で「シェイクスピアは難しくて退屈」という若者たちの概念を一新した伝説的作品。

ADの後に記事が続きます

世界中の女子のハートをワシ掴みにした本作の公開20周年を記念して、『ロミオ+ジュリエット』の知られざるトリビアをコスモポリタン アメリカ版から。授業ファイルの中にこっそりレオ様の雑誌の切り抜きを忍ばせていた…という人は、当時の記憶が一気に蘇るはず!

1.レオはシェイクスピアに興味がなかった

他の若者たち同様、レオも映画の出演が決まるまで、シェイクスピアにはたいして興味がなかったのだとか。当時のインタビューで彼は、「シェイクスピアに造詣が深かったとは言えないね。他の同年代の人たちと同じように、"シェイクスピア"と聞くと『ああ、あのやたら長くて意味の分かんない演劇だろ?』って感じだった」とコメント。

2.メキシコでの撮影中、スタッフが誘拐されていた!

バズ・ラーマン監督の当時のインタビューによると、メキシコでの製作期間中に、ヘアメイクのアルド・シグノレッティ氏が誘拐され、身代金を支払わなければならなかったのだとか。「彼を取り戻すために、300ドル(約3万円)を要求されたんだ。…安いと思ったけどね」と監督。確かに安い(笑)。身代金を渡すと犯人はシグノレッティ氏を車から放り出し、彼は足を骨折してしまったのだそう。お気の毒に…。

3.エレベーターでのキスシーンの撮影は超大変だった

女子たちが悶絶した、あのロミオとジュリエットのエレベーターでのキスシーン。実はセットの中にカメラマンが迂回するスペースがなく、こんな風に超アナログな方法で撮影されたそう。

4.レオはクレアの演技に圧倒されていた

<Screen Slam>のインタビューで、このように語ったレオ。「クレアが(舞踏会シーンの現場に)入ってきて、その瞬間世界が変わったんだ。彼女にはジュリエットを"演じている感"がまったくなくて、手の動きひとつ取っても完璧だった。一緒に演じるシーンで、彼女が僕の目を見た。そして僕の目の前にやって来て、じっと見つめてくるんだ。やがてセリフを語り始めた。言いたいこと分かるかな? 彼女は本当に、ジュリエットそのものだったんだよ」。

ADの後に記事が続きます

5.マキューシオの名場面のハリケーンは本物

ロミオの親友であるマキューシオ(ハロルド・ペリノー)がキャピュレット家との抗争で傷を負い、「両家とも呪われろ!」というセリフを吐くあのシーン。監督によると、出演者の若者たちは嵐をもろともせず撮影に熱を入れており、セットが多少壊れたけれど結果的にはとても良い仕上がりになったのだとか。

6.レオとクレアは互いに「ときめいていた」!?

2015年のインタビューで、クレアは当時互いにときめいていたことを告白。それゆえにレオを"好き避け"してしまうこともあったのだとか! 「当時はとても大変なことのように思えて、受け入れられなかったのよ」って、切ない~!

7.一緒に撮影した最初のシーンは、"ほぼ裸"だった

実はレオとクレアが最初に共演したのは、ベッドで一夜を共にした翌朝のシーンだったのだとか! クレアは「おかげで緊張がほぐれた」と語っているけれど、初っぱなからあのシーンを撮影して、あれほどの親密感が出せるなんて…さすが、2人ともプロ!

8.最初にジュリエット役をオファーされたのはナタリー・ポートマンだった

確かにナタリーもイメージに合ってる! でも、当時ナタリーは13歳で、レオは21歳だったため、年齢差の問題でキャスティングは予定通りにいかなかったのだそう。

9.監督はロミオ役に、レオ以外は考えていなかった

VPRO Cinema>に「ロミオを体現できるのは、レオしかいないと思った」と語っていた監督。さすが、見る目ある~♡

10.しかもレオをよく知らないうちに、ロミオ役に決めていた

監督はレオがパパラッチに撮られたときの写真を見て、彼についてよく知らないにも関わらず「彼こそロミオだ!」と思ったんだそう。

ロミオ
ADの後に記事が続きます

11.製作が暗礁に乗り上げたとき、レオは自費でオーストラリアまで飛んだ

20世紀FOXが撮影について首を縦に振らないという事態に陥ったとき。監督が<San Francisco Gate>に語ったところによると、「レオは自費でビジネスクラスのチケットを買い、仲間を連れて(監督が拠点とする)オーストラリアに来たんだ。滞在中、彼はスッカラカンだった。そこでカメラテストをして、スタジオ側を説得することができたんだよ。彼は作品にとても情熱を燃やしていたんだ」とのこと。レオ、かっこいい!

12.クレアがジュリエット役に抜擢されたのは、「大人びた魅力」が勝因

「クレアに会って、ワークショップを行ったんだ。彼女の成熟度はズバ抜けてたよ。実年齢よりもはるかに大人だった」と監督。

13.舞踏会での仮装は、それぞれのキャラクターを体現するもの

映画の冒頭で繰り広げられるキャピュレット家での舞踏会シーン。ここで出演者たちが着ていた仮装は、ジュリエット(天使)=無垢で純粋、ロミオ(騎士)=高潔で勇敢、マキューシオ(ドラァグクイーン)=陽気で二面性がある、ティボルト(悪魔。ジョン・レグイザモ演じるロミオの宿敵)=悪意に満ちた存在、というふうに、それぞれのキャラクターをイメージして決められたのだそう。

ここまで読んで、懐かしさで胸がいっぱいというアナタへ。最後に、ロミオとジュリエットが出会う名シーンをどうぞ!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 伊藤 由佳里

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
アメリカ各地に『ラ・ラ・ランド』劇中バーが出現!
映画
シェア
映画『ラ・ラ・ランド』のジャズバーが現実に登場!?
アメリカ各地のジャズバーが続々と「Seb's」に変身!?『ラ・ラ・ランド』の世界に浸れる1日♡
映画
シェア
ゴールデンウィーク恒例!「イタリア映画祭」が今年も開催
濃密な恋愛映画から軽快なクライムアクションまで、イタリア映画の魅力をたっぷり堪能して♡
映画
シェア
思い込みの「パターン地獄」でがんじがらめ
イケメンは美人としか付き合わない――と思い込んでいると、チャンスを逃す、かも。
映画
シェア
映画『美女と野獣』の衣装が銀座で見られちゃう!?
実際にエマ・ワトソンが着用したドレスや、劇中で使われたバラが来日中!
映画
シェア
気になる♡ガガ様、主演映画『スタア誕生』のひとコマ公開
「大きなスクリーンに映し出される女優になりたかったの」
映画
シェア
愛され続ける『セックス・アンド・ザ・シティ』の誕生秘話♡
"インテリ"たちの目に留まったのがブレイクしたきっかけ!?
映画
シェア
「デブのくせに!」と罵る、偏見まみれの世の中
謎の美少年作家の正体は、太ったオバさんだった――それ、何か問題でもありますか?
映画
シェア
タラレバ女子こそ観ておくべき、教訓映画『T2』
おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!
COSMO的「4月に観るべき映画」5選
映画
シェア
話題の『美女と野獣』、あの名作の続編など4月に観るべきは?
『美女と野獣』のエマ・ワトソンと『スウィート17モンスター』のヘイリーがかわいすぎる♡
映画
シェア
"枕営業"していた、あの人の欠落とパワー
例えば「枕営業」してまで欲しいものとか、アナタにはあります?