「巻くだけで腹筋が!」みたいな商品ってホントに効くの?

ラクして6パックは手に入るのか!?

もっと読む これからの美容はとにかく「お尻」!
20 articles
体重は見ない!女子がやる気になるフィットネスコンテスト
生理が来ない…!実は過酷な女性のフィットネスコンテスト
お尻の構造から解説!人気トレーナーが教える本気のヒップセミナー

いまだ絶大な人気を誇るEMS

今回の内容は、クライアントからの質問が発端です。

「よくある"お腹にベルトやパットつけて外側から筋肉を刺激するやつ"って、どうなの?」と。

あのベルトは、EMS(Electrical Muscle Stimulation)という筋肉に電流を流す運動方法を利用したもので、もともとは1960年代に医療機関でのリハビリ用に開発されたものです。

ADの後に記事が続きます

一応私はパーソナルトレーナーとして、日本女子にトレーニングをしてもらい、ライフスタイルに運動を取り入れることを啓蒙しているわけで、この種の「簡単に!」とか「○○だけ!」という商品は推奨しないスタンス。だから今から書くことは、超バイアスがかかったものですが(笑)、この記事が、世の中の「ラクして痩せたい」ゾーンの人達にちょっとでも刺さるとうれしい!

私の思う問題点は2つ

この種の商品には、大きく分けて2つ問題があると思っています。

1つは「筋肉はまったく強くならない」

2つは「外見は特に変わらない」

まず1つ目の「筋肉が強くならない」という理由は、EMSは、筋肉の表面を刺激しているだけで、奥の筋肉にはまったく届いていないから。仮に、電流だけでお腹全体の筋肉を刺激しようと思ったら、かなり強い電圧でやるか、実際に電極をお腹に刺さないといけません。どちらも相当な痛みを伴うので、非現実的です。

2つ目の「外見は変わらない」というのは、100歩ゆずって筋肉が強くなったところで、見た目に変化は出ないということ。脂肪が落ちてる、落ちてないってことは別問題としても、筋肉が鍛えられた感が見えるかどうか、割れてるかどうかは「お腹に力を入れて収縮させる」という行為を、自分で意識してやらないとできないからです。

自分でやるから割れる!

極端な話、1日1万回腹筋運動(シットアップ。仰向けになって足を固定し上体を起こしてくる動き)をしたとします。すると「お腹に力を入れる」という神経系が発達していくんです。つまり、"使いたい(収縮したい)筋肉を動かす"という脳を、トレーニングすることができるわけ(シットアップはバイオメカニック的に意見が分かれるトレーニングなので、これが良いというわけではない)。

ここで言いたかったのは、外から収縮したとしても神経系が発達しない限り、お腹の割れ目を出すことはできない、ということ。EMSに任せて無意識に適度な収縮を与えたところで、見た目は変わらないということなんです。

【中編】につづく

♥【岡部友のヒップトレーニング】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ワークアウト
シェア
お尻ってこんなに変わる!-劇的ビフォーアフター⑤
Spice up Fitnessでお尻トレーニングをしたら結果……!
ワークアウト
シェア
お尻ってこんなに変わる!-劇的ビフォーアフター④
Spice up Fitnessでお尻トレーニングをしたら結果……!
健康
シェア
人気トレーナーが食べている日本で買えるスイーツ
友達への贈り物にも自分へのご褒美にもなる、こだわりのスイーツを紹介します♪
ワークアウト
シェア
お尻ってこんなに変わる!-劇的ビフォーアフター③
Spice up Fitnessでお尻トレーニングをしたら結果……!
健康
シェア
人気トレーナーが食べている「こだわりの食品」て?
サプリから食品まで色々試してみた中から、ベスト5を選びました。
ワークアウト
シェア
【動画でチェック!】岡部友が教える「二の腕」トレーニング
二の腕を"細く見せたい"女子こそ筋トレはすべき!
ワークアウト
シェア
【動画でチェック!】岡部友が教えるヒップトレーニング②
美尻は1日にしてならず…!Spice up Fitnessでこんなトレーニングを指導しています♪
ワークアウト
シェア
【動画でチェック!】岡部友が教えるヒップトレーニング①
Spice up Fitnessでも実際に行っているトレーニング中から、自宅で簡単にできる動きをピックアップ!
ワークアウト
シェア
【動画でチェック!】岡部友が教える「背中&肩」トレーニング
ボディメイクは全体のバランスが超重要。後姿の美しさを決めるのは、じつは背中だったりするんです!
ワークアウト
シェア
【動画でチェック!】岡部友が教える「二の腕」トレーニング
冬は洋服で隠れるからといって疎かにできないのが「二の腕」。