医師が提案!快眠に最適な「部屋の温度設定」とは?

お、思ったより低め!

人気の記事

あまり暑かったり、寒かったり…一度気にしだすと眠れないのは誰でも同じこと。でも、睡眠に最適な室温って考えたことがある人はあまりいないのでは?

ところが、コスモポリタン アメリカ版で紹介された<ハフィントンポスト>の記事によると、快眠に果たす「寝室の気温」の役割は大きいとのこと。

ADの後に記事が続きます

記事を寄せたのは、ヴァージニア州にあるシャーロッツヴィル・ニューロロジー&スリープ・メディシン(神経&睡眠メディカルクリニック)の医長、クリストファー・ウィンター医師。ウィンター医師によると、快眠に最適な温度はおよそ15.519.5度。24度以上か12度以下だと、一晩中安定して眠るのが難しいそう。

でも、なぜ室温が睡眠に重要な意味を持つのでしょう? 実は私たちの体温は、24時間のうちで変化していて、もっとも高いのが夕方、もっとも低いのが朝の5時前後。就寝は通常体温が落ち始める時間なので、涼しい部屋の方が眠りを促進してくれるのだとか。

他にも、室温を低くすることの利点は以下のとおり。

1.ぐっすり眠れる

南オーストラリア大学が行った研究により、特定の種類の不眠は体温調節がうまくいっていないことに起因することが判明。もし寝付きが悪くて困っているようなら、室温を下げることで体温も下がり、体が休まるような深い眠りにつけるかも。

2.アンチエイジング効果が期待できる

室温が大体21度以上あると、体はもっともアンチエイジング効果があるメラトニンの分泌を止めるそう。メラトニンは、私たちが暗闇で眠りにつき、体温が落ちたときに分泌されるもので、体温をわずかに下げるものでもあるのだとか。

3.ダイエット効果が期待できる

<ハフィントンポスト>に掲載された自然療法医のナターシャ・ターナーさんの記事によれば、健康的な睡眠習慣においては、体温が下がって成長ホルモンが分泌されると、ストレスホルモンの一種であるコルチゾールが減少するのだとか。逆に、よく眠れないと起床時のコルチゾール値が高く、不安も高まって、ダイエットに悪影響を及ぼすそう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

TOWN & COUNTRY

More from Cosmopolitan Japan:
23歳で脳卒中に…私がトレーナーとして再起す
健康
シェア
23歳で脳卒中に…私がトレーナーとして再起するまで
「私は人間が本当はどれだけ強いか、示したいのです」
並んでいる様々な体型の女性たち
健康
シェア
「理想の体」のイメージはたった15分で変わる!?
スリムな体型がいい!っていうのは単なる思い込み。
素敵♡「SNS画像の真実」を発信し続けるブロガー
健康
シェア
「完璧ショット」の裏側を暴露し続けるブロガーに注目!
「こういう写真のおかげで、私のカラダは普通なんだと思えるの」
セレブが告白!自身のダイエットが「娘に及ぼした悪影響」
健康
シェア
私のダイエットが、娘の「ボディイメージ」に与えた悪影響
子どもの前で「痩せなくちゃ」と焦る姿、見せていませんか?
研究で判明!実は女性の「スタミナ」は男性を超える!?
健康
シェア
研究で判明!実は女性の「スタミナ」は男性を超える!?
マラソンは女性向きのスポーツ…?
34歳の女性が「自覚症状のないガン」への警告をシェア
健康
シェア
「ガンは誰でもなりうる」、34歳の女性が世に贈るメッセージ
「健康的な生活をしているから大丈夫」とは限らない…
じゃがいもとステーキの乗ったプレート
健康
シェア
研究でわかった「炭水化物と脂肪」の理想の摂取バランス
乳製品や肉は減らさなくても大丈夫?
医師が教える「体調不良時にオススメの食べ物」12
健康
シェア
医師が教える「体調不良時にオススメの食べ物」12
PMS(月経前症候群)や頭痛に悩まされた時、効果が期待できる食材って?
ネイリストがシェアした「皮膚がんのサイン」
健康
シェア
ご用心!ネイリストがシェアした「皮膚ガンのサイン」
「ネイルによる変色」だと思って、放置するのは危険!
医師が解説!タンパク質を摂り過ぎると、体は…?
健康
シェア
医師が解説!タンパク質を摂り過ぎると体は…?
ダイエット中でも、摂り過ぎると体に悪影響を及ぼす可能性が