夜中に目が覚めたら絶対に避けるべき行為を専門家が指摘

わかってはいるけれど…

何かの理由で、真夜中にパッと目が覚めてしまうことは誰にでもあるもの。そんなときつい時計をチェックしたり、起きたついでにトイレに行ったりしてしまうけれど、コスモポリタン イギリス版が紹介した専門家による「夜中に目が覚めてしまったときのNG行為のアドバイスよれば、まさにそれは避けたほうがいいこといけないことなのだとか。

ADの後に記事が続きます

睡眠の専門医として知られ、『Power of When(原題「時の力」)』の著者でもあるマイケル・ブレウス医師は、イギリスの新聞インディペンデントに対し、夜中に目が覚めてしまったときの対処法について語っている。

ブレウス医師は、ベッドで上半身を起こすだけでも心拍数が上がり、睡眠時に理想的な心拍数が乱されてしまうと解説。睡眠時の平均心拍数は60なものの、起き上がるとそれ以上になってしまい、眠りに落ちるためには再び心拍数を60に戻す必要があるそう。それが簡単に戻らないことが、なかなか眠りにつけない原因なのだとか。

ちなみに、心拍数戻すにはリラックスし、頭を空っぽにするといいのだそうまた、どんなに誘惑にかられても、スマホで時間をチェックするのは言語道断なのだとか。

ブレウス医師によると、多くの人は自分が睡眠不足であるという、根拠のない恐怖心を抱いており、時間をチェックして残された睡眠時間をカウントすると、余計なストレスを生じてしまうのだとか

再び目を閉じて、とにかく無理をせずに頭を空っぽに…次に目が覚めてしまったときは、のアドバイスを思い出して

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ついやっちゃう!「サラダバー」での6つのタブー
健康
シェア
ついやっちゃう!「サラダバー」での6つのタブー
「サラダは健康的」とはいえ、これをやっちゃ台無しよ…
インスタは「ウツ改善に効果がある」という研究結果が!
健康
シェア
Instagramは「ウツ」の改善に効果がある?
不安をも共有できる場所に!?
ボディアクティビストが、批判コメントに爽快な切り返し!
健康
シェア
体型批判を一刀両断!ある女性のSNSコメントが爽快
「幸せは"サイズ"に比例しない」
悩める生理中のお腹のゆるみ…原因と対策を医師が解説
健康
シェア
なぜ?「生理中にお腹がゆるくなる理由」を医師が解説
あの下腹部の不快感を抑えるには、生理痛になる前に対策を!
これが「帝王切開」…人気ブロガーのパワフルな投稿が話題
健康
シェア
「リアルな体」をさらけ出した、ママブロガーの投稿に感動
「鏡に映る自分に打ち勝つことが大事」
英女優が「ガンの兆候」写真を公開
健康
シェア
サインを見逃さないで!英女性が「ガンの兆候」写真公開
現在、チャリティー活動を続ける彼女の投稿とは?
ゴールドのリンゴ、ゴールドの口元
健康
シェア
知ってた?病気を防ぐために必要な1日の野菜と果物の量
お、ちょっとの工夫でできるかも!?
エヴァ・メンデスが実践している美ボディキープの秘訣6
健康
シェア
2児の母!エヴァ・メンデスが実践するボディメイク術6
ライアン・ゴズリングのパートナー、エヴァ・メンデスの美ボディの秘密とは?
セクシーなキム・カーダシアン
健康
シェア
キムの栄養士が教える、キム・カーダシアンの「食事ルール」
意外に簡単、しかもベーシック。
ピーナッツバターで「アルツハイマー」を診断!?
健康
シェア
ピーナッツバターで「アルツハイマー」が発見できる…!?
フロリダ大学の研究で判明。