夜中に目が覚めたら絶対に避けるべき行為を専門家が指摘

わかってはいるけれど…

何かの理由で、真夜中にパッと目が覚めてしまうことは誰にでもあるもの。そんなときつい時計をチェックしたり、起きたついでにトイレに行ったりしてしまうけれど、コスモポリタン イギリス版が紹介した専門家による「夜中に目が覚めてしまったときのNG行為のアドバイスよれば、まさにそれは避けたほうがいいこといけないことなのだとか。

ADの後に記事が続きます

睡眠の専門医として知られ、『Power of When(原題「時の力」)』の著者でもあるマイケル・ブレウス医師は、イギリスの新聞インディペンデントに対し、夜中に目が覚めてしまったときの対処法について語っている。

ブレウス医師は、ベッドで上半身を起こすだけでも心拍数が上がり、睡眠時に理想的な心拍数が乱されてしまうと解説。睡眠時の平均心拍数は60なものの、起き上がるとそれ以上になってしまい、眠りに落ちるためには再び心拍数を60に戻す必要があるそう。それが簡単に戻らないことが、なかなか眠りにつけない原因なのだとか。

ちなみに、心拍数戻すにはリラックスし、頭を空っぽにするといいのだそうまた、どんなに誘惑にかられても、スマホで時間をチェックするのは言語道断なのだとか。

ブレウス医師によると、多くの人は自分が睡眠不足であるという、根拠のない恐怖心を抱いており、時間をチェックして残された睡眠時間をカウントすると、余計なストレスを生じてしまうのだとか

再び目を閉じて、とにかく無理をせずに頭を空っぽに…次に目が覚めてしまったときは、のアドバイスを思い出して

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
まるで別人!痩せると「手」もこんなに変わる!?
健康
シェア
本人も驚き!ダイエットで「手」がこんなに変わる!?
痩せたら指輪も買い替えなきゃ!
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
健康
シェア
太るだけじゃない!?「深夜の食事」がNGなホントの理由
「何を食べるか」より、「いつ食べるか」がポイント!?
「変えたかったのは心」。私が無茶なダイエットをやめるまで
健康
シェア
痩せても同じ「自分」。私が過激なダイエットをやめた理由
「"痩せた人=勝者"、"太った人=敗者"という考え方は間違いです」
夏前に知っておきたい!「紫外線」のメリット・デメリット
健康
シェア
皮膚科医が指南!「夏の太陽」でヘルシー美人になる
いつも日焼け止めで完全防備するのはもったいない!? 紫外線との正しい付き合い方を皮膚科医が伝授!
健康美を手に入れるために!忘れちゃいけないのは「免疫力」
健康
シェア
20代、30代女子の体調不良改善の鍵は「免疫力」にあり!?
月経不順、不眠、体調を崩しやすい…という人は免疫力が下がってるかも?今津先生が回答!
医師が解説!「二日酔い」のとき体が震えるのはなぜ?
健康
シェア
医師が解説!「二日酔い」のとき手が震えるのはなぜ?
飲み過ぎってだけじゃないみたい…
生理は「うつらない」!?あの都市伝説に新たな展開が…
健康
シェア
科学で検証!「生理はうつる」はやはり都市伝説だった!?
ちょっとがっかりするような…
フィットネススターが語る!心の「ビフォーアフター」
健康
シェア
変わったのは「心」!SNSスターのビフォーアフターが素敵
本当に大切な「変化」は、目には見えないのかも。
いいことずくめ!?バスルームに観葉植物を置くべき理由
健康
シェア
いいことずくめ!?バスルームに「観葉植物」を置く理由
アイデアは無限大♡
冷凍の野菜や果物は、生鮮食材より栄養価が高い!?
健康
シェア
え!冷凍野菜&果物は、生のものより栄養価が高い!?
もう冷凍野菜を使うことに、罪悪感を抱かなくていいかも…?