夜中に目が覚めたら絶対に避けるべき行為を専門家が指摘

わかってはいるけれど…

何かの理由で、真夜中にパッと目が覚めてしまうことは誰にでもあるもの。そんなときつい時計をチェックしたり、起きたついでにトイレに行ったりしてしまうけれど、コスモポリタン イギリス版が紹介した専門家による「夜中に目が覚めてしまったときのNG行為のアドバイスよれば、まさにそれは避けたほうがいいこといけないことなのだとか。

ADの後に記事が続きます

睡眠の専門医として知られ、『Power of When(原題「時の力」)』の著者でもあるマイケル・ブレウス医師は、イギリスの新聞インディペンデントに対し、夜中に目が覚めてしまったときの対処法について語っている。

ブレウス医師は、ベッドで上半身を起こすだけでも心拍数が上がり、睡眠時に理想的な心拍数が乱されてしまうと解説。睡眠時の平均心拍数は60なものの、起き上がるとそれ以上になってしまい、眠りに落ちるためには再び心拍数を60に戻す必要があるそう。それが簡単に戻らないことが、なかなか眠りにつけない原因なのだとか。

ちなみに、心拍数戻すにはリラックスし、頭を空っぽにするといいのだそうまた、どんなに誘惑にかられても、スマホで時間をチェックするのは言語道断なのだとか。

ブレウス医師によると、多くの人は自分が睡眠不足であるという、根拠のない恐怖心を抱いており、時間をチェックして残された睡眠時間をカウントすると、余計なストレスを生じてしまうのだとか

再び目を閉じて、とにかく無理をせずに頭を空っぽに…次に目が覚めてしまったときは、のアドバイスを思い出して

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
人気女性ブロガーが伝える、「自信を持つこと」の重要性
健康
シェア
「セルフイメージ」に負けないで!ある女性の葛藤に共感
「自分を愛し、受け入れることができるようになる万能薬なんてありません」
健康
シェア
体重が増えた今が幸せ!ビキニモデルのビフォア・アフター
ビキニ大会に出場していた(左)から、自分を好きでいられる体型へ…!
減量前に知っておきたい!「代謝」との上手な付き合い方
健康
シェア
体重を落とす理想のペースは?ダイエットと「代謝」の関係
急激なカロリー制限は逆効果…?
健康
シェア
筋トレ効果アップを狙う!モデルのリアルな食生活
動物性&植物性のタンパク質がカギ!
健康
シェア
「信頼できる誰かを1人でもいいから探してほしい」
ADD(注意欠陥障害)であることをテレビや著書で伝えた、栗原類さんにインタビュー
SNSで女性が投稿した、「子宮内膜症」のリアル
健康
シェア
病気に気づいて!ある女性が広めた「子宮内膜症」のリアル
症状に心当たりがある人は、病院での検査を検討してみて
これが私の幸せ!ある女性の「逆ビフォーアフター」が素敵
健康
シェア
元ボディビルダーが、11キロ増で得た「私の幸せ」
「6つに割れた腹筋が、私を幸せにするわけじゃなかったの」
ダイエットしてたけど週末だから食べちゃう♡スイーツを食べるお茶目な女性
健康
シェア
実は失敗しがち?「平日だけダイエット」の落とし穴
「いつ始めるか」より、「いつも」努力することが大事
医師がアドバイス!「足のムレ」を回避する6の方法
健康
シェア
ムレる足から開放…!医師が提案する6つのアドバイス
サラリとした足の裏のため!
まるで支えているかのように老人の手を握る若い人の手
健康
シェア
研究で判明した、認知症のリスクを高める「9つの要因」
早めの改善対策で、リスクを軽減したい…