「娘の子供は私が産みたい」、母の執念が凄まじい

娘の凍結卵子をめぐり、イギリスで裁判を起こした母親が話題に

女性の晩婚化が進むに伴い、日本でも注目を浴びている「卵子凍結」。コスモポリタン アメリカ版に掲載された、この技術をめぐる驚きのニュースをお届けします。

ガーディアンが報じたところによると、ある女性が孫を生むために、亡くなった娘が遺した凍結卵子の使用を求めてイギリスの裁判所で争っているそうです。

ADの後に記事が続きます

女性は60歳(身元は明らかにされていません)で、2011年に1人娘(当時28歳)を亡くしました。関係者の話では、娘はがんと診断を受けた後、2008年に自身の卵子を凍結し、母親と代理出産について話し合っていたといいます。

また、BBCの情報によれば、母親は昨年地方裁判所で敗訴したものの、控訴裁判所は、女性の娘にはパートナーがおらず、自分が死んだときの卵子の扱いに関して何を望んでいたかは「議論の余地がある事例」であるとして、女性に対し裁判所の決定に異議を申し立てる権利を認めました。女性はアメリカのクリニックで、娘の凍結卵子と精子バンクから提供される精子の人工授精を希望しているとのこと。

判決の際、判事は「個人的には、このような重大な問題に対して、HFEA(ヒト受精および胚研究認可局)と控訴裁判所の判事が判断を下すのは非常に困難であり、賛否両論、さまざまな意見があると思います。娘と母親の間でどのような会話が交わされたかに関しては…十分な証拠を集められませんでした」と述べています。

ガーディアンによれば、娘は自身の死後10年間卵子を保管するよう書類に記載しているものの、卵子の扱いについては具体的に記載していなかったそうです。

母親が勝訴した場合、亡くなった娘の卵子で母親が妊娠を試む世界初のケースになると、BBCは報じています。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…
「スマホの持ち方」で、ハッカーは個人情報を解読できる!?
社会
シェア
怖い…スマホの持ち方でパスワードがバレてるかも!?
個人情報を守るために、注意すべきことって?