「ズボンOK」まで2年!?イギリスの女性CAたちの戦い

「女性=スカート」の時代はもうおしまい?

人気の記事

イギリスの航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズの女性従業員の制服に、ついにズボンが正式導入されることになった、というコスモポリタン イギリス版からのニュース。

これまでは、一部の女性CAにしか認められていなかったズボン着用が、すべての女性CAに認められることになったらしい。

ADの後に記事が続きます

会社側と話し合いを始めてからすでに2年。ようやく「女性はスカート、男性はズボン」という、古めかしい慣習が廃止されることとなった。

ブリティッシュ・エアウェイズCA組合のマット・スミス氏は、喜びをこう伝えている。

「長きにわたり経営陣と話し合いをし、ようやく全ての女性CAが、スカートの制服だけではなくズボンの制服も選ぶことができるようになりました」

「イギリスでは、46年前に自動車工場の縫製工の女性たちが、男女の賃金格差の是正を求めてストライキを起こす姿を描いた映画『メイド・イン・ダゲナム』がヒットしたのをきっかけに、大企業は、女性を公平に扱うルールを定めてきました。にもかかわらず、ブリティッシュ・エアウェイズは女性従業員に対し、時代遅れのファッション感覚を押し付けるような待遇をし続けてきたのです」

「ブリティッシュ・エアウェイズのこれまでの発想は、今の時代の航空業界にそぐわないものでした。しかし今後はこのようなことをどんどん問題視して、会社と戦うつもりです」

このニュースを知ったイギリス人も、ブリティッシュ・エアウェイズに呆れ気味の様子。

「BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)にもついにズボンの制服が!」

「今までズボンを許可していなかったなんて、イギリス人として恥ずかしい!」

「こんなことに2年間も会社と戦わなきゃならないなんて、21世紀の現代において信じられない…」

「今さら? もう2016年なんだけど」

航空会社にとって、制服はブランドイメージを伝えるとても大切なものだけど、日本の航空会社のCAさんの制服と言えば、いまだにスカートのイメージが根強い。

日本の航空会社の制服にも、これからはズボンがどんどん導入されていくのだろうか?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
キャリア
シェア
人気モデルが立ち上げた、子ども達のためのボランティア活動
夢を持って生きて欲しい!NPO団体「ランド・オブ・ドリーム」に込められた思いとは?
収入アップも夢じゃない?「個人で稼げるサービス」9選
キャリア
シェア
月10万円!?海外で人気の「個人で稼げるサービス」9選
日本でも人気のあのサイトが1位に!
4タイプの「やりづらい上司」と、上手に向き合う方法
キャリア
シェア
タイプ別!「やりづらい上司」と上手に向き合う方法
女性CEOが教える、とっておきの処世術
現役ブロガーが告白!ブロガーをやっててツラい10の瞬間
キャリア
シェア
現役ブロガーが告白!ブロガーをやっててツラい10の瞬間
「好き」を仕事にしても、ツラさはある!
原因は?同僚との「軽いおしゃべり」を億劫に感じる心理
キャリア
シェア
職場の人との「ちょっとした会話」を避けたくなるのはなぜ?
「エレベーターで2人きりになるのが気まずいから、階段を使う」という人、いませんか?
キャリア
シェア
留学前にチェック!「アメリカの大学生」あるある5
海外に行く前の心の準備に!
職場は海の上!「クルーズ客船専属歌手」の日常
キャリア
シェア
海の上で歌う「クルーズ客船専属歌手」ってどんな仕事?
仕事しながら旅ができる…なんて、甘い話ばかりじゃない!?
仕事の効率アップに効果的なランチ休憩をとる女性
キャリア
シェア
仕事の生産性を上げるには、「ランチ休憩」がカギ!?
しっかり休んだほうが、アイデアも湧いてくるみたい!
普通の女子高生が、「セレブのバックダンサー」になるまで
キャリア
シェア
私が夢の職業、「セレブのバックダンサー」になるまで
ブリトニー・スピアーズやジャスティン・ビーバーとも共演!
英人気ブロガーが伝授!「SNSでお金を稼ぐための心得」
キャリア
シェア
超人気ブロガー直伝!「SNSでお金を稼ぐための心得」
大切なのは 、それを"好き"でいること。