「ズボンOK」まで2年!?イギリスの女性CAたちの戦い

「女性=スカート」の時代はもうおしまい?

人気の記事

イギリスの航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズの女性従業員の制服に、ついにズボンが正式導入されることになった、というコスモポリタン イギリス版からのニュース。

これまでは、一部の女性CAにしか認められていなかったズボン着用が、すべての女性CAに認められることになったらしい。

ADの後に記事が続きます

会社側と話し合いを始めてからすでに2年。ようやく「女性はスカート、男性はズボン」という、古めかしい慣習が廃止されることとなった。

ブリティッシュ・エアウェイズCA組合のマット・スミス氏は、喜びをこう伝えている。

「長きにわたり経営陣と話し合いをし、ようやく全ての女性CAが、スカートの制服だけではなくズボンの制服も選ぶことができるようになりました」

「イギリスでは、46年前に自動車工場の縫製工の女性たちが、男女の賃金格差の是正を求めてストライキを起こす姿を描いた映画『メイド・イン・ダゲナム』がヒットしたのをきっかけに、大企業は、女性を公平に扱うルールを定めてきました。にもかかわらず、ブリティッシュ・エアウェイズは女性従業員に対し、時代遅れのファッション感覚を押し付けるような待遇をし続けてきたのです」

「ブリティッシュ・エアウェイズのこれまでの発想は、今の時代の航空業界にそぐわないものでした。しかし今後はこのようなことをどんどん問題視して、会社と戦うつもりです」

このニュースを知ったイギリス人も、ブリティッシュ・エアウェイズに呆れ気味の様子。

「BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)にもついにズボンの制服が!」

「今までズボンを許可していなかったなんて、イギリス人として恥ずかしい!」

「こんなことに2年間も会社と戦わなきゃならないなんて、21世紀の現代において信じられない…」

「今さら? もう2016年なんだけど」

航空会社にとって、制服はブランドイメージを伝えるとても大切なものだけど、日本の航空会社のCAさんの制服と言えば、いまだにスカートのイメージが根強い。

日本の航空会社の制服にも、これからはズボンがどんどん導入されていくのだろうか?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
仕事の能率を左右するカギは「同僚」にあり?
キャリア
シェア
仕事での成果を上げるには「同僚と親友に」!?
会社の人と絶妙な距離を保っているあなたへ。
GIF
キャリア
シェア
ティガラ流!海外で活躍したいなら「外人スマッシュ」!!
グローバルに生きて行くには術がある! チャンスを掴むための「外人スマッシュ」とは?
調査員からTV業界へ!私が「夢見た仕事」に就けるまで
キャリア
シェア
憧れのテレビ業界に転身!私が「夢の仕事」に就くまで
世界中で愛される、自然ドキュメンタリー『プラネットアース』のプロデューサーに!
難しい質問に苦戦する面接中の女性と、厳しそうな面接官たち
キャリア
シェア
みんなが面接で聞かれた「難しすぎる質問」15
それは答えづらいんですけど…!
世界最高齢モデル、ダフネ・セルフに学ぶ、美しい生き方
キャリア
シェア
世界最高齢モデル、ダフネ・セルフに学ぶ、美しい生き方
好奇心旺盛でいることで、年齢は「ただの数字」になる!
無職だった私が「人気スタントウーマン」になるまで
キャリア
シェア
無職の女性が「スタントウーマン」として成功するまで
車中生活から、ドラマのレギュラーキャストへ大抜擢!
キャリア
シェア
30万円からの起業!20代社長に聞く「キャリア開拓」の秘訣とは
安定した会社員のポジションを捨て、キャリアを切り拓いた20代女性にインタビュー!
いくら貯めてる?20代アメリカ女子7人の「貯金方法」
キャリア
シェア
月にいくら貯めてる?アメリカ女性7人の「貯金事情」
海外女子の懐事情に迫る!
「容姿を理由に解雇」された、24歳の美女ってどんな人?
キャリア
シェア
女性が突然仕事をクビに…理由は「魅惑的すぎた」から!?
確かにかなりセクシー!
キャリア
シェア
注目デザイナーが「ジュエリーで勝負する」と決めた理由
エルメスなど名だたる企業を辞め、夢を追い続けている若き天才デザイナーとは?