「ズボンOK」まで2年!?イギリスの女性CAたちの戦い

「女性=スカート」の時代はもうおしまい?

人気の記事

イギリスの航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズの女性従業員の制服に、ついにズボンが正式導入されることになった、というコスモポリタン イギリス版からのニュース。

これまでは、一部の女性CAにしか認められていなかったズボン着用が、すべての女性CAに認められることになったらしい。

ADの後に記事が続きます

会社側と話し合いを始めてからすでに2年。ようやく「女性はスカート、男性はズボン」という、古めかしい慣習が廃止されることとなった。

ブリティッシュ・エアウェイズCA組合のマット・スミス氏は、喜びをこう伝えている。

「長きにわたり経営陣と話し合いをし、ようやく全ての女性CAが、スカートの制服だけではなくズボンの制服も選ぶことができるようになりました」

「イギリスでは、46年前に自動車工場の縫製工の女性たちが、男女の賃金格差の是正を求めてストライキを起こす姿を描いた映画『メイド・イン・ダゲナム』がヒットしたのをきっかけに、大企業は、女性を公平に扱うルールを定めてきました。にもかかわらず、ブリティッシュ・エアウェイズは女性従業員に対し、時代遅れのファッション感覚を押し付けるような待遇をし続けてきたのです」

「ブリティッシュ・エアウェイズのこれまでの発想は、今の時代の航空業界にそぐわないものでした。しかし今後はこのようなことをどんどん問題視して、会社と戦うつもりです」

このニュースを知ったイギリス人も、ブリティッシュ・エアウェイズに呆れ気味の様子。

「BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)にもついにズボンの制服が!」

「今までズボンを許可していなかったなんて、イギリス人として恥ずかしい!」

「こんなことに2年間も会社と戦わなきゃならないなんて、21世紀の現代において信じられない…」

「今さら? もう2016年なんだけど」

航空会社にとって、制服はブランドイメージを伝えるとても大切なものだけど、日本の航空会社のCAさんの制服と言えば、いまだにスカートのイメージが根強い。

日本の航空会社の制服にも、これからはズボンがどんどん導入されていくのだろうか?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
キャリア
シェア
食べて給料が貰える、夢のような職業がある!?
履歴書はどこに出せばいいですか…?
世界で輝く女性が指南!しておいてよかったこと【30代編】
キャリア
シェア
海外で活躍するために「30代」でしておくべきこと
20代の積み重ねにプラスして「地道な努力はしつつも、最後は自分の直感に従うことが大切」!
世界で輝く女性が指南!しておいてよかったこと【20代編】
キャリア
シェア
海外で活躍するために「20代」でしておくべきこと
世界を舞台に輝く女性にインタビュー
「世界一周」しながら働く女性3人の体験談
キャリア
シェア
オフィスは世界!旅をしながら働くという生き方
旅を仕事にする方法って、結構たくさんある!
「好きなことを仕事に」。実践した海外女子の本音
キャリア
シェア
趣味を仕事にするのは幸せ ?海外女子のリアルな本音
「人生が180度変わったわ!」
薄井しおり2
キャリア
シェア
文化の間で音を探る、イギリスで生きる女性作曲家
搔きむしる音さえも音楽に。
都会→「農家で働く」を選んだイタリア人女子の本音
キャリア
シェア
農業ブーム到来!田舎の生活を選んだイタリア女子たち
「ストレスがなくなり、よく笑うようになったし、時間に余裕も」
仕事は変える派の女子に聞く「ポジティブ転職」のススメ
キャリア
シェア
仕事は変える派の女子に聞く「ポジティブ転職」のススメ
前向きな転職が毎日を楽しくする♡
私がYouTubeを使って「成功」を掴むまで
キャリア
シェア
YouTubeスターが伝授!ネット社会における「成功への道」
友人を元気づけるために作った動画で、一躍有名人に!?
機内安全説明をするキャビンアテンダントの女性の後ろ姿
キャリア
シェア
海外のCAが語った、航空業界では「太るの禁止」!?
聞いただけで息が詰まりそう…!