「ズボンOK」まで2年!?イギリスの女性CAたちの戦い

「女性=スカート」の時代はもうおしまい?

人気の記事

イギリスの航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズの女性従業員の制服に、ついにズボンが正式導入されることになった、というコスモポリタン イギリス版からのニュース。

これまでは、一部の女性CAにしか認められていなかったズボン着用が、すべての女性CAに認められることになったらしい。

ADの後に記事が続きます

会社側と話し合いを始めてからすでに2年。ようやく「女性はスカート、男性はズボン」という、古めかしい慣習が廃止されることとなった。

ブリティッシュ・エアウェイズCA組合のマット・スミス氏は、喜びをこう伝えている。

「長きにわたり経営陣と話し合いをし、ようやく全ての女性CAが、スカートの制服だけではなくズボンの制服も選ぶことができるようになりました」

「イギリスでは、46年前に自動車工場の縫製工の女性たちが、男女の賃金格差の是正を求めてストライキを起こす姿を描いた映画『メイド・イン・ダゲナム』がヒットしたのをきっかけに、大企業は、女性を公平に扱うルールを定めてきました。にもかかわらず、ブリティッシュ・エアウェイズは女性従業員に対し、時代遅れのファッション感覚を押し付けるような待遇をし続けてきたのです」

「ブリティッシュ・エアウェイズのこれまでの発想は、今の時代の航空業界にそぐわないものでした。しかし今後はこのようなことをどんどん問題視して、会社と戦うつもりです」

このニュースを知ったイギリス人も、ブリティッシュ・エアウェイズに呆れ気味の様子。

「BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)にもついにズボンの制服が!」

「今までズボンを許可していなかったなんて、イギリス人として恥ずかしい!」

「こんなことに2年間も会社と戦わなきゃならないなんて、21世紀の現代において信じられない…」

「今さら? もう2016年なんだけど」

航空会社にとって、制服はブランドイメージを伝えるとても大切なものだけど、日本の航空会社のCAさんの制服と言えば、いまだにスカートのイメージが根強い。

日本の航空会社の制服にも、これからはズボンがどんどん導入されていくのだろうか?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
優秀な女性ほどリスクあり!?「詐欺師症候群」とは?
キャリア
シェア
デキる女性が陥りやすい「詐欺師症候群」って、何?
自身を過小評価し不安になる「詐欺師症候群」、その傾向と対策をご紹介。
80年代、プレイメイトが過ごした刺激的な日々
キャリア
シェア
プレイメイトとして過ごした「刺激的」な80年代
雑誌『プレイボーイ』でプレイメイトに選ばれた女性に聞く、「プレイボーイ・マンション」って本当に大人の楽園? 彼女の80年代を振り返るエピソード
キャリア
シェア
人気モデルが子ども達の未来のために立ち上げたNPO団体とは
子供たちに夢を見つけてもらう「DREAM PROJECT」って?感動のエピソードも教えてもらいました。
【私の生き方】90年代、スーパーモデル全盛期のパリで学んだこと
キャリア
シェア
90年代スーパーモデル全盛期のパリで学んだ生き方
新しいことに挑戦し続ける! パワフルに生きるSAKURAさんの秘訣とは?
キャリア
シェア
必ずYESと言う!ラッシュの商品開発、アイデアの源は?
ラッシュの個性的な商品って、どんな人が作ってる? ラッシュ共同創立者ロウィーナ・バードさんインタビュー
キャリア
シェア
人気モデルが立ち上げた、子ども達のためのボランティア活動
夢を持って生きて欲しい!NPO団体「ランド・オブ・ドリーム」に込められた思いとは?
収入アップも夢じゃない?「個人で稼げるサービス」9選
キャリア
シェア
月10万円!?海外で人気の「個人で稼げるサービス」9選
日本でも人気のあのサイトが1位に!
4タイプの「やりづらい上司」と、上手に向き合う方法
キャリア
シェア
タイプ別!「やりづらい上司」と上手に向き合う方法
女性CEOが教える、とっておきの処世術
現役ブロガーが告白!ブロガーをやっててツラい10の瞬間
キャリア
シェア
現役ブロガーが告白!ブロガーをやっててツラい10の瞬間
「好き」を仕事にしても、ツラさはある!
原因は?同僚との「軽いおしゃべり」を億劫に感じる心理
キャリア
シェア
職場の人との「ちょっとした会話」を避けたくなるのはなぜ?
「エレベーターで2人きりになるのが気まずいから、階段を使う」という人、いませんか?