「ズボンOK」まで2年!?イギリスの女性CAたちの戦い

「女性=スカート」の時代はもうおしまい?

人気の記事

イギリスの航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズの女性従業員の制服に、ついにズボンが正式導入されることになった、というコスモポリタン イギリス版からのニュース。

これまでは、一部の女性CAにしか認められていなかったズボン着用が、すべての女性CAに認められることになったらしい。

ADの後に記事が続きます

会社側と話し合いを始めてからすでに2年。ようやく「女性はスカート、男性はズボン」という、古めかしい慣習が廃止されることとなった。

ブリティッシュ・エアウェイズCA組合のマット・スミス氏は、喜びをこう伝えている。

「長きにわたり経営陣と話し合いをし、ようやく全ての女性CAが、スカートの制服だけではなくズボンの制服も選ぶことができるようになりました」

「イギリスでは、46年前に自動車工場の縫製工の女性たちが、男女の賃金格差の是正を求めてストライキを起こす姿を描いた映画『メイド・イン・ダゲナム』がヒットしたのをきっかけに、大企業は、女性を公平に扱うルールを定めてきました。にもかかわらず、ブリティッシュ・エアウェイズは女性従業員に対し、時代遅れのファッション感覚を押し付けるような待遇をし続けてきたのです」

「ブリティッシュ・エアウェイズのこれまでの発想は、今の時代の航空業界にそぐわないものでした。しかし今後はこのようなことをどんどん問題視して、会社と戦うつもりです」

このニュースを知ったイギリス人も、ブリティッシュ・エアウェイズに呆れ気味の様子。

「BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)にもついにズボンの制服が!」

「今までズボンを許可していなかったなんて、イギリス人として恥ずかしい!」

「こんなことに2年間も会社と戦わなきゃならないなんて、21世紀の現代において信じられない…」

「今さら? もう2016年なんだけど」

航空会社にとって、制服はブランドイメージを伝えるとても大切なものだけど、日本の航空会社のCAさんの制服と言えば、いまだにスカートのイメージが根強い。

日本の航空会社の制服にも、これからはズボンがどんどん導入されていくのだろうか?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
どこで稼ぐ!?世界の平均給与ランキング!
キャリア
シェア
お給料が高いのは?もっとも稼げる世界の都市ランキング
これが世界の給与、上位24都市!
世界を旅する「トラベルライター」って、どんな仕事?
キャリア
シェア
世界を駆ける!「トラベルライター」ってどんな仕事?
現役トラベルライターが教えます。
最初が肝心!ビジネスの場で「第一印象」を良くする方法6
キャリア
シェア
最初が勝負!ビジネスの場で「第一印象」を良くする秘訣6
面接や、大切な商談のときに使えそう。
キャリア
シェア
実践!「海外で働く」ってこんなこと~L.A.編〜
ハリウッドにチャレンジしたからこそ分かる、7つのポイント。
キャリア
シェア
宮本エリアナが考える面接を成功させる方法
世界大会で訓練した方法も特別に教えてくれました。
キャリア
シェア
女性が活躍する都市へ!小池都知事が働く女性にメッセージ
「もはや、男性中心、長時間労働の時代は終わったのです」
女性CEOがアドバイス!職場で「ハラスメント」を受けたら?
キャリア
シェア
女性CEOが教える、職場での「ハラスメント」への対処法
しっかりと記録をとっておくことが肝心。
子どもがいる女性とそとのキャリアの関係
キャリア
シェア
出産が女性のキャリアに与える影響は?
子持ちの女性はキャリアにおいて有利?不利?
【私の生き方】言い訳は一切しない!パリを拠点に生きる女優の生き方
キャリア
シェア
OLからパリで俳優に…「自分に正直な生き方」
「自分の人生の責任は、すべて自分にある」と考えることで、大胆に行動ができる!
私が「マリリン・モンローのものまね女優」として学んだこと
キャリア
シェア
「マリリン・モンローのものまね女優」ってどんな仕事?
「マリリンを演じて、私は自分をもっと愛することを学びました」