「ズボンOK」まで2年!?イギリスの女性CAたちの戦い

「女性=スカート」の時代はもうおしまい?

人気の記事

イギリスの航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズの女性従業員の制服に、ついにズボンが正式導入されることになった、というコスモポリタン イギリス版からのニュース。

これまでは、一部の女性CAにしか認められていなかったズボン着用が、すべての女性CAに認められることになったらしい。

ADの後に記事が続きます

会社側と話し合いを始めてからすでに2年。ようやく「女性はスカート、男性はズボン」という、古めかしい慣習が廃止されることとなった。

ブリティッシュ・エアウェイズCA組合のマット・スミス氏は、喜びをこう伝えている。

「長きにわたり経営陣と話し合いをし、ようやく全ての女性CAが、スカートの制服だけではなくズボンの制服も選ぶことができるようになりました」

「イギリスでは、46年前に自動車工場の縫製工の女性たちが、男女の賃金格差の是正を求めてストライキを起こす姿を描いた映画『メイド・イン・ダゲナム』がヒットしたのをきっかけに、大企業は、女性を公平に扱うルールを定めてきました。にもかかわらず、ブリティッシュ・エアウェイズは女性従業員に対し、時代遅れのファッション感覚を押し付けるような待遇をし続けてきたのです」

「ブリティッシュ・エアウェイズのこれまでの発想は、今の時代の航空業界にそぐわないものでした。しかし今後はこのようなことをどんどん問題視して、会社と戦うつもりです」

このニュースを知ったイギリス人も、ブリティッシュ・エアウェイズに呆れ気味の様子。

「BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)にもついにズボンの制服が!」

「今までズボンを許可していなかったなんて、イギリス人として恥ずかしい!」

「こんなことに2年間も会社と戦わなきゃならないなんて、21世紀の現代において信じられない…」

「今さら? もう2016年なんだけど」

航空会社にとって、制服はブランドイメージを伝えるとても大切なものだけど、日本の航空会社のCAさんの制服と言えば、いまだにスカートのイメージが根強い。

日本の航空会社の制服にも、これからはズボンがどんどん導入されていくのだろうか?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
日本人女性に聞いた「海外での起業」in ニューヨーク
キャリア
シェア
日本人女性が海外起業するまでの道のりとは? in ニューヨーク
アジア人向けに特化したマッチングアプリを通して「世界中のアジア人に幸せを届ける」!
華やかなバレリーナの知られざる11の現実
キャリア
シェア
「優雅」とは正反対!?バレリーナのハードな現実11
誰もが憧れる職業のタフな裏側とは?
キャリア
シェア
エディター募集!「コスモポリタン」を一緒に作りませんか?
日本にもっと「Fun Fearless Female」を!
日本人女性に聞いた「海外での起業」in シンガポール
キャリア
シェア
日本人女性が海外起業するまでの道のりとは? in シンガポール
アジアから「人工知能(AI)テクノロジー」を世界に広める平野さんの挑戦!
転職先でひとりぼっち気味な女性
キャリア
シェア
確かにあるわ…転職すると直面しがちな職場ジレンマ10
…大丈夫、あなただけじゃないから!
仕事をクビに…私が上司に言われた「ありえない理由」9
キャリア
シェア
そんなことで!?仕事をクビになった「ありえない理由」9
不条理…。
【私の生き方】「食」を通して社会問題に立ち向かう女性の強さに迫る
キャリア
シェア
「食」で世界各地の社会問題を解決させたい…!
「信念を基準に行動することで道が広がる」
キャリア
シェア
体型なんて関係ない!SNSで話題の15歳のバレリーナ
努力したら、何だってできる
流刑地大学
キャリア
シェア
海外在住者が教える!オススメ&変わった留学先
日本人がいなさすぎて、むしろ…流刑地?
TVの裏側!リアリティ番組のスタッフってどんな仕事?
キャリア
シェア
TVの裏側!リアリティ番組のスタッフってどんな仕事?
一見華やかな世界に見えるけど…