ハネムーンは、本来、誘拐による強制婚だった?

ハネムーンに隠された、ちょっと怖い歴史

人気の記事

新婚カップルにとって、ハネムーンは結婚に伴うとっておきのイベント。愛する人とのロマンチックなバカンスは幸せの絶頂とも言える機会。とは言うものの、実は怖~いハネムーンの由来をコスモポリタンアメリカ版が教えてくれます。

ハネムーンが始まったのは19世紀のイギリスでのこと。でも今のようなロマンチックなものではなかったのだとか。新婚夫婦が旅をすることに変わりはないものの、本来は結婚式に出席できなかった親類や友人を訪ねて回る目的つまり2人だけのラブラブタイムなんて期待できない旅オンラインウェディングレジストリサイトのHoneyfundのCEO、サラ・マルグリスによると、1880年代後半になって、ようやくハネムーンが今日のような意味合いを持つようになったという。

ADの後に記事が続きます

「ハネムーン」と呼ばれるようになった理由には諸説あるものの、ロマンチックな初のバカンスのイメージとは程遠いものも。1つの説は5世紀まで遡るという。当時、新婚夫婦は、夫婦として初めて「朔望月(月の満ち欠けが1周する期間)」を迎えた後にはちみつ酒を飲む習慣があったとか。はちみつ酒は結婚式の招待客からのギフトで、子作りの助けとなる媚薬的な効果があると信じられていた。

ハネムーンの語源は16世紀に活躍した作家のリチャード・フロエットとサミュエル・ジョンソンにまで遡り、彼らはこの伝統に懐疑的な見方をしていたそう。WeddingWireで活躍するウェディングトレンドエキスパートのキム・フォレストによると、とりわけリチャードはハネムーンをhonymoneいずれ消えゆく"呼んだんだそう。

1552年、リチャードは「今は完璧な幸せに包まれていても、その愛は長続きしないであろう」と身も蓋もないことを書いている。さらに、キムはハネムーンの伝統について「この言葉北欧のhjunottsmanathr"という言葉が語源である可能性があります。それは、新郎が花嫁を誘拐し、彼女の家族が捜索をやめるまで彼女を隠しておくということを意味します」説明

近年ではカップルの多忙なライフスタイルや金銭的な制約などが理由でハネムーンも様変わりしているみたい。結婚式を済ませた夫婦はできるだけ豪華なハネムーンに行けるよう、暫くの間貯金をする人もいれば結婚式直後の出費を節約するための近場に短期間行くミニムーン」で済ませたりする人も増えているよういろんな変遷をたどるハネムーン、これからどう変わっていくのやら。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
12人で着回し!?あるウェディングドレスに秘められた思い
ウェディング
シェア
12人で着回し!?あるウェディングドレスに秘められた思い
幸せは分かち合う♡
ウェディング
シェア
世界初!レズビアンカップル向けのウェディング雑誌が誕生
発行者は、昨年婚約したばかりのとあるレズビアンカップル♡
ウェディング
シェア
現代のシンデレラ!クラブで出会ったのは王子だった…♡
出会って5分後、「君は僕のガールフレンドになるよ」と伝えたジョエルさん。
ウェディング
シェア
参列者も豪華!セルビアのフィリップ王子が一般人女性と結婚
「僕を世界一幸せな男にしてくれたダニカにも深く感謝しています」
ウェディング
シェア
コスモ独占♡栗原ジャスティーンの結婚式に密着@バリ
憧れのふたりの結婚式を完全密着! 愛が溢れる時間をお裾分け♡
私が「小さな結婚式」をオススメする7つの理由
ウェディング
シェア
先輩花嫁が語る!「小さな結婚式」がオススメな7つの理由
小さい式だからこそのメリットがいっぱい♡
新郎の連れ子に「誓いの言葉」を送る花嫁/感動のウェディング
ウェディング
シェア
花嫁が新郎の連れ子に贈った「誓いの言葉」が泣ける…
相手の家族も思いやる気持ちが素敵♡
「白いドレス」を着るブライズメイド/結婚式/トレンド
ウェディング
シェア
ブライズメイドに「白いドレス」が今のトレンド!?
かつてはタブーだったけど…
歩いてみたい♡お花畑風バージンロードが素敵
ウェディング
シェア
歩いてみたい♡お花畑風バージンロードが素敵
花嫁気分を味わえる動画もチェック!
ウェディング
シェア
【祝・ウェディング】栗原嵩&ジャスティーン夫妻の結婚式を彩ったアイテムたち
コスモガールの憧れの存在、栗原嵩&ジャスティーン夫妻。先日、ふたりの結婚式がバリで執り行われました。素敵な1日を彩った会場、ドレス、指輪...、コスモ独占でお届け♡